2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

HUNTER×HUNTER』に登場するマフィア
組長ライト=ノストラードネオン=ノストラード念能力により一代で築き上げた新興マフィアであり、その能力の有用性ゆえに取引相手も多い。

当初はマフィアンコミュニティーでも一目置かれるほどの財力を持つ一方、古参のマフィアからは成り上がり者として快く思われておらず、ライト自身も彼らを尊重していないため摩擦を引き起こしていた。また、ネオンの能力以外にこれといった勢力基盤を持たず、彼女次第で一瞬にして崩壊しかねないほど不安定かつ脆弱な組織構造であった。

ネオンの人体収集趣味もあって毎年ヨークシンシティを訪れており、HUNTER×HUNTERメイン4人の1人でもあるクラピカは、家族であるクルタ族緋の眼を取り戻すための足掛かりとして加入した。

ヨークシン編後はクロロの「盗賊の極意」によりネオンの能力を奪われたことで、最大にして唯一無二の財源を失い、半ば壊滅状態に陥る。その後はクラピカが重役に収まりライトに代わって組織の運営を担い、先のヨークシン編で主だったライバル組織が壊滅していたこともあって、何とか解散は免れている模様。現在は収入の100%を賭博とボディーガード(いずれも国では合法)で賄っていて納税もしているとのことで、組織形態としてはかなり清浄化した模様。
クラピカの集めた緋の目の置かれた部屋には花が添えられており、センリツだけでなくバショウ、リンセンらもクラピカが緋の目を集めている事を知っているので、クラピカのノストラードファミリー乗っ取りはほぼ完了したと思われる。

なおクロロによると、ネオンの未来予知能力はいつの間にか本から消えていたとの事。
これについては「ネオンが何らかの要因で死亡した」という解釈が一般的(明言はされていないが)。

構成員

☆はプロハンター

ノストラード親子


古株

  • 老執事(原作では死亡、旧アニメ版では生存)
  • エリザ(ヨークシンシティにてスクワラ殉職後退職)


ネオン護衛隊

当初メンバー

ヨークシンオークション時追加メンバー


関連項目

ヨークシンシティ カキン帝国
幻影旅団 陰獣

関連記事

親記事

ヨークシンシティ よーくしんしてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272199

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました