ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:伊瀬茉莉也

概要

エレボニア帝国においてヴァンダール家と双璧をなす武門の名家・アルゼイド子爵家の息女。
《光の剣匠》と呼ばれる大陸指折りの剣の達人である父・ヴィクター・S・アルゼイドの薫陶を受けており、剣の実力は《Ⅶ組》随一と称される。また、ラウラ自身もかつて故郷・レグラムを居とした《槍の聖女》リアンヌ・サンドロットを目標としており、セカンドネームのSはサンドロットから取られている。

人格者でもある父親が男手ひとつで育てたため凛とした誇り高い性格で、父親同様古風な口調で話すのが特徴。貴族家の身であるものの尊大な態度は決して取らず当初大の貴族嫌いであったマキアスも彼女の潔い振る舞いに唯一邪険にしなかった程である、代わりに家電製品の扱いが苦手など世間知らずな一面を持っている。
その凛とした佇まいは男性より女性に人気があり、彼女に憧れる女性は数知れず。

しかしそんな中お弁当作りに奮闘したり、みっしぃなどのマスコットや可愛いものに目がないなどといった年相応な女の子の一面も持っている。


閃の軌跡

閃の軌跡(習作)END


元々は帝都の聖アストライア女学院に入学が決まっていたが、武術教練がないということでトールズ士官学院に入学、新規クラスⅦ組に決まる。そのⅦ組のクラスメイトとなるリィンに対しては「八葉一刀流」の使い手として興味を示し、ある理由から本気を出す事を躊躇っていた彼に同じ一介の剣士として活を入れる。

閃ログ


正義と正々堂々を尊ぶ騎士道を重んじるあまり、金で動き勝つために卑怯な手段も辞さない猟兵を邪道として嫌っていた。この為フィーが猟兵上がりだと判ると関係が少し揺らいだ。頭では《Ⅶ組》の仲間として受け入れるべきと解っていても、感情がどうしてもそれを許さないのである。自分はこんなにも狭小な人間なのかと葛藤するが、帝都ヘイムダルでの実習のとある一幕にて和解・その後親友となった。この一幕でリィンは「フィーでかく乱して、ラウラの一撃で仕留めるんだから、ある意味理想のコンビネーションだ」と述べるほどであった。

閃の軌跡Ⅱ

Laura S Arseid


貴族連合の襲撃を受けてトールズ士官学院が占拠、内戦が勃発しⅦ組も散開を余儀なくされるが、ラウラは当初ユーシスエマと共に実家であるレグラム方面に潜伏していた。その折に来訪してきた自身の姉弟子でもあるオーレリア将軍ウォレス准将と対面するなど、不在のヴィクターに代わり領主の仕事も行っている。

ラウラとデュバリィ


また、本作よりラウラ自身に含みと因縁を抱かれることとなるデュバリィに対しても、真摯に接するなど器の大きさを見せた。

内戦終結後父・ヴィクターとともにアルゼイド流の伝承者となるべく剣の修行に打ち込み、その後皆伝となった。

二人っきり


本作のDLC衣装で、ラウラの私服として「ノースリーブ・純白のサマードレス」が用意されている。

閃の軌跡Ⅲ

。


前述の通り、19歳にて皆伝を果たし、師範代としての資格を得た。
初代Ⅶ組として後輩となる新Ⅶ組にも様々な協力をしており、弱体化した旧貴族連合にも協力している模様。とくに同じく同じ貴族家出身かつ帝国の双璧である名門とされるヴァンダール家の子息クルトとは構えを取るなどで多く親交を得ることになる。

しかし、本作終盤での《黒キ聖杯》での戦いにおいて、『巨イナル黄昏』を起こさんとする敵勢力・オズボーン宰相の一派やそれに従う結社身喰らう蛇黒のアルベリヒ率いる黒の工房・オズボーンに付き従ったセドリック皇太子率いるトールズ本校生徒の強大さに押され、さらにそこで父・ヴィクターが乗る巡洋艦カレイジャスが空中で爆破・墜落というのを目のあたりにしてしまう。

ついにはミリアムの戦死と、リィンが贄として敵勢力に奪われてしまい、ラウラ含めた新旧Ⅶ組は敗走を余儀なくされる。

閃の軌跡Ⅳ

Laura S. Arseid


敗走後はⅦ組の同級生だったエマの故郷・エリンの里に匿われることになるが、父ヴィクターの爆殺も加わったラウラの落胆ぶりは相当だった。

しかし、そんな意気消沈ぶりを激高された新Ⅶ組の後輩・ユウナに一喝されることとなり、ラウラもこれで目を覚まされ反攻に出ることを決心。その後は初代Ⅶ組として情報収集のため帝国領内を回り、その後集結して黒の工房最奥に突入。リィンを新旧Ⅶ組の一員として救出に成功する。

直後に行われた騎神同士の戦い・相克でこれまた復活・かつ黒の工房の手先となっていた蒼のジークフリートをⅦ組側に引き入れた際、これに立ち会ったデュバリィにも「客将として乗らないか」と誘い入れた。

その後、敵側に入っていた父・ヴィクターと再会。墜落時の衝撃で左腕を失っていた姿ながら普段とも変わらぬ戦いぶりに苦戦を強いられながらも、父の救出に成功する。

その後は新旧Ⅶ組とともに、生還したオリヴァルト皇子の提唱する「光まとう翼」に合流し、黄昏に抵抗していくことになった。

センシティブな作品


本作のDLCに「魔法少女まじかる☆アリサ」の衣装として「姫騎士☆ラウラ」という衣装が用意されている。設定では魔法少女から姫騎士にクラスチェンジしたというものであるが、凛々しさを感じられる衣装となっている。

バトルスタイル

洸刃乱舞!


登場作品に共通して武器は身の丈ほどの大きさを誇る両手剣。戦闘では敵に剣の重量も活かした強烈な一撃を放つ。また「閃Ⅰ」ではSクラフトを最初のパーティイン時から使用できるキャラクターの一人である。
斬・剛共にAランクで一撃が重く、武器が武器なだけに射程も少しあるのでリーチはある。物理攻撃力・防御力こそ高いが、その反面アーツなど魔法に関しては攻防とも低く、また命中力の低さと、やはり大剣ゆえに行動力と回避力が低いことが弱点でもある。そのため命中力アップや行動力アップのクォーツで弱点を補強することが求められる。

オーブメントの属性は「水」と「火」。

対人関係

Ⅶ組--トールズの同級生達。武人然りとした振る舞いのために他の女子からの信頼は篤い。また、身分を振りかざさない堂々とした振る舞いから貴族嫌いのマキアスからも信頼されていた。

リィン・シュバルツァー--早い段階から、リィンが全力を出さない事に気づいていた。実習で父と立ち会ってもらう等、剣士としては互いに高め合う間柄として信頼関係は強い。後にラウラはリィンに好意を抱くことになる。

フィー・クラウゼル--猟兵出身である事を知ってから、ユーシスとマキアスほどではないにしても気まずくなってしまい、Ⅶ組を悩ませる。帝都の実習で全力で勝負をして、互いに認め合って以降は親友となる。

クルト・ヴァンダール--Ⅶ組の後輩であり双璧と呼ばれているヴァンダール流の嫡男。互いに似たタイプの剣士同士という事もあり新Ⅶ組の中では一番絡みが多くどこか弟のように気にかけている一面が見える。

アリアンロード--後に自分が目標とする『槍の聖女』本人であると知る。アリアンロード自身も自らの姓を受け継いだラウラには興味を抱いていた。

余談

アリアンロードの弟子であり、鉄機隊の一人であるアイネスとは武器こそ違えど(アイネスの得物はハルバード)重い技を用いる点ではほぼキャラクターが重なる。奇しくも「閃Ⅲ」以後はアイネスのCVはラウラと同じく伊瀬茉莉也が担当している。

関連項目

閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ 創の軌跡 Ⅶ組
ヴィクター・S・アルゼイド - 父。
オーレリア・ルグィン- 姉弟子。
神速のデュバリィ - ライバル視される。

関連記事

親記事

Ⅶ組 ななくみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラウラ・S・アルゼイド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラウラ・S・アルゼイド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2746186

コメント