ピクシブ百科事典

エリス・リトシュタイン

えりすりとしゅたいん

エリス・リトシュタインとは、小説『ティアムーン帝国物語〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

ミーアの専属メイドであるアンヌ・リトシュタインの妹。年齢はミーアと同じで、初登場時は12歳。眼鏡をかけた病弱な少女。

商家であるリトシュタイン家は貧しい商家で、エリス自身はその次女。

プロフィール

出演作品ティアムーン帝国物語
性別女性
誕生日不明
出身地ティアムーン帝国
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの


人物像

生まれつき病弱で、普段はベッドにいることが多い。小説を書くのが趣味であり、最初の時間軸においてアンヌが獄中のミーアに聞かせてくれていた物語の著者は彼女である。妄想癖が強く、著書にもそれがよく現れている。

経歴

最初の時間軸

病弱なことに加えて飢饉で満足な食事が取れなかったこともあり、ミーアの処刑以前に亡くなっている。獄中生活を送っていたミーアにとって、エリスの執筆したら物語は数少ない楽しみでもあったのだが、前述の理由でエリスが亡くなったため物語は未完に終わり、ミーアにとってはこの作品の結末を見届けられなかったことが未練の一つになっていた。

本編の時間軸

病弱である点は変わらないが、ミーアの専属メイドになった姉アンヌの給金が上がり、その影響で栄養のあるものも食べられるようになったため、体調も最初の時間軸と比較的良くなっている。

ミーアがアンヌの実家を訪ねた際に、件の物語の作者が彼女であったことを知り、自身のお抱え芸術家にする。後に『聖女ミーア皇女伝』を執筆することになるが、これが文庫版第3巻以降の展開で重要な役割を担う。

関連イラスト


関連タグ

ティアムーン帝国物語
アンヌ・リトシュタイン(姉)

関連記事

親記事

ティアムーン帝国 てぃあむーんていこく

兄弟記事

コメント