ピクシブ百科事典

星霜編

せいそうへん

星霜編とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の原作漫画のその後の「もしも」を描いたOVA作品である。
目次[非表示]

概要

 正式タイトルは『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』。
 2001年12月から2002年9月にかけて全二巻が発売され、10月には上下巻を一つにまとめ、追加シーンも加えた、いわゆるディレクターズカット版である特別版が発売された。

 物語は緋村剣心明神弥彦に元服祝いとして逆刃刀・真打を受け継いでから十数年後の明治26年。
 嵐で波が荒振り、船員一人が海に投げ出されそうになったところを剣心が助け、代わりに海に沈んでいく。
 一方、妻である神谷薫は一人港で彼の帰りを待っているところから話は始まる。

 大まかなあらすじを言えば上巻は主に薫視点(剣心対宗次郎、対志々雄など薫視点でないカットもいくつかある)による「東京編」から「人誅編」の薫が攫われるまで。下巻は剣心と雪代縁との決闘から、続くオリジナルストーリーで話は終わる。
 また剣心の過去の独白シーンは追憶編のワンシーンを流しているため、実質追憶編の続編と考えても問題ない。

 キャラクターデザインはTVアニメ版とはかけ離れたリアリティあるデザインになり、演出面では少年漫画としての演出はほとんど切り捨てており、全体的に追憶編から引き続き、準時代劇とも言える作品に仕上がっている。
 そして「人斬りの贖罪」をテーマにしている以上、どうしても仕方ない部分はあるが、内容は「追憶編」と比べ、更に憂鬱なものになっているため、原作のほんわかした雰囲気が好きな人は視聴を注意したほうが良い。

 また人を分けるシリアス展開もさておき、以下の問題からか評価は賛否両論。
 ただ弥彦対剣路や儚くも綺麗な二人など一部分で見れば評価できるという声もある。
 どちらにせよ「るろうに剣心」という作品の中では独自性が強く、異彩を放っている作品なのは間違いない。

よく言われる賛否両論点・問題点

 一応フォローできる点にはフォローコメントを入れさせていただいています。ご了承ください。

薫の性格の改変・女性面の強調

欠片すらないギャグシーン

妻も子もいる剣心の贖罪の旅の継続・薫の育児放棄
 (OVAの設定では)元々剣心は贖罪の旅の途中で薫と出会い、たまたま道場に居ついたため、子育ても一段落し、それからまた旅に出たと考えれば何もおかしくない。
また特別版のブックレットでは古橋監督は以下のように語っている。

「子供がいると、薫のキャラクターに母親の部分が入ってきて、剣心への気持ちが分散してしまいますし、剣心と剣路の関係に到っては全く描写が出来ず仕舞いのまま、省かざるを得ませんでした。けれど、描写していないだけで、両親共に、剣路が元服するまでは立派に育て上げています」

とある性病に性質が近い架空の病気で弱る主人公とそれを自分に移してほしいと願うヒロイン
  実在する病気の感染ルートからよく「他の女と寝た」という意見があるが、古橋監督は同ブックレットで以下のように語っている。
「東村山市にある資料館に行き、光明皇后の説話に触れ、身分を越え患者の膿を吸い出したと言われるその行為に、剣心の姿が重なった時、その行く末は必然となりました。剣路が成長してからはためらう事無く、各地の療養所をめぐっていたというのが実相で、その病は架空のものとなってはいますが、そこまで献身的に接すれば、感染力が低い病でさえも自ずとという所で、時代背景の一つとして知っておいて頂きたい事柄です」
 また薫が病気を写してもらうという点も原作からしてみれば考えられないことだが、OVAの設定上の剣心だから薫に写した。とDVD-BOX全集剣心伝 物語之書星霜編監督インタビューにて語っている。
 ちなみに光明皇后が膿を吸い出した患者はハンセン病の患者である。

ハッピーエンドで終わった原作とはかけ離れた終わり方

原作の続編・最終章
 2018年現在、原作の最終章は北海道編に当たる。この作品は原作の最終章ではない。

「和月先生もこの作品に対して怒りを感じていた」
 特別版の和月インタビューより
「剣心と薫の最期の時までをしっかりと描ききったこの星霜編を観てショックを受けたファンの方も少なからずいると思います。自分も初めて観た時はそこまで描いたか。これは容赦なしだなと正直思いました。このテーマを貫くならば゙死"と言う結末は避けられない。けれどエンターテイメントの基本はやっぱり゙笑顔"でハッピーエンド。古橋監督は前者を取り和月は後者を取った。これはそういう事だと思います。ですからファンの方は自分の好きな方のエンディングを取っていただいて構いません。作品のテーマとなる根の部分は一つの幹に全く別の形をした二つの花が実を結んだというのもまた良し。この花をしっかりと楽しんで頂けたならば和月は満足です」
 と答えているのでこの問題点は間違いだと言いたいが、るろうに剣心特筆版フリートークにて
「正直、和月はパラレルに関してあまり嫌な感覚はありません。和月に言わせればアニメ化もゲーム化も小説化も実写映画化も含めてパラレルです。パラレルは「もう一つの」、もしくは「あるいは別の」物語であってニセモノではありません。一つの作品をまた新たな形で楽しめる素敵な仕掛けと考えます。一つだけやってはいけないのがキャラクターの根幹を変えてしまうコトで、これをやった場合、それはニセモノになります。ニセモノは駄目です。キャラクターが変わらず魅力的であればパラレルはOK」
とも答えている。
 星霜編のキャラクターは原作と比べ、設定の細部が異なり、和月先生が言っている根幹を変えるということに当てはまってしまう。
 なのでどちらかが正解、とも言えず、どちらかが間違い、もわからない。「わからない」が正解なようだ。

主題歌

 曲名歌手作詞作曲・編曲
上巻愛しさの糧笠原弘子山田ひろし岩崎琢
下巻And You And I--岩崎琢


下巻の「And You And I」は歌でないため注意。

関連タグ

るろうに剣心 追憶編

外部リンク

るろうに剣心公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「星霜編」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25616

コメント