ピクシブ百科事典

イルミ=ゾルディック

いるみぞるでぃっく

漫画「HUNTER×HUNTER」の登場人物。ゾルディック家の長男。
目次[非表示]

「友達のためにオレと戦えるかい? できないね」

CV:高乃麗(1999年版)/松風雅也(2011年版)
タグとしてはイルミが一般的。

概要

暗殺一家ゾルディック家の一員。
5人兄弟の長男でキルアの兄にあたる。
血液型A型、身長185cm、体重68kg。24歳。

デフォルトで<●><●>な目で、感情の起伏に乏しく、表情に至っては全く変化がないため能面・人形的な雰囲気のある黒髪ロングの青年。
ツボネ曰くイルミとミルキ母親似で好きになれないらしい。それが特徴的な目のことか性格かは不明。
キルアに対しては異常な執着を持っており、弟が絡むと感情を露わにすることがある。また、ナニカに対しても独占欲を見せた。

第287期ハンター試験合格者。試験中は変装と偽名を使って、正体を隠していた。

殺し屋

目的のためなら手段は選ばないタイプで、ゼノとは違い標的以外の人間も平気で利用・殺害する。ハンター試験を受験したのも、単純に殺しの仕事上、資格が必要であったためである。

交友関係

シルバやゼノとは対等なギブ&テイクの関係。また家族以外の人々とはビジネスライクな関係を築いているが、仲間をつくることは無い。
ヒソカクロロとは交友があり、有料で仕事を引き受けることがある。付き合いの長さはクロロ<ヒソカらしいが、知り合った経緯や詳細は謎。
アルカを巡る「家族内試練(インナー・ミッション)」では、ヒソカと共に行動していて、そこそこフランクに付き合っている。

キルアの兄

キルアに戦い方を教えた人物。大事な弟を優秀な暗殺者として「作り上げる」ためならどんな手も使う。キルアが絶対に死なないようにするため、本人の存命を最優先させるように、自身の能力をも使って徹底的に仕込んだ。
キルアを単なるモノと見なしている節があり、感情や自由意思、友人を持つことすらも否定している。ゆえに彼の親友であるゴンを危険視しているが、ヒソカに釘を刺されているため手は出していない。逆にヒソカがキルアに手を出さないように、イルミの方は警戒している。
イルミが「勝てない敵とは戦わない」という命令を込めて針を刺す事で、キルアはいずれ強敵を前に逃亡しゴンを裏切り、殺し屋の道へと戻ると考えていたようだが、蟻編にてキルアが自ら針を引き抜いた事でこの目論みは失敗に終わった。
傍から見れば非道で残酷な兄のようにしか見えないが、イルミの仕打ちは全てキルアを深く愛しているが故の行動である。弟のためなら命まで懸ける覚悟なのだが、その愛情はキルアの意志を無視した独善的かつ非常に歪んだものである。

念能力

操作系能力者
針や鋲に念を込めて、打ちこんだ相手を操作する。
相手の肉体に刺して異常な変形をさせたり、自分の頭部に刺すことで変装ができる(針がなくても短時間なら変装可能)。
脳に刺すことで、他人をイルミの意のままに動かすことができる。針を刺した相手に「言いきかせる」ことで制御することも可能。

針人間

針舐


念を込めた特殊な針を相手の脳を刺すことで、自身の命令に絶対服従する「針人間」を作り出すことができる。
標的となった人間は、針を刺された瞬間から廃人となり、身体能力が強化される。
針人間はイルミの為に力を使い果たしてやがて死ぬ。また、針を抜いても元には戻ることはない。

95点

ヒソカがイルミを採点した際の点数。
今までイルミが戦った詳細なシーンが存在しないため、実力の程や戦い方には謎が多い。
ヒソカの採点が正確なら、イルミは十二支んに匹敵する強さを持っているということになる。
また、ヒソカと共に自分達を狩りに来た、プロ&アマによるハンターの集団を難なく始末している。

関連イラスト

イルミ
31巻の


てへぺろが許される系男子
標本


無題
無題



関連タグ

HUNTER×HUNTER
ギタラクル イル美 チャイナイルミ
ゾルディックゼノ シルバ キキョウ イルミ ミルキ キルア アルカ カルト
ヒソカ クロロアダルトリオ
ゴン 
ヒソイル イルキル イルミル

pixivに投稿された作品 pixivで「イルミ=ゾルディック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151330

コメント