ピクシブ百科事典

カシウス・ブライト

かしうすぶらいと

カシウス・ブライトとは、『英雄伝説VI「空の軌跡」』のキャラクター。

概要

CV:岸野幸正
カシウス・ブライトとは、『英雄伝説VI「空の軌跡」』のキャラクター。

リベール王国ブライト家の主であり、エステル・ブライト父親
また自分を暗殺しに来たヨシュアを返り討ちにしてそのまま自分の養子にした。
普段は気さくでお茶目で豪胆な不良親父だが、大陸全土に4人しかいないS級遊撃士の一人。

遊撃士になる前は王国軍所属の軍人で大佐だったがエレボニア帝国との百日戦役で妻のレナ・ブライトを喪い思うところがあり除隊。

遊撃士になる前は剣もやっており、棒術も達人級の腕前である。

「FC」で起こった事件後はに復帰した。階級は准将だがモルガン将軍の後任として実質的な軍の最高指導者を任されている。
空の軌跡』シリーズではレーヴェと並んで最強を誇る人物の一人。

単純な戦闘力ではレーヴェと互角かやや劣ると言われ同じ剣聖のアリオス・マクレインや師匠であるユン・カーファイの友人で帝国屈指の実力者ヴィクター・S・アルゼイドに劣るのだが精神力、政治力、戦略、戦術等の総合力は軌跡シリーズでも屈指の存在。
ただし帝国ではカシウス以上の実力者が多く、戦闘力でもヴィクター、ゼクス、マテウスに劣り、その三人に近いまたは匹敵する実力を持つヴァンダイク、ウォレス、オーラフなどもいる。頭脳、戦略面もオーラフが同等以上で、ヴァンダイクに対しては厳しいと本人が述べており、鉄血の子供筆頭であるルーファスにも知力、作戦能力、政治面などの手腕では劣る。その上戦闘力も高い。またその総合力自体もカシウス以上の統率力を誇り人外の力は使ってないが人としての本気を出したアリアンロードに打ち勝ったオーレリアや人外の力を含めた本気の実力のアリアンロードと同等以上の戦闘力を持ち、政治、知略、精神力が桁外れで結社を出し抜き最終的には傘下にする程の頭脳面を発揮したギリアス・オズボーンなどがおり戦闘力と知力の両方ともカシウスより上のオールラウンダータイプがいる。特にオズボーンはあらゆる面でカシウスを凌駕しているといえる。
作品が進むにつれインフレしているがそれでもカシウスも十分に凄い人物である。
ワイスマンが福音計画を実行するに当たり最も危険した人物でかなり王国から引き離すということで計画を実行するなど結社からはかなり危険視されていた。

閃の軌跡Ⅳで中将の地位についている。帝国の暴走に対抗する為、帝国内の反対勢力や周辺諸国と連携を取り対抗しようとしている。
師であるユン・カーファイに変わり弟弟子であるリィン・シュバルツァーの免許皆伝の試練を担当する一幕も。結果はリィンに敗北し、八葉一刀流奥伝を言い渡す。
所持している太刀は元部下で元弟子のアラン・リシャールから借りてきた物。

関連タグ

英雄伝説 軌跡シリーズ 空の軌跡 剣聖 准将 大佐 中将

関連記事

親記事

空の軌跡 そらのきせき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カシウス・ブライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2411

コメント