ピクシブ百科事典

リゼット・トワイニング

りぜっととわいにんぐ

「リゼット・トワイニング」とはゲーム『英雄伝説 黎の軌跡』に登場するメインキャラクターの一人である。
目次[非表示]

プロフィール

年齢20歳
身長167cm
所属民間軍事会社 マルドゥック総合警備保障→アークライド解決事務所(長期出向)
CV石川由依


概要

本作のメインキャラクターの一人。
オレド自治州に本社を置く民間軍事会社(PMC)《マルドゥック総合警備保障》の広域サービスコンシェルジュ(SC)を務める女性。
容姿は水色の髪を靡かせたクールな印象を抱かせる美人だが、人当たりが良く淑やかな物腰で対応し常に丁寧語で会話を行う。着用しているMK社の制服がメイド服に酷似しているためか、メイドと勘違いされることがある。

職務態度は真面目で本業のSCの業務は勿論の事各種業務手続きもお手の物で非常に優秀であるが、職務中でもしれっと冗談を言う等の茶目っ気も持ち合わせている。そのためノリが良く悪ふざけなどにも嬉々として乗ることがあるため、普段の真面目な態度とのギャップから後に同僚となるアニエスに「もっと真面目な常識人だとおもっていました」と嘆かれている。

アークライド解決事務所》の所長であるヴァン・アークライドとは社外テスターとしてビジネスライクな関係を築いており、通信越しであるが三年近くの付き合いで彼からはその人柄と責任感の強さを信頼されている。



黎の軌跡

第二章序盤からヴァンとの通信で音声のみで登場。撃剣と《メア》の使用状況を報告する『定期査定』の時期であったため、ヴァンから使用状況のデータを送られるがバイタルとホロウコアの数値が異常な値であった為に何か問題が起きている事を察知するが、ヴァンが何も言わなかったためはぐらかされてしまう。

第三章ではアークライド解決事務所の面々が出張業務のために共和国南東にある遊興都市サルバッドに導力車で赴く直前で、映像通信でヴァンに連絡を取る。その際にヴァン以外のアークライド解決事務所のメンバーと通信の上でではあるが顔を合わせている。

その後ヴァン達がサルバッドで4spgの依頼を受けていく中で、オランピアの天使との戦闘になるが、その最中で窮地に陥った際に助けに入る形で本格登場。以後はMK社からの派遣社員としてパーティー入りを果たす。

「サルバッド映画祭」での事件解決後は、現地SCとしてサポート業務継続が必要であると判断し上層部に《アークライド解決事務所》への「長期出向」を申請。無事に申請許可が下りたことで旧市街にあるアークライド解決事務所に赴き、正式に事務所のメンバーとなった。

居住地はフェリやアーロンと同じく3階の空き部屋に賃貸契約を行っている。アークライド解決事務所の様々な事情を鑑みて一部の事項はMK社に報告しないなど柔軟な対応をとりつつサポートを行うだけでなく、メンバーに様々なサービスのテスターの協力を依頼している。
アークライド解決事務所ではサポートスタッフ及びソフトウェア担当を担うことになった。
なおその事務所入りの一連の経緯は例の如く所長であるヴァンには全く知らされておらず、出張業務終了後は元のテスター契約に戻ると思われていた為、頭を抱える羽目になった。

バトルスタイル

[黎の軌跡]リゼット


得物は大型拳銃&ブレードギア。接近戦ではブレードギアによる斬り付けと追撃での銃撃を行うスタイルである。
外見とは裏腹に、一線級の猟兵に匹敵する身体能力を持っている。事務所メンバーでは物理防御力がベルガルドやヴァンに次いで三番目に高く(女子メンバーでは最高の物理防御力)、また回避率もジュディスアーロンに次いで高いことから、パーティの盾も担える前衛アタッカーといえる。オーブメントの固定属性は水×2・風×1。
メインキャラクターの中では唯一クオーツを16個つけられる。

リゼットのクラフトには、攻撃面ではブレードで薙ぎ払う「サイレントリップ」、一直線上に銃撃を放つ「エーデルスナイプ」、対単身だが乱舞攻撃を仕掛ける「ソニックチェイサー→ライトニングチェイサー」、そしてSクラフトは自身のブレードを地に突き刺し、複数の柱状に変化させて敵の周縁上に設置させて銃撃をエネルギー弾として柱に反射、最後は上空から一撃を放つ「レディエンス・シーカー」とあり、防御面では相手の攻撃を耐久値限定ながらも完全に防ぐ「コバルトカーテン」を持ち、特筆すべきは同様の防御クラフトであるアニエスの「ジブリールガード」やカトルの「ラプラスコード」よりも範囲が一番広く、かつ前衛キャラでは唯一である。

また、シャードスキルではドライブラインに風の固定属性があることから強力なスキル「アークフェザー」を発動させやすいため、アーツを使っていくのも一手といえる。

衣装

リゼットの衣装はメイド服に似たMK社制服がデフォルトであるが、

軌跡らくがき


Amazon店舗特典DLCではバトルメイドスーツなるマルドゥック社が開発したという設定のパワードスーツが用意されている。

黎の軌跡発売まであと8日!!


他にも部屋着として青ブラウスも用意されているが、常時着用できるのは2周目以後になる。









ネタバレ

実は四肢は「擬体」と呼ばれる義肢である。第4章において、メルキオルらの攻撃でカトルを庇ったさいに、左腕と右脚がもげるという状態になるが、このときに発覚した。元々はバーゼル理科大学とMK社が協力して研究していた「生体義手」の試作品をMK社が独自の技術でアップデートした物で、超人的な出力と身体能力を持つのはこのため。
守秘義務があるため詳しい事情は話せないが、本人によるとこの「身体」を手に入れてからまだ1年弱しか経っていない模様。
通信モニター越しで三年間の付き合いがあるヴァンは彼女との会話の映像が擬似的なものであることを見抜いていた。更に嘗て撃剣の戦術指南を受けるためにオレド自治州にあるMK社に赴いた際には、リゼットには所用で会えなかったらしい。
サルバッドで「本人」と邂逅した際に彼女が見せた「勁」とは違う動きや身体加速能力を見て、その正体を朧気に察していた模様。また人の気配を察知出来るフェリからも変わった『息吹』をしている事に気付いていた。
また四肢だけでなく五感も再現されたものらしく、作中ではどこまでが義体かの明言はないが、ヴァンは「かなりの割合」で身体が機械化していると推測している。

リゼットとのコネクトイベントではヴァンと共に喫茶店に寄った際に店員のミスで常人には熱くて飲めないコーヒーを「少し熱い」程度にしか感じていない場面があった。
爆発によって露出した擬体部分を見たメルキオルからはクロスベル再事変で現れた皇帝模倣擬体の技術が使用された可能性があるとのこと。


関連タグ

黎の軌跡 カルバード共和国 アークライド解決事務所

ギリアム・ソーンダイク - マルドゥック社ゼネラルマネージャー。リゼットの上司にあたる人物だが、底知れないものがある。

シャロン・クルーガー…見た目は只のメイドだが、高い戦闘力の持ち主という共通点を持つ。
サラ・バレスタイン…同じく銃とブレードを武器として扱う帝国のA級遊撃士。


ヴァイオレット・エヴァーガーデン…中の人繋がりで同じく身体の一部が機械仕掛けになっているキャラクター。
カノン 草薙素子…身体の大部分を機械に換装しているつながり

関連記事

親記事

アークライド解決事務所 あーくらいどかいけつじむしょ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リゼット・トワイニング」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リゼット・トワイニング」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313460

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました