2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「いつか必ず戻ってくる あいつは オレの子だからな」

タグシルバも使われている。
CV:石井康嗣(1999年フジテレビ版)/山寺宏一(2011年日本テレビ版)

概要

暗殺一家ゾルディック家の当主にしてキルアらの父親、ゼノの息子。
がっちりとした体格とウェーブのかかった長い髪、射殺すような鋭い眼光が特徴的な男性。
直属の執事にはツボネアマネがいる。
熟練の暗殺者であり卓越した戦闘技術を持つ。
過去に仕事で幻影旅団員の一人を暗殺したことがある。
クロロとも一戦交えたことがあり、敵の能力を盗むことも知っていた。
ベンズナイフのコレクターで作風を一瞬で見分ける程のマニアである。
作中では暗殺家業の一環として幻影旅団の抹殺や、ゼノによる「キメラアント護衛軍の分断」にサポートとして参加している。
肉体には毒耐性がついているが、キルアが完全な毒耐性を持つのに対し、シルバは不完全な毒耐性であり、実力とは異なる才能の差が現れている。

性格

寡黙厳格、約束を重んじる。家業に対して生真面目な人物。
ゼノとは相性が良く、一緒に行動する事が多い。

父親像

キルアが生まれたときから、暗殺者にするべく長男のイルミと共に彼を育て上げた。
家業を嫌って家出したキルアが再び帰宅した時、キルアに対して初めて父親らしさを示した。
仲間に会いたいという本人の意思を尊重し、旅に出ることを許す。
ただしキキョウに詰問された際に「俺の子だ」を根拠にキルアがいつかは実家に帰ってくると断言するなど、キルアを後継者にすることをまだ諦めてはいなかった。
イルミが「勝てない敵とは戦わない」という命令を込めて針を刺す事で、キルアは強敵を前に逃亡しゴンを裏切り、殺し屋の道へと戻ると考えていたようだが、蟻編にてキルアが自ら針を抜いた事でこの目論みは失敗に終わる。
元々は第4子のアルカを可愛がっていたものの、一家を滅ぼしかねない危険を持つ力に関しては非常に慎重派であり、「別の何処かから来た闇(なにか)」と称し、彼女を家族だと思ってはいけないと言い聞かせていた。
選挙編でアルカを連れ出そうとするキルアと対立するが、「インナーミッション」を達成する事を条件に外出を許す。最終的にはキルアとアルカに対する警戒令を取り下げ、彼らを暗黙のうちに見逃す形となった。

念能力

放出系能力者
準公式本「ハンターズ・ガイド」では変化系とされていたが、2022年に開催された「冨樫義博展」にて公開された作者のメモによって念系統が判明した。
戦闘用の念能力を有していると思われるが、詳細は不明。
作中では対クロロ、対ヂートゥの二度、異なる技を使用した。

巨大念弾(仮称)
クロロに対して使用した技。
左右両の手に出した2つの巨大な念弾を高い位置から放ち敵を押し潰す。

鉛直の拳(仮称)
ヂートゥに対して使用した技。
上空から飛び降り、地上のターゲットに拳を構えて攻撃する。
ゼノに気を取られたヂートゥを一撃で押し潰し、地面に大きな穴を空けるほどの威力であった。

関連イラスト

シルバ ゾルディック
シルバ



関連タグ

ゾルディックキキョウ ゼノ イルミ ミルキ キルア アルカ カルト) ツボネ
ヨークシンシティ クロロ=ルシルフル

関連記事

親記事

ゾルディック ぞるでぃっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28111

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました