ピクシブ百科事典

ティータ・ラッセル

てぃーたらっせる

ゲーム『英雄伝説Ⅵ 空の軌跡』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:今野宏美

概要

メカフェチの金髪少女。『FC』・『SC』で12才、『the 3rd』で13才。『閃Ⅲ』・『閃Ⅳ』では16才。
C・エプスタインの高弟の一人、アルバート・ラッセルは祖父で、ZCFの主任博士であるエリカ・ラッセルは母。
空の軌跡』三部作ではエステル・ブライトと共にリベール王国を旅し、結社『身喰らう蛇』との戦いに最年少の身ながら奮戦した。

Tita Russel


閃の軌跡Ⅲ』ではリベールで共闘したオリビエの推薦を受けてエレボニア帝国トールズ士官学院・第Ⅱ分校に交換留学。祖父アルバート・ラッセルの兄弟弟子であるG・シュミット博士に師事することになる(シュミットはティータを『四番弟子』と呼ぶ)。

また、学院や課外活動時の列車の工房にいることが多く、前作までのジョルジュ・ノームの後釜的存在でもある。
武器は『空』当時は導力砲と呼ばれる小型の反動砲を用いる。またZCFで開発された人形兵器「オーバルギア」を操縦して戦った。『閃Ⅲ』・『閃Ⅳ』では戦闘時はすべてオーバルギアに搭乗して戦っている。

赤いティータ


閃の軌跡Ⅳ』では帝国軍によって身柄を拘束され、アルフィン皇女とともにドレックノール要塞にて監禁されていた。その後教官リィン・シュバルツァー新Ⅶ組、さらには協力した遊撃士アガット・クロスナーとともに救出された後はリィンたちに合流する。またトールズ第Ⅱ分校奪還時にはG・シュミット(この時点では本校生徒のオブザーバーだった)に『オーバルギアについては合格点をやろう』と認められることになった。

ちなみに、『閃の軌跡Ⅳ』のDLC衣装に『空』当時の作業着をイメージした赤制服・メカニック帽が用意されており、『創』では夢幻回廊の報酬の一つとして用意されている。

創の軌跡では、黒の工房の遺産の回収を遊撃士とともに行う名目の元に、母・エリカから
「ティータをこれ以上危険な目に遭わせたくない」と故国・リベールに意地でも連れ戻されることになるが、オーバルギアの更なる発展があると固辞したため、エリカよりテストを行うと告げられ奮闘することになる。

その後、クロスベル自治州がルーファス総統によって一時占拠され、クロスベル統一国を宣言されたときに、母・エリカが総統に協力する結社の第六柱F・ノバルティス博士によって新型兵器の制作協力を命じられたためにクロスベル市内のラインフォルト社兵器工場に拉致され、その救出に向かうことになる。

母・エリカ救出後、ルーファス総統が極秘裏に作り上げた(実は黒幕と呼べる存在がもう一人おり、その者が作ったとされる)『逆しまのバベル』突入直前、ラインフォルト社クロスベル支社にてティータはエリカとともにオーバルギアの最終チェックをしていたが、ティータの確かな成長を目のあたりにしたエリカに

親離れされるのは、淋しいわね

と呟かれるが、ティータは自分自身で選んだことと言い、エリカもティータに必ず生きて帰るようにと言って送り出した。

関連イラスト

はわわっ
ティータちゃん


- Tita -



関連タグ

空の軌跡 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ リベール王国 エリカ・ラッセル アガット・クロスナー 殲滅天使

関連記事

親記事

リベール王国 りべーるおうこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティータ・ラッセル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 570891

コメント