ピクシブ百科事典

きりさきピエロ

きりさきぴえろ

きりさきピエロとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅥ』。みたいな三叉の武器を両手に持っている両手に殺人ピエロ。相手を切り裂くことが大好きな残忍な性格で、切り刻まれて獲物が弱る様を見てニタニタ笑う。主にしんくう斬りといった技を使って攻撃してくる。ドラクエⅩでは「かえん斬り」「マヒャド斬り」「いなずま斬り」も使ってくる。攻撃をかわすときはピエロだけにアクロバティックに回避するという凝った演出を魅せている。どうでもいいことだが、地獄の庭園の手入れを頼まれた際、見事な才能を発揮したたため庭師として第二の人生を歩むべきなのか考えているらしい。

デビルアーマーと共にムドーの手下として登場するモンスターとして有名である。


きりさきピエロ系のモンスター

カメレオンマン
オレンジ色のマントを纏った青緑色の怪人。身軽さ故の素早さを持っており、そこから繰り出す「はやぶさ斬り」は強力である。ドラクエⅩでは「タップダンス」も使ってくるが、回避率があまり高くなるわけではないらしい。自分の似顔絵を描いた「変質者注意!」の立て札をあちこちに立てるのが好きという、人智が及ばぬほどの変態。。コンジャラー系のアイツとは別物である。

キラージャック
ニタニタ笑いを絶やさない奇怪な血みどろピエロ。彼の大道芸は辺り一面を血の海に変え、目にした者は誰ひとり生きて帰らないという、犯罪史にその名を刻んだおそろしい大量殺人鬼である。「はやぶさ斬り」以外にも「バイキルト」や「ラリホーマ」といった補助系の呪文を使ってきたり、踊り系の技を使ってくる相手には「踊り封じ」を使って封じてくる。ドラクエⅩでは「踊り封じ」の代わりに「つるぎのまい」を使ってくる。必ずと言っていいほど同種のモンスター3体同時に出現することがある。おそらく名前の由来は切り裂きジャックからだろう。

悪魔道化師ゲイザー
旅芸人クエストに登場するボスモンスターで、「消えた旅芸人」と「芸を忘れた男」のクエストで戦うことになる。旅芸人に強い憎しみを抱んでいるポルファンの元弟子。「芸は人を救える」という信条を信じていたが、病気持ちの彼の母親のためにポルファンが芸をしたが、結局は病状が良くならず亡くなってしまい、これが原因で旅芸人を憎むようになり、そこをルルルリーチに付け込まれてモンスター化してしまった。旅芸人に憎しみを抱く割に道化の格好をしているのは皆を笑わせていたあの時の自分が忘れられないためか、少なからず未練があるらしい。基本的に通常攻撃のほかに「かえん斬り」「しんくう斬り」「タップダンス」「ハッスルダンス」を使ってくるが、押されている時や怒り状態のときは「はやぶさ斬り」を使う。クエスト「芸を忘れた男」では「かえん斬り」「しんくう斬り」を使わない代わりに、「つるぎのまい」や「キラージャグリング」を(押されている時以外に)使用する。なお、後述のクエストは戦闘力が上がっているうえにボケを成功させてからでないと倒せない。芸を愛する心を取り戻し人間に戻るが、直後にグレムリン3兄弟に殺されてしまう。

獄辛党員シニグリー
季節イベント「新たなる辛党? お菓子の国の悲劇!」でガラシの塔2階で戦闘となるボス。3匹で出現し、「キラージャグリング」「はやぶさ斬り」「つるぎの舞」を織り交ぜた通常攻撃で攻めてきたり「タップダンス」を踊ったりする。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ ピエロ はやぶさぎり

pixivに投稿された作品 pixivで「きりさきピエロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16661

コメント