ピクシブ百科事典

井上阿爛

いのうえあらん

『るろうに剣心 北海道編』に登場する人物(メイン画像右)
目次[非表示]

概要

初登場は『明日郎前科アリ』。明治元年生まれの16歳。
文明開化の申し子を名乗る洋装の少年で、アメリカへの密航失敗により小菅集治監(刑務所)に3か月拘置されていた。身寄りが無かったため、同時に出所した悪太郎(メイン画像中央)と行動を共にすることとなる。
塚山商会の由太郎とは逮捕前に知り合っており、アメリカ行きの夢を語っていた。

実は外国人との混血で、地毛は金髪。刑務所にいた頃は人目を引かないように黒く染めていたが、賊長と悪太郎の戦闘の際に油を浴びて染墨が落ち、ハーフであることが発覚する。「娼婦横浜の異人との間に作った子」と賊長は推察しているが信憑性は不明。
その外見故に差別を受けていたため、日本から「逃げ出す」ために渡米の夢を抱いていた。
賊長が緋村剣心により倒されると、由太郎の斡旋で悪太郎共々神谷道場に入門する。その際、悪太郎に「明日郎」の名を与えた。

『北海道編』では明日郎と共に北海道に向かう。
初日に剣心の正体を知って脱走した久保田旭(メイン画像左)を説得し、自分たちの人生を自分たちで掴み取るという夢を抱く。

アの三馬鹿の中では最弱で、知識と猿知恵はあるが底が浅い。また可愛い女の子に目がないという一面も。
自らの出自故に、「人として生きるチャンスがあるのに獣として生きようとする」ことをわがことのように悲しむ。明日郎や旭を放っておけなかったのもそれが一因である。そのため、剣心のように自己犠牲・自罰的な生き方には反感を抱いており、他2人共々「自分の人生は自分のもの」というスタンスを貫くこととなる。

余談

外見は由太郎の際筆版がモデル。作者曰く、キャラクターイメージとしては『北海道編』の3年前が舞台の『GUN・BLAZE・WEST』に登場する読書家の投げ縄使いウィル・ジョンストンが近い。

関連項目

るろうに剣心 北海道編

関連記事

親記事

北海道編 ほっかいどうへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「井上阿爛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113

コメント