ピクシブ百科事典

山女魚

やまめ

サケ目サケ科の淡水魚の一種で、釣りの対象と食用として人気がある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

山女」と書いた場合は「やまおんな」と読む妖怪・怪異を指す事が多い。

概要

硬骨魚綱サケ目サケ科に属する、サケの仲間の淡水魚

日本マス類の代表種であるサクラマスとは全く同じ種類であり、よりエサを求めて海に降りるか淡水域にとどまるかによって呼び名が分かれる。
そのためサツキマスの陸封型であるアマゴはサクラマス及びヤマメの亜種でもある。

大きさは20~30cm内外だが、ダム湖に降って再び遡上した個体ではこれより大きくなる事もある。
イワナと並ぶ釣りの対象魚として、また食用として人気がある。
姿はアマゴと似ているが、体に赤い点々が無い。
日本海側全域と関東以北の太平洋側に生息する。山辺の釣り堀でもメジャーな存在である。

主な料理

小さなものは内臓を除いてそのまま唐揚げに、酢に浸して酢漬けで、大きな物は塩で身を締めてから塩焼き、その他癖がない味なのでどんな調理法でも美味しく食べられる。
刺身用に開発・飼育された養殖モノもある。
寄生虫が存在する可能性もあるので、生食用に養殖されたモノ以外は必ず加熱調理するのが望ましい。

富山県の郷土料理である鱒寿司は元々は酢締めで殺菌したサクラマスを使うのが元祖である。
また宮崎県の一部では養殖したヤマメの卵を「黄金イクラ」と呼び、特産品として販売している。

別名・表記ゆれ

ヤマメ 山女 サクラマス

関連項目

魚類 淡水魚
サケ マス 鱒寿司
釣り 釣り堀 養殖

関連記事

親記事

サクラマス さくらます

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山女魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17360

コメント