ピクシブ百科事典

鱒寿司

ますずし

富山県の名物郷土料理で鱒を利用した押し寿司。

概要

笹の葉を敷いた丸いわっぱに酢飯を入れ、その上に細く切った塩漬けの短冊切りにした鱒を乗せて上から押し込んで作る押し寿司の一種。

江戸時代の1717年に富山藩士・吉村新八が富山県を流れる神通川にいたサクラマスを利用して作ったのが始まりとされ、時の八代将軍徳川吉宗にも献上された。

現在では富山県を代表する郷土料理として知られ、富山県内の主要なデパートや駅では駅弁・お土産として販売されている。

関連タグ

寿司

関連記事

親記事

寿司 すし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鱒寿司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38

コメント