ピクシブ百科事典

緋の眼

ひのめ

「HUNTER×HUNTER」に登場するクルタ族の眼。
目次[非表示]

概要

 クルタ族は本来、鳶色虹彩を有している。しかし、怒りなどの激しい感情により、が一時的に赤く輝く特性を有している。
 この際に放つ世界七大美色の一つにも数えられるほど美しく、人体収集家の間ではそれこそ文字通り目が飛び出るほどの価格(実際にクラピカヨークシンシティで買い戻そうとした際には「5億は必要」と見積もられ、最終的に意地の張り合いもあって29億まで値がつり上がった)が付けられる。
 クルタ族は死んだときに緋の眼になっていれば、死後も腐敗するまで永遠に赤いままなので、それを狙い殺人などの被害に遭うことがしばしばあった。そのため、普段彼らは黒いカラーコンタクトを付けて緋の眼を出すまいとしていたのだが、クラピカがを離れた「その日」、幻影旅団襲撃を受けて全滅死体は全て首を落とされ、目玉をえぐり抜かれていた。
 

クラピカの緋の眼

 先述した通り、本来緋の眼は激情した時にしか発現しないものの、クラピカは己の念能力の誓約として「緋の眼が出た時のみ、特質系能力『絶対時間』を使用できるようにする」という項目を立てた。それを対旅団戦で使えるようにするためクラピカは特訓を積み、最終的に任意で緋の眼になれるようになった(すぐになれるわけではなく数秒時間がかかる)。
 この能力は体力の消耗も著しいため、1日で数分が限度とされている。フルで使用した場合には、数日寝込むことになる(センリツを始めとした念能力での速攻治癒も不可能)。

関連項目

HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編 緋色の幻影 パイロ
ノストラードファミリー ネオン=ノストラード スクワラ

pixivに投稿された作品 pixivで「緋の眼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14857

コメント