ピクシブ百科事典

アクバー(DQ)

まけんじゃあくばー

ここでは、ドラゴンクエストⅥに登場するアクバーについて解説する。
目次[非表示]

概要

狭間の世界に存在する大魔王デスタムーアに逆らう者や邪魔となる人々が投獄された『牢獄の町』の支配者にして、大魔王デスタムーアの右腕。

自身が気に食わなければ平気で部下を処刑する、囚われた人々に不思議な声で毎日励ましていたシスターアンナに悪魔の魂を植え付けた自身の妻にしようと目論むなど、性格はて極悪非道な下衆そのもの。

大賢者マサールの弟であるクリムトの監禁を任されており、人間を牢に幽閉してはギロチンに掛けて処刑するなどの非道な圧政を敷き、人々を恐怖と絶望のどん底へと突き落としていた。

戦闘においてもかなりの強敵で、痛恨の一撃や強力な呪文や特技を駆使し、次々と手下を呼び出す等正攻法で挑むと苦戦を強いられるが、ボスモンスターでありながらマホトーンが効いてしまうという致命的な弱点がある。
部下としてガーディアンを二体引き連れての戦闘になり、じひびきやはげしいほのおといった強力な全体攻撃に加え、かえんぎりやドラゴンぎりという強力な剣技、そしてルカナンやザオリクというサポート用の呪文すら使いこなす上に完全二回行動。ガーディアンと合わせれば4回もの攻撃を仕掛けてくるあたり、ラスボス直前のボスとして十分な風格である。
ガーディアン自身も強力な攻撃力を持っているので放置はしづらいが、ガーディアンを倒してもザオリクですぐ復活させられてしまう上に、ガーディアンはベホマスライムを呼ぶこともあるので、スクルトで物理防御を高めつつアクバーを集中的に狙う戦法も良い。
もしくはガーディアン自体はただの雑魚モンスターなのでメダパニダンスなどで無力化するという作戦も可能。

リメイク版では画面の関係上、スーパーファミコン版と比べて余裕があるせいでガーディアン二体がまだ健在の状態でありながらベホマスライムを呼んでしまうという事態も起こりうるようになった。
リメイク版の仕様で補助呪文が永続ではなくなったのでマホトーンが数ターンで切れてしまうので、やはり短期決戦を狙うのが堅実である。

余談だが、アクバーを最後に倒す必要があるが「きぬのタキシード」を確定でドロップする。
作中でシスターである人間の女性「アンナ」に対して求婚しているのでそれの影響なのかもしれない。

漫画版でも登場してわずか3コマでテリーに瞬殺されてしまったりと、ムドーら他の魔王達に比べると今一つ不遇である。

関連イラスト

【ドラクエ】アクバー



関連タグ

ドラゴンクエスト6 アクバー
デスタムーア…上司
ムドー ジャミラス グラコス デュラン…ほぼ同格の仲間

関連記事

親記事

デスタムーア ですたむーあ

兄弟記事

コメント