ピクシブ百科事典

塚山由太郎

つかやまゆたろう

漫画・アニメ『るろうに剣心』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:田中真弓

石動雷十太のもとで剣術を学んでいる少年
刀剣売買で財を成した豪商・塚山由左衛門息子で、裕福な家庭に生まれ育つが、「武士の魂」であるを売りさばく父に反感を抱いており、父の由左衛門もまたそんな自分に負い目を感じている。
以前、強盗に襲われたところを雷十太に助けられた事があり、一睨みしただけで強盗を撃退した彼の強さに惚れ込んで弟子入りした。
雷十太を師と仰ぎ尊敬しているものの彼からは全く稽古をつけてもらっておらず、最初は竹刀の握り方すら知らないほどの素人だったが、剣術のセンス自体はかなりのもので、神谷薫のもとで剣術の稽古を始めてからは瞬く間に上達し、明神弥彦とは良いライバル関係となっていった。

しかし、本性を現した雷十太と剣心の戦いに巻き込まれ、雷十太の飛飯綱(かまいたち)を右腕に受けて筋を斬られてしまい、医師から剣術は二度と出来ないと診断されてしまう。尊敬していた師に裏切られた上に大好きな剣術も出来なくなって意気消沈してしまい、父の提案でドイツへ渡って右腕の治療に専念すると同時に剣術も忘れるつもりだったが、出発の日に駅で弥彦に叱咤された事で元気と剣術への情熱を取り戻し、旅立っていった(メイン画像で右腕を包帯で吊っているのはその為)。

その後は直接登場していないが、人誅編終了後のエピローグでは帰国して弥彦と共に神谷活心流道場の師範代になっている。
原作者によるとプレイボーイになっており、弥彦とは剣術だけでなく三条燕を巡って争う恋のライバルにもなっているらしい。

番外編「明日郎前科アリ」にも登場。すっかりイケメンに成長しており、由左衛門の後を継いで刀剣屋の若旦那として大成している。無限刃を売るために脚色をした阿欄に対しては「偽り事は必ず他人と自分の人生に取り返しの利かない傷を負わせる」と過去の過ちを踏まえたような口調で叱責している。
直後、店に殴り込んできた志々雄一派の残党軍に対し、とっさに剣心を呼ぶことで悪太郎と阿欄を(二重の意味で)救うこととなる。


原作とアニメ版の差異

アニメ版では設定が異なり、東京ではなく伊豆の富豪の御曹司で、父は「伊豆の雷神」と謳われた剣豪だったが、既に故人となっている。父を超える剣豪になるために腕の立つ剣客を自分の師匠にしようとしていた。
原作では雷十太編以降登場していないが、アニメ版では黒騎士団編で主治医のハンス博士を伴って帰国する形で再登場した。右腕の怪我は完治しており、医学にも興味を持つようになっている。黒騎士団の襲撃で重傷を負った博士を救うために聖なる霊薬を求めて剣心達の旅に同行し、その道中で真田忍軍の動きを探っていた巻町操と知り合っている。
霊薬を手に入れて博士を救った後、彼のもとで本格的に医学を学ぶために再びドイツへと旅立った。

関連タグ

るろうに剣心
石動雷十太 明神弥彦 緋村剣心 神谷薫

pixivに投稿された作品 pixivで「塚山由太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67737

コメント