ピクシブ百科事典

無限刃

むげんじん

漫画及びそれを原作とするメディア作品「るろうに剣心」に登場する架空の刀。
目次[非表示]

概要

志々雄真実の愛刀。
新井赤空が作った最終型殺人奇剣であり、緋村剣心逆刃刀・真打とは兄弟刀の関係。

このの最大の特徴は、刃全体に施されたノコギリのような極めて細かいギザギザである。
通常、刀は連続使用に伴う刃毀れによって切れ味が鈍ってしまうが、赤空は発想を逆転させて予め刃毀れした刀を作ることを思いつき、一定の感覚で使い続けられるこの刀を完成させた。予め刃毀れした状態のため、切れ味は普通の刀に劣るが、志々雄ほどの達人であればそのようなハンデなど無きに等しい。
更に、志々雄はこの刀のギザギザに染み込んだ人間の脂を利用し、刀身を地面や鞘などで強く摩擦させることで、刀身の一部、或いは刀身全体を発火させることを可能にしており、自身の剣の腕前と合わせた秘剣を編み出している(赤空がこのような使い方を想定していたのかどうかは不明)。なお、幕末に剣心から影の人斬り役を引き継いだ時点で、志々雄はこの刀から発火させることが可能になっていた。
秘剣については志々雄真実の記事を参照。
志々雄の死後は彼と共に失われたと思われていたが、京都編から5年後を描いた『明日郎前科アリ』で組織の末端構成員だった長谷川明日郎がアジト壊滅の混乱の中で偶然手にし、そのまま持ち去っていたことが判明した。鍔は失われ、刀身と柄は炎の熱で黒ずんでおり、刀身が歪んでいるのか抜くことが出来ない状態になっていたが、明日郎が井上阿爛を侮辱された怒りで鞘から抜くことに成功した。

「剣心再筆」では鍔や装飾に延焼を防ぐための仕組みが施されており、鞘には秘剣に使う火薬を染み込ませた黒革を巻いている。
実写映画版ではギザギザが施されているのは切っ先から30㎝程で、発火能力を有しているのもこの部分のみである。

余談

無限刃は架空の刀であるが、刃ではなく峰側がノコギリになった刀は実在する。
鋸刃造りと呼ばれ、船上で舫い綱などを切る用途に用いられたもので、現在の徳島県にあたる
阿波国の水軍で多く使用された。


関連タグ

るろうに剣心
志々雄真実
新井赤空 逆刃刀 長谷川明日郎
無限拳 名前は似ているが、全く違う。

関連記事

親記事

志々雄真実 ししおまこと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「無限刃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84798

コメント