ピクシブ百科事典

ルードヴィッヒ・ヒューイット

るーどゔぃっひひゅーいっと

ルードヴィッヒ・ヒューイットとは、小説『ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~』の主要登場人物。 メインイラスト左端の男性。
目次[非表示]

概要

ティアムーン帝国の金月省に勤務する文官。年齢はミーアが12歳の時点で22歳。

主人公ミーア・ルーナ・ティアムーンの忠臣の1人で、ミーアがアンヌ・リトシュタインと共に死に戻りした当初から無条件かつ絶対的な信頼を寄せている人物。

プロフィール

出演作品ティアムーン帝国物語
性別男性
誕生日
出身地ティアムーン帝国
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの
舞台版俳優佑太


人物

耳が隠れるまで伸ばしたサラサラの髪と、外国製の小さな眼鏡が特徴的な青年。ミーアには初対面の時点で「少し冷たい雰囲気だが端正な顔立ち」という印象を抱いている。

優れた内政能力と深い知識を持ち、早くから帝国の財政に不安を抱いていたが、ひどい毒舌家であるため上司から嫌われており、以前の時間軸でのミーアにとっても彼に対する印象は最悪であった。

後述のように、本編の時間軸では様々な偶然と相互の認識の相違が絡み合ってミーアに対して畏敬の念を抱いているが、それを差し引いても、ミーアの為人を良くも悪くも知り尽くした人間である。本編の時間軸で自身の師匠に「ミーアに忠誠を誓う理由は彼女が叡智を持つ賢者だからか?」と問われた際には、それを否定した上で「(ミーアは)知らずに間違うことはあっても、知っていて間違いを正さないことはしない方だからだ」と評している。

経歴

以前の時間軸

商人の次男として生まれる。幼少期から頭が良く、早くから国家の役人を志していたが、その過程で帝国の腐敗を実感していく。

ミーアが12歳だった当時は金月省の三等税務官。将来の国家財政破綻を上司に意見したことが原因で赤月省への出向(地方への左遷)を命じられてしまい、後に帝都に戻された時には財政は完全に行き詰まっており手遅れだった。革命直前まで帝国財政の立て直しに尽力し、革命後も拘留されたミーアの助命を嘆願していた忠臣で、獄中のミーアはアンヌを通して彼の忠義を知ることになる。

本編の時間軸

ミーアは死に戻り後、彼の忠義に報いるために前述の左遷を撤回させて彼を重用し、その辣腕を存分に振るわせる。その際にミーアはルードヴィッヒの懸案を予見するかのような指摘(実際には以前の時間軸でルードヴィッヒ自身がミーアに語った事を丸パクリしたもの)を行ったため、ルードヴィッヒはミーアを「聡明な人物」「帝国の叡智」と畏敬するようになってしまった。

それ以後はミーアの他愛ない言動を深読みし「きっとこういう事なのだ」とその能力をフル活用して行動を起こし結果を出した後「~~という事だったのですね、さすがはミーア姫殿下、帝国の叡智」と讃えられたミーアが冷や汗を噴き出しながら頷くという状況が様式美となっている。

その他


関連イラスト


関連タグ

ティアムーン帝国物語

関連記事

親記事

ティアムーン帝国 てぃあむーんていこく

兄弟記事

コメント