ピクシブ百科事典

ティオーナ・ルドルフォン

てぃおーなるどるふぉん

ティオーナ・ルドルフォンとは、小説作品『ティアムーン帝国物語』の主要登場人物である。
目次[非表示]

概要

ティアムーン帝国の南方の辺境域に領土を持つ、ルドルフォン辺土伯の長女。主人公ミーア・ルーナ・ティアムーンのセントノエル学園での同級生の1人。年齢は初登場時点で12歳。

プロフィール

出演作品ティアムーン帝国物語
性別女性
誕生日
出身地ティアムーン帝国 ルドルフォン辺土伯爵領
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの
舞台版配役草場愛


人物像

帝国において、辺土伯は貴族としては格下とみなされており、その逆境をはねのけるべく勉学のみならず、剣術にも通じた努力の才女。

家族はルドルフォン辺土伯爵家の当主である父親と2歳年下の弟セロ・ルドルフォンがいる。また、メイドであるリオラ・ルールーとは主従の関係を越えて仲が良く、彼女に懐かれている。

野菜を切るのが得意だが、本編の時間軸におけるお料理教室では大皿4皿に大盛りの千切りを作ってキースウッドに内心ツッコミを入れられている。

活躍

以前の時間軸

革命軍を主導し、帝国の聖女と崇められる存在となり、ミーアの処刑にも立ち会った。このため、ミーアにとってはシオンラフィーナと共に仇敵の1人である。

本編の時間軸

最初の時間軸における経験から、ミーアは当初ティオーナとの接触を避けたがっていたのだが、紆余曲折あって図らずもミーアにより救われ、彼女に心酔する者の1人となる。

その他


関連イラスト

イラストの再投稿2
チョビマンガ



関連タグ

ティアムーン帝国物語 ティアムーン帝国

関連記事

親記事

ティアムーン帝国 てぃあむーんていこく

兄弟記事

コメント