ピクシブ百科事典

アニエス・クローデル

あにえすくろーでる

「アニエス・クローデル」とは、日本ファルコムのRPG『英雄伝説 黎の軌跡』の登場人物。 同作のヒロインである。
目次[非表示]

プロフィール

出身カルバード共和国
所属アラミス高等学校(1年生)
年齢16歳
身長158cm
CV伊藤美来


概要

アラミス生徒会


黎の軌跡」のヒロイン。共和国きっての名門『アラミス高等学校』に通う一年生。

シリーズ常連キャラクターのレン・ブライトの後輩であり、彼女が生徒会長を務める生徒会に所属しており、役職は庶務。クラスでは学級委員も務めている。

前作「創の軌跡」のサブエピソード「創まりの先へ」の一編「ある少女の学校生活」で「寮でレンの隣に住む後輩の女生徒」として顔が出ない形で登場。
学校で話題になるレンを快く思わない男子生徒と取り巻きに絡まれた彼女を恐れながらも助けた事が縁となり、生徒会に誘われる事となった。

一見大人しい清楚なお嬢様といった風貌だが、前述の事のように芯の強い部分がありポリシーに反した行いや間違った物言いに対して毅然と言い返すといった気概も持ち合わせている。また一度決めたら頑として譲らない部分があり、意外と押しが強い。

多忙な“父親”と向き合おうとしているのと本人が勉強熱心であることからカルバードと周囲の国の情勢を一通り把握しており、偶に高校生らしからぬ意見を述べることがある。

淑やかな振る舞いと学生離れした発育の良い美少女(フィーからは委員長並と言われている)であるため校内では幼馴染みのアルベールを含め多くの男子生徒から人気を集めているが、本人が鈍感なのと意識している相手がいるせいかその事には一切気付いていない素振りを見せている。

読書家でこれまでのシリーズで登場した小説「カーネリア」や「39」を読んでおり、セリス達との会話や「庭園」の情報を聞いた際に既視感を覚える描写がある。

幽霊等といった恐怖モノが苦手。ホラー映画の鑑賞に誘われた際には見終わった後に気絶する程。

幼馴染みで同級生のオデットがディンゴ・ブラッドがライターを務めるゴシップ誌「メルド」を愛読しており、たまに読んでいる模様。そのため意外と耳年増な面を持っており、男性陣(主にアーロン)の口から飛び出す下ネタ発言やセクハラ発言に対して首を傾げるフェリとは違い、意味を理解し咎める場面がみられる。事務所のメンバーの中では比較的常識人の類であるためか、同僚のカトルとともにツッコミ役になることが多い。



出自

母方の曽祖父は「導力革命の父」と言われるクロード・エプスタイン博士。(養子の孫娘であるので血縁関係はない) 
三高弟の一人であるL・ハミルトン博士と邂逅した際には養子であるリリヤ(アニエスの祖母)の面影があると評されている。
エプスタイン博士の手記を祖母の代から受け継いでおり、この手記に書かれた最後の一文が物語の発端となる。
スタッフによると「血筋に大きな謎がある」との事らしく今後大きな秘密が明かされると思われる。


人物・経歴

物語には序章から登場。「先輩」から紹介された情報を元に「手土産」を持って《アークライド解決事務所》を訪問したところから物語は始まる。

「曽祖父の遺産」の捜索を所長のヴァン・アークライドに依頼し、その依頼の中で首都の地区を巡り様々な人々やヴァンの幼馴染み二人と出会ったり、「遺産」の行方を知る情報屋が殺害される事件といった数多のトラブルに巻き込まれたりしたが最終的には曽祖父の遺産である《オクト=ゲネシス》の奪還に成功。

その後今後の依頼方針について、ヴァンとアニエスの間で押し問答があったが、最終的に《アークライド解決事務所》の押しかけ助手という形で今後も事務所に関わっていくこととなる。


当初は普通の一般人であった事から、ヴァンが平然と行うグレーなやり方と時折見せる「ズルさ」に顔を顰めたり頭を抱えたりしていた。
しかしアークライド解決事務所でアルバイトを始めてから彼のやり方に感化されたのか、グレーなやり方をスルーし自身も「ズルさ」や強かな面を見せるようになっていく(バーゼルでの視察研修のレポートをレンに誤魔化してもらい、オラシオンの出張業務では平日に行動する必要があったため“家庭の事情”とそれらしい表情で欠席届を出して受理させるなど)

それでも後ろめたさは残っているようで「一線は守っている」「ヴァンさんよりは厳し目に」と仲間達に弁明しているが、一連の行動を見たアーロンからは「良い感じに染まっている、その繰り返しが不良の第一歩」と茶化されている。

中盤からは羽目を外しやすいアーロンや、あらぬ誤解をして騒ぎ立てる同級生に対して笑顔で威圧するといった気の強さを見せるようになるほか、裏解決屋の仕事に対して自分なりの遣り甲斐や楽しさを見出し始め、誇りをもって業務に励むようになって行く。
その仕事ぶりとしては混乱する相手に対して冷静な態度と口調で守秘義務の有無などを話し落ち着かせたり、所長であるヴァンの言葉を継いで状況の補足説明を行ったりなど助手として業務上のやり取りも自然と行えるようになっている。



戦闘においては学校で導力杖の護身術を履修していたが実戦経験はなかったが、最初の依頼で同行した際にヴァンからシャードの戦術指南やS.C.L.Mの扱い方をレクチャーされた事と、道中の戦闘を通じて急速な成長を見せその飲み込みの速さを彼からも称賛されている。
また様々な事件を通して実戦を経験した事で状況判断能力が上がり、度胸もついたのか敵に対しても怯まず啖呵を切るまでになっている。
オラシオンの謝肉祭では幹部達との対決の前にヴァンから自身を含めた仲間達に対し“命を奪う覚悟”と、直接手を下さなくても当事者になる事を避けられない事を問われた際には毅然とした表情で「背負ってみせる」と答えた。

物語が進むにつれて自身が背負う重荷や家庭の事情など様々な場面で迷う事となるが、ヴァンの言葉や事務所の仲間達に背中を押される形で大きく成長していく。オラシオンの出張業務ではある考えを持ってパーティを一旦離脱し、結果として仲間達からもその成果を称賛されている。



出会った直後からヴァンを異性として意識している節があり、彼と自分の年齢差を確認し気にする素振りを見せていたり、ヴァンに対して「知りたい」「気にしてほしい」と思うようになっていくようになり中盤以降はその気持ちに自覚してはいるようである。そのため彼が他の異性を気にかけたり仲良くしたりするのを見るのはやはり面白くないらしく、その際には若干不機嫌な表情を見せハイライトの消えたジト目で睨む事もある。

最初に事務所に加わった為かヴァンの補佐役になることが多く本人もその事に自負を持っている面があり、後にサルバッドで出会うリゼットが自分以上に彼の補佐役をこなすのを見て嫉妬に似た複雑な感情を抱く。しかしそれでも自身の感情よりもヴァンの身の安全を優先し、彼女に同行を申し出ている。その後リゼットが事務所の正式なメンバーになった後もその有能さに劣等感を覚える場面があったが、後に諭される形で言葉をかけられた事でコンプレックスをある程度解消した。

ヴァンとエレインの会話の内容と心理的な距離の近さ、有事の際に見せる抜群の連携から二人が昔馴染み以上の関係であった事を早い段階から見抜いていた。後に二人の会話とアラミスの日程からヴァン達がアラミスの先輩である事を確信する。

ヴァンを想い彼の傍に居続けた為か、物語が進むにつれて彼の表情を窺うだけで何を考えているのかを理解できるようになっている。
そして心の内に秘めている気持ちや何らかの変化も見通せるようになり、終盤で彼がとある発言をした際に仲間達が落ち込む中、アニエスだけは誤魔化したりはぐらかしたりせずに自分達と向き合おうとしている事に気付いていた。

特に劇中最終盤は彼女の想いのおかげで良き結末を迎えられたと言ってもいいだろう。





余談ではあるが『碧の軌跡』で登場した小説「陽溜まりのアニエス」の主人公アニエスと名前は同じであり、昔両親に買ってもらった初版本を今でも愛読している。

バトルスタイル

私服アニエス


自身の得物は導力杖。授業で導力杖による護身術を履修しており、導力杖とアーツによる魔法攻撃・援護が基本的な立ち回りとなる。オーブメントの固定属性は空×2・水×1。
パラメータに関しては魔法攻撃力・魔法防御力が高い、典型的な後衛型キャラクター。特に魔法攻撃力は主要メンバー中では最も高い。反面物理関係の数値は低く、実際物理防御力は事務所メンバーの中では二番目に低い。

自身のクラフトは序盤で使えるのは回復技「ホワイトヒール」だけだが、その後攻撃タイプでは攻撃した相手からEPを吸収する「グロウハンマー」、直線状に魔法の波動を撃つ「エトワールレイ」があり、防御タイプでは自分と周囲に耐久型のシールドを張る「ジブリールガード」を習得する。また、Sクラフト「ブリリアントハイロゥ」はHP全回復、行動時HP回復と全滅回避・劣勢時の切り札として使うことになる。

衣装

アニエスの衣装も多く、DLCもわりと多い。

アニエス


電撃屋店舗特典として「旧カルバード王国風ドレス」が用意されており、100年前の王制時代の伝統的なドレスだという。

水着アニエス・クローデル


背伸びするアニエスちゃん


ほかにも水着、「4spg UNITE」なるアークライド解決事務所的制服衣装も用意されている。

最高にかわいいシーンのアニエス


なお、アラミス高校制服も用意されているが、基本的に常時着用出来るのは2周目以降になる。





















ネタバレ

出自

本名は『アニエス・グラムハート
実は現在カルバード共和国の大統領を務めているロイ・グラムハートの娘である。

大統領の娘』という立場から危険が及ぶ事を考慮し、保護プログラムを適用しており2年前から母方の旧姓である「クローデル」を名乗り普段はその立場を隠している。
この事は学園内でも秘匿されており幼馴染みであるアルベールやオデットを含む一部の者にしか知られていない。

母が亡くなり大統領という立場になって父と話す事が少なくなってしまった事を気にしている。



対人関係

ヴァン・アークライド――先輩であるレンから紹介され、依頼者として《アークライド解決事務所》に訪問。残りのゲネシスの捜索を無償で手伝うというのヴァンの言葉に恩を覚え、感謝を返すために手伝うという名目でアルバイトを志願する。ヴァンの傍に居続ける事を決め共に行動するうちに信頼関係が芽生え、彼への好意を自覚していく。後にアラミスの先輩である事を見抜いている。

フェリ・アルファイド――バイト仲間。自身にとって初めての後輩。年下であるためか姉妹のように仲が良く、首都暮らしに不慣れな彼女を良くフォローしている。偶に発育の良さを羨ましがられており、冷や汗をかいている。

アーロン・ウェイ――バイト仲間。当初はアニエス自身が所内で隠し事していたことから訝しがられていたが、ヴァンのフォローと決意表明により和解。その後は小娘とからかわれることが多いが、関係は良好。ただしフェリどころか6歳のユメがいる前でも下ネタを連発する事から、威圧して黙らせる事が多いストッパー役になっている。

リゼット・トワイニング――当初は自分が行ってきたヴァンの補佐役を奪われる形となった事で複雑な感情を抱いていた。が、リゼットと仲間として行動した事で認識を改める。後に本社側から「長期出向」が認められ、正式に仲間になった後は各種手続きのやり方を教わっている。

カトル・サリシオン――アラミスの伝統行事である「視察研修」で向かった「バーゼル理科大学」で出会う。年が近いためか仲良くなり、ヴァンに対して訝しがる彼に「人となりを知れば尊敬できる人」と伝える。後にバイト仲間になる。

ジュディス・ランスター――CIDの依頼で上水道に巣食う手配魔獣の討伐に向かった際に《怪盗》の姿で出会う。彼女の早とちりで戦闘になるが、すぐに中断。その後訪れた映画館での舞台挨拶で観客席越しで姿を拝見。後に依頼人として依頼を受け、事件の中で正体を悟る。龍來で再会した後は事務所の同僚となり、「受け継いできたものを大事にしたい」という部分でシンパシーを感じている。

エレイン・オークレール――アラミスの先輩。元々雑誌などでその存在を知っていた。ヴァンと過去にただならぬ関係であった事を早い段階で見抜く。その人となりを尊敬しているが、ヴァンと彼女の関係に複雑な気持ちになる。

ルネ・キンケイド――同じくアラミスの先輩。CIDの立場から出会った当初から素性を把握されていた。ヴァンの幼馴染みとして信頼はしている一方で、大統領付補佐官の肩書を持っている事から敬遠もしている。

レン・ブライト――寮の隣に住む先輩。生徒会長選挙の事件で知己を得たことで、自身の生徒会入りの切っ掛けとなった。レンにとってもティータやエステルと同等のウェイトを占めており、「可愛い後輩」と評されている。アニエスがヴァンに抱いている気持ちを察しており、時々揶揄われている。

オデット、アルベール――アラミス高等学校の同級生にして幼馴染み。年下のフェリにも敬語を使うアニエスが敬語無しで接する存在。幼馴染み故学校内でも秘匿している自身の素性も知っている。

ロイ・グラムハート――共和国大統領の父親。家庭では普通の父親だったが、母の死後に親子の関係は疎遠になる。娘が危険なアルバイトをしている事を知っているが、敢えて口を挟まず好きにさせている。終盤でアークライド解決事務所の面々が窮地に陥った際には援護に現れている。

関連タグ

黎の軌跡 カルバード共和国 アークライド解決事務所
ヴァン・アークライド レン・ブライト ロイ・グラムハート

エリィ・マクダエル…同じく親族が政治家を務めているヒロイン。両者ともホラーの類が苦手な事、怒った時に笑顔で相手を威圧する点も共通している。

アリサ・ラインフォルト…同じく家庭の事情で親と微妙な関係であるヒロイン。

クローゼ・リンツミュゼ・イーグレット…実家が裕福(ただしクローゼは王家の姫君、ミュゼは帝国貴族家四大名門筆頭の公女と別格であるが)で別名で名門校に通う共通点がある。

関連記事

親記事

アークライド解決事務所 あーくらいどかいけつじむしょ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アニエス・クローデル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アニエス・クローデル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1006963

コメント