ピクシブ百科事典

クルタ族

くるたぞく

「HUNTER×HUNTER」に登場する民族。
目次[非表示]

この項目はネタバレ及び非常にショッキングな記述を含みます

概要

 『HUNTER×HUNTER』に登場する少数民族。0巻によれば、滅亡時にはクラピカも含めて129人しかいなかった(しかもこれはヨソの村から嫁入り・婿入りに来た緋の目を持たない人たちも含めた数)。
 は鳶色で、白いインナーの上から青地(JF版では黒)に白の模様が付いたを重ねたゆったりとした民族衣装を着用している。
 とある山奥でひっそりと暮らし、外に出ることを掟で禁じていた(族長が買い出しを命じていたので完全な自給自足経済ではなかったようである)。
 しかし、その緋の目をつけ狙った幻影旅団により皆殺しにされ、悉く首を刎ねられた挙句眼球を刳り貫かれた。唯一を出ていたクラピカはこの大虐殺を後追いで知ることとなり、幻影旅団への復讐と緋の目の奪還のためにハンター試験を受けることとなる。

緋の目

お誕生日おめでとう、クラピカ


 世界で唯一、クルタ族のみが保有する特殊な体質。別の民族と愛し合って生まれた2世、3世にもこの体質は発現するらしい。
 クルタ族の虹彩は前述した通り鳶色であるが、激しい感情に突き動かされた際には赤く輝く。この色は世界七大美色に数えられるほど美しく、悪趣味な話ではあるが人体コレクターにとっては高根の花とされている。実際、ヨークシンシティでクラピカが買い戻そうとした際には開始が1億を超え、最終的に29億の値が付いた
 クラピカにとっては失われた仲間たちの誇りであり、世界中を駆け回って取り戻し、手厚く弔うことを夢見ている。

関連人物

pixivに投稿された作品 pixivで「クルタ族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12760

コメント