ピクシブ百科事典

アガット・クロスナー

あがっとくろすなー

アガット・クロスナーとは、「英雄伝説VI 空の軌跡」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:近藤孝行

概要

重剣』の異名を持つリベール王国遊撃士協会所属の遊撃士。初登場時は24歳。
「空」においては全プレイヤーキャラクター中で最高の攻撃力を誇っている。

出自

リベール王国・ラヴェンヌ村生まれ。ミーシャという名の妹がひとりおり、穏やかに過ごしていたが、「空」の10年前、「百日戦争」による戦火に巻き込まれて妹・ミーシャを失ってしまう。妹の死に責任を感じたことで、償いの方法を探し求めて村を飛び出し、その答えが見つからない憤りから荒れた生活を送った末にルーアンに流れ着き、不良集団《レイヴン》のリーダーを務めるに至ったが、その時にカシウスと出会い、返り討ちにあったこととカシウスの勧めから遊撃士になる。

空の軌跡FC・SC

アガット・クロスナー


「FC」においてはC級遊撃士であった。ボースでの空賊事件が起きる少し前に、カシウスから黒装束の男たち(情報局の特務兵たち)の調査を頼まれ、道すがら後輩であるエステルヨシュアらとも顔を合わせる。特務兵を追ってツァイスまでたどり着き、そこでエステルとヨシュアに協力し、誘拐されたアルバート・ラッセル博士を救出し、ラッセル博士とその孫娘ティータを安全な場所まで連れて避難させる役目を買って出た。
「SC」では結社《身喰らう蛇》の調査を依頼され、王国内を回る。「FC」から「SC」において結社の執行者《剣帝》レーヴェとはたびたび激突し戦っていたが、彼の正体が判明した「SC」では全く歯が立たず敗北し、手加減されていたことが判明する。そのことから一時自暴自棄になってしまうが、ティータや仲間たちの支えによって立ち直り、最終的にはレーヴェも認めるほどの剣士へと成長を果たし、最後の戦いでパーティインし、レーヴェの最期をヨシュアとともに看取った場合は。

勝ち逃げ・・・されちまったな。

と淋しそうに述べるほどだった。

これら一連の事件を「リベールの異変」と呼ばれるが、事件解決後は遊撃士に再び戻り、エステルの勧めで遊撃士を目指し始めたレイヴンの3人を特訓する一面も見せれば、ラッセル家に招かれ月一で通うという変化が起きるが、この時点よりティータの母・エリカ・ラッセルとの因縁が起きてしまい、たびたび命の危険に遭うことも。

閃の軌跡Ⅲ

やっと登場!


「空」から4年後、アガットはA級遊撃士に昇格。本作よりつけていたバンダナを外している。
エレボニア帝国の遊撃士協会を助けるため、同僚のシェラザードとともにエレボニア入りし、異変のときに共闘したオリヴァルト皇子の推薦でトールズ士官学院・第Ⅱ分校に留学したティータの付き添いも務める。14年前にリベール王国と帝国の間に起こった《百日戦役》の発端となるハーメルの悲劇の真相を探るべくと独自に動き出す。《第Ⅱ分校》のサザーラント州での特務実習では、リィンら《Ⅶ組》に協力し、ハーメルで起きた事件のことを話している。

また、遊撃士のサラとは旧知で、そのつながりよりフィーとも知己を得て、この2人とは本作よりパーティで組むことができる。

閃の軌跡Ⅳ

アガット


前作終盤で《巨イナル黄昏》が発動し、アガットもまたその抵抗のため行動しており七燿教会星杯騎士団副長トマス・ライサンダーや第Ⅱ分校教官を務めていたランディ・オルランドと合流し、《黒の工房》でのリィン救出において加勢し脱出を援護する。

その後、ドレックノール要塞に監禁されたティータと帝国皇女アルフィン救出にてリィンたちと共闘するほか、中盤・儀礼艦パンタグリュエルでのミルディーヌ公女の主宰する「千の陽炎作戦」の会席に遊撃士として出席、そこでは別行動だったエステルとヨシュア、レン、さらにはエレボニアに抵抗する近隣諸国のVIPで「空」にて共闘したクローディア皇太女や司令官となるカシウスとも再会することなった。

ここでエレボニア皇太子セドリックが結社と猟兵団《赤い星座》とともにパンタグリュエルを急襲。完全に制圧される直前、オリヴァルトが新型巡洋艦・カレイジャスⅡを伴って参上。セドリックらを撃退させた後、オリヴァルトが提唱する《光まとう翼》の一員として行動することになる。

中盤では帝国に伝わる魔女の眷属の里・エリンが結社の強化猟兵部隊に占拠されたことを知り、その中心が「空」時代に因縁があったギルバートだったため、その強襲チームとしてリィン・ティータ・ランディ・ティオ・そしてオリヴァルトとともにエリンに突入して強化猟兵・そしてギルバートを制圧している。

最終決戦では『幻想機動要塞』の障壁を生む《塩の杭》のひとつの攻略を行うべくエステル・ヨシュア・ティータ・レンとともに向かい、制圧に成功した。

人物

出自より、厳しい性格の持ち主で、遊撃士の仕事に人一倍責任感とプライドを持っており、新米遊撃士だった頃のエステル達に対しても甘えを許さなかった。
それ故にティータを10年前に亡くした妹と重ねて大切にしている。

閃の軌跡Ⅲ閃の軌跡ⅣではA級遊撃士として登場。エレボニア帝国で活動しながら百日戦役の切っ掛けとなったある事件を追うほか、同じく遊撃士であるサラフィーとも共同戦線を張ることも。
また何かと自分に懐くティータが帝国に留学したためそちらにも目をかけている。

バトルスタイル

アガットさん


『重剣』の異名にふさわしく、身の丈を超すほどの大剣を得物としており、直接攻撃を基本としながらアーツは補助に使うという「空」における典型的前衛パワーファイターである。

『閃Ⅲ』からはオーブメント・ARCUSを使用しているものの、問題はアガットのマスタークォーツ『ベオウルフ』で実はアーツ特化のマスタークォーツのため、前衛攻撃型タイプであるアガットとは相性が悪く、しかも外せないのが難点である。これはファンの考察でエリカ・ラッセルによる嫌がらせと多く言われた。

『創の軌跡』でも初期装備マスタークォーツは相変わらずベオウルフなのだが、今回は付け替えが可能となり、アガットがパーティインしたら、まずマスタークォーツを他キャラの前衛タイプのに交換するのは必須である。固定属性スロットは火×2、地×1で、この特性を生かしてクォーツを装備していくことになる。

余談

アガットのペンダントは亡き妹・ミーシャがアガットに贈るはずだった石を元にして作られており、いわば形見である。

ティータとの関係についてはただのシスコンなのだが、ティータの方はアガットに好意を寄せているためプレイヤーからはロリコン扱いされてしまうほどである。



関連イラスト

SCCお疲れ様でした
英伝らくがき詰め詰め



関連タグ

空の軌跡 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ 遊撃士協会
ティータ・ラッセル エリカ・ラッセル エステル・ブライト

関連記事

親記事

遊撃士協会 ぶれいさーぎるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アガット・クロスナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79793

コメント