ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

この項目はネタバレ及び非常にショッキングな記述を含みます


概要

 『HUNTER×HUNTER』に登場する少数民族。0巻によれば、滅亡時にはクラピカも含めて129人しかいなかった(しかもこれは他所の村から嫁入り・婿入りに来た緋の目を持たない人たちも含めた数)。

 は鳶色で、白いインナーの上から青地(JF版では黒)に白の模様が付いたを重ねたゆったりとした民族衣装を着用している。

 とある山奥でひっそりと暮らし、外に出ることを掟で禁じていた(族長が買い出しを命じていたので完全な自給自足経済ではなかったようである)。


 しかし、その緋の目をつけ狙った幻影旅団により狙われてしまい皆殺しにされる事態となり、その際には「緋の眼を持たない者達」は拷問にかけて殺し、それを見て怒りを爆発させる形で「緋の眼を発現させた者達」の首を悉く跳ね飛ばした挙句、眼球を刳り貫かれたという、人を人とも思わない蛮行による地獄絵図に等しい様相だったという。

 偶然にも唯一を出ていたクラピカは、この大虐殺を後追いで知る事となり、幻影旅団への復讐と緋の目の奪還の為、ハンター試験を受ける事になった。


緋の眼

お誕生日おめでとう、クラピカ

 世界で唯一、クルタ族のみが保有する特殊な体質。別の民族と愛し合って生まれた2世、3世にもこの体質は発現するらしい。

 クルタ族の虹彩は前述した通り鳶色であるが、激しい感情に突き動かされた際には赤く輝く。この色は世界七大美色に数えられるほど美しいとされている。


 しかし、それ故に悪趣味な話ではあるが、「高嶺の花」と称される程の破格な高額で売る事が可能とされ、それに目を付けた悪質な人体コレクターやハンター達からクルタ族は何度も狙われる事態となっており、人目に触れないよう隠れて生きるしか無い事になっている。実際、ヨークシンシティでクラピカが買い戻そうとした際には開始が1億を超え、最終的に29億の値が付いた


 クラピカにとっては失われた仲間たちの誇りであり、世界中を駆け回って取り戻し、手厚く弔うことを夢見ている。


関連人物


風評被害

 クラピカ追憶編が描かれるまで、クルタ族がどういった人々だったのか具体的に描かれていなかった。

 その結果、社会的弱者の集まりである流星街の出身で読者からの人気の高い旅団を擁護したいという風潮から、一部の二次創作において、旅団を被害者サイドに美化する為の引き立て役とする事や、復讐を望んでいながら潔癖な性質を持ったクラピカへの不快感、そして田舎者に対する偏見から、傲慢で閉鎖的な人々として描写をされている作品も非常に多くなっている。

 確かにクルタ族がやや排他的な部分があったのは事実だが、それは「クルタ族が何度も邪な悪意を持った者達によって『緋の眼』を狙われてきたから」という、十分納得のいく理由があったからで、「閉鎖的」はともかく「傲慢」扱いされるのは筋違いと言える。


 幻影旅団の流星街出身者の過去が回想されて以降は、その風潮が一層悪い形で強くなっており、一部からは彼等の仲間であるサラサの殺害の元凶がクルタ族で、その結果幻影旅団による「報復」を受けたのだという、根拠の無いに等しい言い掛かりまで付けられてしまう事になっている(百歩譲って仮に「正解」だったとしても、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの理屈で、老人や女、子供までも御構い無しである上に、利益目的で緋の眼を得ようと拷問と虐殺紛いなやり方で皆殺しにされるのは、あまりにも行き過ぎているとしか言い様がない)。


 いずれにせよ、クルタ族に関する真相は、今後の本編で明らかになるのを待つしか無いのだろう…。


関連タグ

緋色の幻影 赤目

関連記事

親記事

クラピカ くらぴか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289172

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました