ピクシブ百科事典

マチ=コマチネ

まちこまちね

マチ=コマチネとは、漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。幻影旅団団員。
目次[非表示]

どこまででも追いかけて あたしがアンタを殺す

プロフィール

名前マチ=コマチネ
年齢不明
身長159cm
体重48kg
血液型A型
出身地流星街
念能力念糸
系統変化系
団員No.3
刺青の位置不明
加入時期初期メンバー
腕力旅団腕相撲ランキング13人中6位
CV並木のり子上村貴子(1999年フジテレビ版)、前田玲奈(2011年日本テレビ版)


概要

幻影旅団団員No.3。劇中で最初に登場したメンバー。
気が強く、棘のある雰囲気を持つ女性。

論理よりも感覚を優先し、非常に勘が鋭い。そのため彼女の勘は旅団内でも参考意見にされることが多い。団員に対しては強い仲間意識を持っており、クロロクラピカに攫われた際はノブナガコルトピと共に彼の命を優先し、ルールを厳守しようとするフィンクス達と一触即発の状況となった。

肉体的な強さはかなりのもので、不意打ちを仕掛けたキルアを簡単に捕まえるなど身体能力に優れる。
旅団内の女性では最も腕相撲が強い。

髪の色は原作と2011年版アニメではピンク、カラー版コミックスと1999年版アニメでは

死亡したヒソカにせめて傷を縫ってあげようとするなど案外慈悲深い。
バンジーガムで縛られたにも関わらずその場でヒソカに殺されなかった。
(コルトピやシャルナークなどと一緒に殺されるはずだったが、作者がヒソカにブレーキをかける形で生き延びた。)
ナメられたと感じたのかカキン編ではヒソカは自分が殺すと主張し団長と対立する様子が描かれている。
なお、2019年現在、ヒソカは作中で女性を殺害したことはない。

念能力

糸はどこまででも追跡する

蜘蛛
まち


変化系能力者

念糸(ネンシ)

オーラを糸状に変化させる能力。糸の強度は長さと反比例し、1メートル以内ならば1トン位の重量を吊れる程の強度となり、逆に木綿糸程度まで強度を弱めれば、地球を一周するほどの長さを紡ぐことも可能。ただし念糸が手元から離れると強度は極端に落ちる。
追跡や拘束、縫合治療、絞殺など、様々な用途に利用でき、応用の幅は広い。

念糸縫合(ネンシほうごう)

センシティブな作品


念糸を使い、切断された体を縫合する技。マチ自身の身体能力(主に視神経)と合わさることで血管、神経、骨、筋肉をほぼ完璧に繋ぐことができる。
腕を完全に切断された場合でも施術後すぐに指を動かせるようになるなど、治療としての精度は非常に高いが、あくまでも傷口を物理的に繋ぎあわせているだけであり、傷を治すこと自体は患者の自己治癒力に委ねられるため、完治には相応の時間がかかる。また、念糸自体は施術後マチの手を離れることになるため強度には限界があり、傷が治る(縫合した組織が完全に繋がる)までは無理は禁物とされる。

関連イラスト

  • 原作/アニメ2011年版
マチさん
マチ


  • カラー版コミックス/アニメ1999年版

念糸
マチ



関連タグ

HUNTER×HUNTER 幻影旅団 

クロロ ノブナガ フェイタン フィンクス 
シャルナーク フランクリン シズク パクノダ
ボノレノフ ウボォーギン コルトピ

クラピカ ヒソカ

流星街 ヨークシンシティ グリードアイランド

コマネチ

関連記事

親記事

幻影旅団 げんえいりょだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マチ=コマチネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1471623

コメント