ピクシブ百科事典

ダルツォルネ

だるつぉるね

「HUNTER×HUNTER」に登場する人物(メイン画像左)。
目次[非表示]

「敵の姿を想像するな ボスに近づく者すべてが敵だ わかったな」

概要

CV:杉野博臣(旧) / 子安武人(新)

 ノストラードファミリーボスネオン=ノストラード護衛団団長。角刈りと、目の下のサメのエラのような模様が特徴的な厳つい風貌の男性
 プロのハンターではないが念能力者であり、武器に使う。風貌通り荒々しい性格であり、不用意な思い込みによりファミリーを混乱に陥れた元・相棒を自らの手で始末し、「ボスを狙う相手の予想」を尋ねたクラピカを冒頭の台詞で一喝している。
 護衛団の中では最も古株であるが、ネオンの癇癪には手を焼いている。

 直情型人間で、手柄欲しさにネオンの護衛を放り出して旅団の捕獲に向かう、目の前でバズーカを防いだウボォーギン相手に刀で斬り付けるなど考え足らずな部分がある。反面、旧アニメ版では冷徹ながら頼れるリーダーとして描写されており、遠くにいながら旅団の襲撃を察知する、ヴェーゼたちの死に激怒する、満身創痍になりながらも仲間を逃がすために盾になってウボーに立ち向かうなど原作とは人物像がかけ離れている。旅団の捕獲任務の際も、クラピカたちは現場に向かわせつつも自身とリンセンはネオンの護衛に残っていた。また、ピアノを嗜むなど意外な面も見せた。

 「緋の眼奪還を目指すクラピカの実力試験を担当し、その実力を認め護衛団の資格を与える。
 ヨークシンシティではネオンの護衛を担当していたが、捕えたウボォーギンをマフィアコミュニティーに引き渡そうとした際に(本物のスタッフを倒して成り替わっていた)フィンクス手刀で胸を貫かれ命を落とす。
 

能力

 不明であるがモバゲーでは強化系とされている。
 戦闘スタイルは特に明かされないまま死んでしまったため何とも言えず、尋問の時には刀に練を上乗せしてウボーを刺そうとしたものの、逆に刀がヘシ折れてしまった(旧アニメではこの刀が念を補助する特殊な文様が編み込まれているという設定で、刀は原作通り折れたもののウボーに掠り傷を負わせることには成功した)。
 組長のライト=ノストラード曰く「銃弾10発に耐えられる」ほど頑健な肉体を有しているとのこと。

関連項目

HUNTER×HUNTER
シャッチモーノ=トチーノ スクワラ エリザ
センリツ バショウ ヴェーゼ
幻影旅団

pixivに投稿された作品 pixivで「ダルツォルネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3678

コメント