ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドラゴンクエスト6」では、デスタムーアに仕える四大魔王の一人。
二股の槍を持った半魚人のような姿をしている。魔法都市カルベローナの封印を司っていた。
武器を振り回す、なぎ払い、マヒャド、氷の息でこちらを攻撃する。
一応魔王のポジションではあるが、昼寝をしていた所をボコられる、秘密をベラベラ喋ってしまうなどどうにも威厳に欠ける態度が目立つ。
また戦闘面においても他の魔王と比べると見劣りし、ある程度味方が強化された時期に戦うことになるにもかかわらず攻撃がぬるい。
マヒャドによる攻撃こそやや痛いがマホトーンが効く上にMPの関係で4発しか打てず、行動回数が1回なので一気に崩されることは殆どない。
特にSFC版ではしんぴのよろいを持っていれば、吹雪耐性のある盾を持たせてスカラで守備力を上げることでグラコスの攻撃をしんぴのよろいの回復効果で完全に相殺できるため、1人でただ通常攻撃を連打するだけでも勝ててしまう

漫画版では、巨大で丸々太った姿で登場。海の生き物を全て食べつくした結果だった。
魔法攻撃が効かない上に、ブヨブヨの肉体で物理攻撃も無効にしてしまう。
ボッツはマーメイドハープを持つミレーユを抱えながら、グラコスの口から体内に入り、内側から泡を発生させて破裂させて倒された。

ドラゴンクエスト7」では、海底都市を治める海の魔人として登場している。
津波(3DS版では大雨)を起こし、ハーメリア地方の大陸を海の底に沈めた他、海底都市で亡くなった人の魂を「海底のゴースト」に変貌させて主人公たちにけしかけたりした。
こちらではDQ6におけるマヌケっぷりがなりを潜め、大物感と悪役らしさが前面に出ている。
戦闘ではなぎ払い、津波(3DSではハリケーン)、氷の息、猛毒の霧を用いる。
なお、3DS版で津波を使わなくなった理由としてはやはり現実世界で起きたあの未曾有の大災害を考慮しての配慮だと思われる。

「DQ10」ではコインボスとして登場しているほか、「モンスターズ」にも多く出演している。

名前の由来は、おそらくギリシャ神話の海神グラウコスから。

グラコス系のモンスター

雑魚モンスターとしては強い部類として登場するほか、わりと凶暴さの中にもどこか愛嬌を滲ませる外見から中立に近いスタンスを取ったり逆に主人公達の味方NPCとして登場することもある。

グラコス5世

Ⅶのグラコスの子孫。
現在の世界の海底都市を治めている。祖先とは違い魔王そのものは尊敬しているものの都市に住まう住民を戦いに巻き込むのは避けたいという思惑が垣間見える。

使用技は津波がヒャダルコになった以外はグラコスと変わらない。

グラコスエビル

3DS版Ⅶに登場するトクベツなモンスター。色の違いが分かりづらい。
なぎ払い、猛毒の霧、凍える吹雪、ベギラゴン、マヒャドで全体攻撃してくる。

グレイトマーマン

Ⅶに登場する半魚人型モンスター。
オルゴ・デミーラが復活した後の海上に現れる。
氷の息と猛毒の霧を吐いたり、武器を振り回したり、マヒャドを唱える。

マダム・グラコス

トルネコの大冒険3に登場するピンク色のボディーの雌のグラコス。今作では戦うことのない味方NPCとしての登場となる。
”マダム・グラコスのバザー”という海底の拠点を取り仕切っており、面倒見がよく部下からの人望も厚い。更には音信不通になった”プチット族の村”のことを心配しており、プチット族の村人全員の救出を達成するとクロウアンドレアというレアアイテムをくれる。

関連イラスト

DQXコインボス達
【ドラクエ】グラコス


テリーのワンダーランド
神の拳を持つ男 2



関連タグ

ドラゴンクエスト DQ モンスター ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 DQモンスター 半魚人 デスタムーア

関連記事

親記事

デスタムーア ですたむーあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グラコス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63989

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました