ピクシブ百科事典

密室遊魚

いんどあふぃっしゅ

漫画「HUNTER×HUNTER」の念能力。使い手はクロロ。ただし他人から盗んだ能力である。

能力の詳細はクロロの記事にて。

概要

「閉め切った空間という発動条件を満たすことで、具現化した念魚を複数体使役できる。
念魚は鎧のような鱗を持った、フクロウナギのような姿をしている。

ただし現時点では密室遊魚の戦闘の描写がないので、詳しいの性能はいまだ不明である。元々の使い手が誰なのかも分かっていない(もちろんヨークシンの時点では生存しているが)。

手元から離れた念魚が戦うという点では、右手がでふさがってしまう盗賊の極意と相性がいいと思われる。
しかし噛みついた相手に痛み出血はなく、この能力だけでは敵に止めを刺すことができない(まあ、手足を食い千切ればその時点で動きを封じられるのだが)。
密室という条件がある上に、部屋の気密性が失われると念魚がとたんに消滅してしまうため、相手が逃亡を図ったり、威力のある能力で部屋を破壊すればアウトである。

一見して使うメリットが少ない能力に思えるが、密室遊魚の真価はその解除後と併せることで発揮される。この能力が解除された瞬間、それまでに念魚に食らわれた部位のダメージが反映され、痛みと出血が起こる。前述の通り密室である限り痛みも出血も無いので、普通なら死んでしまう程身体を侵食されても死ぬことは出来ず、いつまでも生きながらに念魚に食われ続けることになる。そして密室を解除した瞬間にその侵食による苦痛を一気に受けるのだ。それを想像し続けなければならない食われる側の心境は発狂しても仕方のない物であろう(実際、被害者は狂った笑いを浮かべていた)。則ち、精神ダメージを与えることに重きを置かれた能力と言えるのだ。
…この能力の元持ち主は相当な加虐趣味なのかもしれない。

関連タグ

クロロ=ルシルフル 念能力 具現化系 操作系
団長の手刀を見逃さなかった人

pixivに投稿された作品 pixivで「密室遊魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233741

コメント