ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

これが・・・『神速』の実力ですわ。


CV:大空直美


概要

結社『身喰らう蛇』の最高幹部・蛇の使徒第七柱アリアンロード直属の戦闘部隊「鉄機隊」の筆頭剣士を務める女性。得物は騎士剣。

見た目は10代の少女のように見えるが、初登場の『碧の軌跡』および『閃の軌跡Ⅱ』の時点で21歳と、成年である。


それでも鉄機隊の同僚となるアイネスエンネアの二人よりも年下であり隊最年少である。


人物

樱花林

デュバリィの生家はエレボニア帝国外の辺境の領主を務めた下級貴族家で、いわば領主令嬢だった。ところが一家が夜盗に襲われて自分以外生き残れず、自らも殺されかける所をアリアンロードに助けられて以後、彼女に忠誠を誓い、師事するようになった(後に「閃の軌跡Ⅲ」で明らかになる。)

語尾に「~ですわ」とつけ、丁寧な口調で喋るが、「とくと味わいやがれですわっ!」「超絶、素晴らしい方ですわっ!」など俗っぽい口調も混じっているが、これらの口調はおそらく貴族令嬢として育った表れともいえる。


アリアンロードにつき、自ずと結社の執行者とも剣を交えて自身の剣技を磨いていくことになるが、とりわけ結社随一の剣士である剣帝レーヴェとの摸擬戦では基本的に格上相手だったため、まれに勝ち星を拾えるくらい(100回に1回)の実力差があったという。その一方で、自身の持ち前の機動力と行動力、それらから起こす分身での戦法はレーヴェも認めるところで、クラフト【影技・剣帝陣】は彼からの直伝である。


自ら「剣帝にも迫るほどの高速の剣技」と言うほどの腕をもち『神速』の二つ名で呼ばれ、その名に相応しく持ち前の機動力を生かした手数重視の立ち回りを基本戦法としている(後述)。


アリアンロードや後に加入したアイネス・エンネアが浮世離れした性格なのに対し、令嬢育ちのためかアリアンロードに陶酔していたりすぐに感情的になったりと人間味あふれる性格をしている。そのため筆頭の身ながらもアイネスやエンネアからは実際一番年下のため妹のような扱いとなっている。

実力面で言えば結社の執行者になっていてもおかしくはないのだが、執行者になるには実力以外にも何らかのを抱えている事が条件となるため執行者にはなれていない。(リィンからはその執行者の説明を受けて「確かに闇とは無縁そうだ」と評されている)


また、そうした性格からポンコツツンデレチョロイン主大好きっ子と言われ放題になってしまっているが、物語が進むにつれて剣に関してストイックな人物であることが描かれている。


碧の軌跡閃の軌跡Ⅱ

初登場となる『碧の軌跡』では主アリアンロードに従って行動しており、終盤・クロスベル市の結界を張る一翼である「星見の塔」において特務支援課を迎え撃ち、その立ち回りのスピードは同じくスピードを主力とするリーシャは「私よりも速い」と言わしめるほどであった。初代版(PSP版)では顔グラフィックもなかったが、ランディ曰く「筆頭という割には可愛らしい」と言っており。その後CVと顔グラフィックはマイナーチェンジ版の「碧の軌跡 Evolution」及び「碧の軌跡 改」より追加されている。


神速のデュバリィ

同じ時系列であった『閃の軌跡Ⅱ」ではエレボニア帝国国内の内戦が勃発していたところで、カイエン公爵率いる貴族連合軍の協力者として儀礼艦パンタグリュエルにてその姿が確かめられ、主人公リィンⅦ組との初の邂逅はラウラの実家がある湖畔の町レグラムの宿酒場で、大食している古風な少女だった。


槍の聖女リアンヌ・サンドロットが250年前にレグラムを治める伯爵家の令嬢だったため、その後を治めるアルゼイド家…ラウラやその父・アルゼイド子爵にライバル心を抱くことになる。


本編ではコンビを組まされた執行者・マクバーンの奔放さに手を焼いたり、主の命令によりクロスベルとエレボニアに何度も往復したりと多く苦労した模様であった。

神速


終盤、カイエン公爵が待ち構える帝都ヘイムダルの皇宮・バルフレイム宮が「煌魔城」として変貌した後は、その序盤で執行者ブルブランとともにⅦ組を待ち構えるが、返り討ちにされたところで逆上、高速の剣技でⅦ組を追い詰めるがそこにオリヴァルト皇子遊撃士トヴァルの高速アーツによる奇襲を受け、Ⅶ組を取り逃してしまった。


閃の軌跡Ⅲ

Twitter軌跡絵まとめ

本作でも引き続き同僚のアイネス・エンネアとともにアリアンロードに付き従い、ジュノー海上要塞にて新Ⅶ組オーレリア・ルグィンを迎え撃ち、ついにはアリアンロードとオーレリアによる頂上決戦に追従する形で参戦。戦いはアリアンロードが膝をつくことになるが、そこでアリアンロードがエレボニアに伝わる『槍の聖女リアンヌ・サンドロット』であることが発覚し、驚きを隠せなかった。


終盤、アリアンロードがギリアス・オズボーン帝国宰相とともに「巨イナル黄昏」を発動させたことで、世界を滅亡に導こうとしていることを見て疑念を得ることになる。


閃の軌跡Ⅳ

デュバリィ

アリアンロードに対する疑念を抱いたまま、冒頭は黒の工房にてアイネス・エンネアとともに黄昏を推し進める側にいたが、内戦の時に共闘し、そこで復活・記憶を取り戻したクロウとともに、囚われているリィンの暴走を抑え込むべく行動を開始する。


そしてその半ばで暴走したリィンと、抑え込んでいたセリーヌと合流、さらにはリィン救出に現れた新旧Ⅶ組とも遭遇、ここでリィンがⅦ組一同に救出されたところでアリアンロード、オズボーンが参上するが、デュバリィは


先の黄昏…世界の滅びには納得できません。その意味を自ら見出すまで、しばしお暇を頂きたく存じます。


と、アリアンロードの元を離れることになり、黒の工房脱出後はブリオニア島でのクロウとリィンの『相克』を見届けることになった。


その相克は結局リィンが勝ちを収めてクロウの消滅、というところをリィンが消滅を許さなかったためクロウも残ることになるが、デュバリィは一人戻る、というが、帰る手段に事欠いたことが発覚したため、クロウが、


俺同様、コイツら(新旧Ⅶ組)の世話になっちゃどうだ?


との提案があり、他にも

リィン「工房本拠地で助太刀してもらった礼もできていないからな。

ラウラ「客将としてしばしの間力を貸してはもらえぬか。

ミュゼ《相克》については、あなたのマスターも無縁ではないかと。同行していれば色々情報が入るかもしれませんよ?


という勧誘を受けたことから、これに折れてリィンたち新旧Ⅶ組と合流することになる。

ラウラとデュバリィ


合流後は私服姿で行動し、鉄機隊で行動していた時に着けていた甲冑は「答えを見つけるまでは纏うわけにはいかない」と述べており、実際は海都オルディスのガラス職人(ミュゼの父方・カイエン公爵家御用達の職人でもある)に預けて研磨を依頼していた。

他にも客将としてリィンと手合わせするほか、中盤のパンタグリュエルでの周辺国連合『千の陽炎』での会談ではカシウス・ブライトと会見し、彼から立ち合いでの気の使い方で教えを賜わり、カレイジャスⅡ搭乗後は第Ⅱ分校生徒ゼシカやウェインの二人に立ち合いを教えるなどの一面も見せている。


そして終盤、リィンとアリアンロード…聖女リアンヌとの相克において、リアンヌはデュバリィの離脱は自身の成長だと喜ばれており、最終的にその真意を知り、また自身が帝国の聖女と称されるリアンヌ・サンドロットと知った後は納得し彼女の在り方に改めて尊敬するが、彼女と一応の同盟関係にあったルーファス・アルバレアの卑劣な騙し討ちによって彼女は致命傷を負ってしまう。


その臨終ではデュバリィのみならずアイネス・エンネアのほか、リィンたちⅦ組一同、そして獅子戦役にてリアンヌの盟友として戦ったローゼリアも立ち合い、「子をなし得なかった私ですが…娘を持ったら、こうなのでしょうね…」と弟子どころか自身の娘のように扱ったことを感謝するが、最期はデュバリィの手の中で事切れ、デュバリィは慟哭する。


最終決戦では幻想機動要塞の障壁を破壊すべく、アイネス・エンネア・そして西風の旅団のゼノ・レオと共に障壁を生み出す塩の杭攻略に参加(なお、このときの結社の飛空艇はブルブランが用意した)。


そしての真の最終決戦たるイシュメルガ=ローゲ戦でも共闘し、決着後はオリヴァルト皇子とシェラザード妃の結婚式にも身なりをよくして出席しており、その後はまっとうに過ごしていた模様。





創の軌跡

<神速>のデュバリィ

本編では師の仇であるルーファスが起こしたクロスベルでの異常事態をアイネス、エンネアとともに調査、別行動中に『本物のルーファス』と遭遇、師を卑劣な方法で手にかけた恨みから最初は彼に剣を振るったが一戦交えた後、事態の打開と『すべてが終わった後ルーファスとの一騎打ち』と言う約束のため渋々彼らと合流し調査を始める。


また、この時に風の剣聖アリオスとも共闘するが、アリオスの行動力が自らのを上回るのを目にし、「私よりも速い…」とつぶやくほどだった。


夢幻回廊では閃Ⅲでリアンヌを破ったオーレリア・ルグィンやラウラの父ヴィクター・S・アルゼイドも集うため、この二人の剣豪との掛け合いも存在する。また、手数・スピードを主力とする同タイプの戦闘スタイルを持つフィー・クラウゼルにも鍛錬を請われ、これに応じる一幕もある。


その後終盤までルーファス達と共にしリィンやロイド達も交えて最終決戦にも参加する。


黒幕打倒後、最終決戦にて重傷を負って入院しているルーファスとの約束を果たすために差し入れを用意しながらお見舞いに行く姿が見受けられる。


エピソードイベントではユーゲント帝の催した武闘会にリィンとチームを組み参加した。

この時の話によると次の行動の指針として結社の盟主に話を聞きたい旨を述べている。


バトルスタイル

デュバりん

登場作品に共通して得物は騎士剣。もっとも同じ騎士剣でも物理攻撃力重視のラウラや魔法攻撃力も合わさったユーシスやルーファスとはまた一味違う、自ら「神速」と称するように高い行動力と隙の小さいクラフト技を駆使したスピード重視の手数の多い立ち回りで攻め、実際全キャラでトップレベルの行動力を持つ。

その代わり自身の一撃の攻撃力がやや低めであるため、それを手数でカバーするスタイルともいえる。また、行動力のみならず回避力も高いためカウンター戦法も得意で、前述の通りフィーやクルト、リーシャ、スウィン、そして結社で同輩の執行者だったシャロンヨシュアと同じタイプの「スピード・回避中心の前衛キャラクター」と言える。


固定属性は「時」×2、「空」×1。自身の凄惨な過去を裏付けるような時属性持ちだが、同時に時属性には行動力強化のクォーツが多いことから、自身のスピードを強化しやすいメリットもあるため、行動力のさらなる強化や、攻撃力・命中率・回避率強化など持ち前の行動力・回避力を生かした前衛剣士としてクォーツを装備していきたい。


関連タグ

軌跡シリーズ 碧の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ

アリアンロード 鉄機隊 身喰らう蛇


剣を交えた者たち

レーヴェ 劫炎のマクバーン リィン・シュバルツァー ラウラ・S・アルゼイド クルト・ヴァンダール ルーファス・アルバレア アリオス・マクレイン オーレリア・ルグィン ヴィクター・S・アルゼイド フィー・クラウゼル


軌跡シリーズの良家令嬢つながり

クローゼ・リンツ エリィ・マクダエル アリサ・ラインフォルト ラウラ・S・アルゼイド アンゼリカ・ログナー エリゼ・シュバルツァー アルフィン・ライゼ・アルノール ミュゼ・イーグレット アニエス・クローデル エレイン・オークレール

関連記事

親記事

鉄機隊 てっきたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377117

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました