ピクシブ百科事典

目次[非表示]

cv:皆口裕子

概要

空の軌跡

10月11日生まれの16歳(『FC』・『SC』)→17歳(『the 3rd』)。
リベール王国のジェニス王立学園に通う女学生で細身の剣(レイピア)による剣技とアーツが得意。オーブメントの属性が「水」である事とラインが一直線である事からヒーリング系のアーツが組み易い。

本名はクローディア・フォン・アウスレーゼと言い、アリシア女王の孫に当たり王位継承順第1位に位置する。

可憐な容姿のとおりに基本的には控えめで優しい性格の持ち主だが、時に大胆な行動を取り周りを驚かせる事もある。女王候補として普段から国政などにも深い関心を示し、優れた洞察力を持っている。また友達であるシロハヤブサのジーク(ペットではないと言明しており、実際に本来の主はユリアである)などの動物と話が出来る。

百日戦役の混乱によって幼少の身で保護者(両親はそれ以前に船舶事故で亡くなっている)と離ればなれになり、ルーアンで孤児院を営む夫妻にしばらく世話になった。ジェニス学園に在籍した際に、その縁で孤児院の世話を手伝うようになり、子供達からは大変好かれている。
が、ルーアンの孤児院の放火事件においては、犯人がかつての先輩だったギルバートだったことに悲しみの表情を浮かべていた(さらには後にギルバートが王立学園を独断で占拠したときは完全に失望したという)。

王太女になる責任は自覚し、祖母の意志も理解している彼女であるが、ある不安を抱えていた。どこにでもある平凡な暮らしに憧れていた彼女にとって、王太女になれば、自分はもうクローゼ・リンツに戻れず、孤児院の子供達に会うことも、学園の友人達と会うこともままならなくなる。そんな不安を抱えていたが、エステルにそれを打ち明けたことをきっかけに王太女となる決意をする。

空SCで王太女を拝命し、その後は正式に公式の場で姿を現すようになった。

エステル・ブライトヨシュア・ブライトとは偶然知り合い、孤児院の放火事件やアラン・リシャール大佐が起こした情報部のクーデターといった数々の事件を共に切り抜けた仲間。特にヨシュアにはシンパシーなどもあって好意を寄せていたが、エステルとの関係を察して告白した上で身を引いている。

碧の軌跡閃の軌跡シリーズ

その後の作品ではVIPキャラクターとして出ており、『碧の軌跡』ではクロスベルで行われた通商会議に祖母・アリシアの名代として出席。同時に学園の先輩であったレクター・アランドールと再会、以前と変わらぬやりとりを交わす。

その後間隔が開くが、『閃の軌跡Ⅳ』で久々に登場。この頃には四年にわたる活動の末、持ち前の美貌も相まって『帝国の至宝』と称されるアルフィンとセドリックのように『リベールの至宝』と呼ばれるようになっている。エレボニア帝国のゼムリア大陸征服作戦『大地の竜作戦』に抵抗するためミルディーヌ公女の呼びかけに応じてリベール王国代表としてカシウス・ブライトとともに出席した。

ちなみに、『閃の軌跡Ⅳ』のミニゲーム『ポムっと』の開発費用をクローゼが提供していることを全キャラクリア時に語っている。

創の軌跡

新型巡航艦アルセイユⅡでカシウスと共に逆しまのバベルへの攻略作戦に参加している。

王太女として即位してからは政治活動の方が主になり、クーデターやリベル=アークの時のように前線へ出ることはなくなったが王太女の身分だからこそのやりかたでエステル達と共に戦い続けている。


前日譚では秘書のルーシー・セイランドと共に久しぶりにレクターと再会。自分の罪深さに悩むレクターを学園時代と同じ屋根の上で見つけ、学園に来た頃に肩肘を張っていた自分を気遣ってくれた感謝と、何をしようとレクターが先輩である事を告げた。彼女とルーシーが自分にもまだ大切な人が、大切に想ってくれる人がいることをレクターに気づかせた。

そして、ルーシーと共にレクターを強引にリベールに連れて行き、予てから開きたかった同窓会へ招待した。

レクター「ま、待てっ……話せばわかる!」
クローゼ・ルーシー「だーめ!!」
レクター「み、見逃してくれぇー…!」

かつて、仕事をさぼっていたレクターを生徒会室へ連行したときと同じやりとりで今度はルーシーと二人でリベールへ連行していった。

対人関係

リベール組――情報部のクーデターと輝く環の事件を共に解決した仲間。当初は素性を隠していた事もあり、王太女よりもクローゼとしてフランクに接し、王太女になった後もちょくちょく会っている。

ヨシュア・ブライト――クローゼの転機で初恋の人。好意を寄せていたが、エステルの存在から身を引きながらも閃の軌跡Ⅳの時点でまだ未練はある模様。ヨシュア本人によれば、クローゼは亡くなった姉に雰囲気が似ているとのこと。

エステル・ブライト――ヨシュアと同時に出会ったもう一つの転機。王太女として即位した後もクローゼとして対等に付き合える相手の一人。『同じ男性に好意を寄せる』、『正反対の部分』を羨むなど共通点や対照的な部分もある。また、ヨシュアを意識し始めた頃のエステルはクローゼが相手では勝ち目がないと弱腰になっていた。

オリビエ・レンハイム――同じリベール組の仲間だが、エレボニア帝国の皇子で政略結婚の相手だった。クーデターや結社の計画を阻止した後はともに大陸の未来を案じる同志となる。

レン・ブライト――最初は敵対していた身喰らう蛇の執行者。が、結社を抜けてからはジェニス王立学園に入学し、事実上の後輩になる。


ユリア・シュバルツ-護衛を務める王国軍人。クローゼ自身も姉的存在として慕い、剣術の師匠にも当たる。

ギルバート・スタインレクター・アランドール――ともにジェニス王立学園での先輩で敵対することになる。しかし、ギルバートは完全に愛想を尽かしたのに対し、レクターは肩肘を張っていた自分を気に掛けてくれた恩もあり、敵対しながらもお互いに気に掛けていた。

ルーシー・セイランド、ジル、ハンス、レオ――ジェニス王立学園の学友達。王太女であると明かしてからも対等な付き合いが続いており、レクターに振り回された被害者でもある。

特務支援課Ⅶ組――クロスベルや帝国の呪いを取り巻く事件で顔を合わせた英雄達。王太女として、彼らをサポートする。

アリサ・ラインフォルトエマ・ミルスティンマリアベル・クロイス――アリサは厳密には違うが、突き詰めていけば女神の至宝を託された一族の末裔という共通点を持つ。

関連イラスト

クローゼとジーク
白花戀詩



関連タグ

空の軌跡 閃の軌跡Ⅳ リベール王国 リベール組

ヨシュア・ブライト エステル・ブライト 

ユリア・シュバルツ

関連記事

親記事

リベール王国 りべーるおうこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クローゼ・リンツ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クローゼ・リンツ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316582

コメント