ピクシブ百科事典

ユウナ・クロフォード

ゆうなくろふぉーど

ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:東山奈央

概要

旧クロスベル自治州出身の正義感あふれる活発な少女。
トールズ士官学院《第Ⅱ分校》の《新Ⅶ組》に在籍し、クラブはテニス部に所属している。とても快活で物事をハッキリ言う性格。半面たまにあまり深く考えない言動があるのが玉に瑕。
実家はクロスベル西通りのアパートで家族は母リナ、双子の弟妹のケンとナナ、父はミシュラムのリゾートホテルの企画営業部門に努め、忙しく毎日帰りが遅いとのこと。
クロスベル警察《特務支援課》の活躍にあこがれ、警察学校へ通っていたがエレボニア帝国の侵略、占領されたことにより志半ばで夢絶たれた。
エレボニア帝国併合後、警察学校は軍警学校(ユウナはこの呼び名を嫌っている)となりクレア少佐が臨時で赴任してくると、彼女に推挙してもらう形でトールズ士官学院《第Ⅱ分校》へと入学してきた。
クロスベルを侵略した帝国を嫌っているが、クレア少佐には世話になっていたこともあり帝国人全てが悪人でないと理解しているので、帝国内でも場を弁えた行動をはとれる。ただし帝国の風習や文化に疎いため、皇族の悪口を公然と言うなどリィンやクラスメイトたち帝国人からしたら冷や汗が出そうな行動を度々とることがある。
同じくクロスベルから赴任してきたランドルフ・オルランドとは顔なじみでユウ坊と呼ばれ可愛がられている。
また入学初日のオリエンテーションでアインヘル小要塞Lv0攻略をすることになったのだが、突然床が空いて滑り落ちる際に不可抵抗力でクルトラッキースケベをしてしまい、いきなり出会い初めから関係が拗れてしまった。(リィンはかつての自分を重ね、どこかで見たような光景だと言っている。その後謝って和解するのところも全く同じ。)

スタイルがとても良く、作中でもよく「ナイスバディ」と言われている。梯子を登るときアンゼリカから「君はピンク派ということで問題ないだろうか」と言われるが、《第二分校》の制服時のソレはオレンジだったりする。

武器は機関銃内蔵の特殊警棒「ガンブレイカー」。トンファー主体による接近戦のストライカーモードと、内蔵するマシンガンを主体による中距離戦のガンナーモードを切り替えて戦う。

《灰色の騎士》に憧れて

ユウナは以前リィンに命を救われている。
クロスベルが帝国に併合されると、クロスベルのもう一つの宗主国であるカルバード共和国が黙っているはずもなく、空挺機甲師団の大軍勢引き連れて侵攻してきたのである。
共和国の侵攻により疎開する人が現れ、ユウナの家もケンとナナだけでもアルモリカ村へ疎開させようと運搬車両に乗せて二人を送ることになった。
しかし、運悪く途中で共和国のガンシップに遭遇し攻撃を受けてしまう。必死に逃げようとしてたが、逃げ切れるわけもなく、運搬車は大破しユウナとケン、ナナは地面に投げ出された。
己の無力さを感じながらせめて二人だけでもとケン、ナナに覆いかぶさったとき、リィンが乗ったヴァリマールによって救われたのである。
本当はリィンにお礼を言いたかったのだが、同時に無力な己の惨めさを感じてしまい、どうしても反発してしまう。
その話を聞いたアルティナから「教官に認めてもらいたかったんですね?」と指摘され、それを認めることでリィンへの蟠りが溶けていった。

クロスベルの意地と誇りを胸に

クロスベルへ演習に訪れた際ルーファスによって、ロイドたち碧の大樹事件解決の立役者たちがミシュラムに幽閉されていると知って「帝国はクロスベルの誇りすら奪うのか」と激高した。
彼ら『クロスベルの英雄』たちは帝国にとってこの上なく邪魔な存在だが、かといって彼らを害すればクロスベル市民からの強い反発が免れないため、鳥篭に閉じ込めて飼い殺しにするという形でそのまま歴史の舞台から忘れ去られてもらうことにしたのである。
その事実にしばらくショックで寝込んでいたが、政府の命令を受けて調査を開始したリィンの代わりに《新Ⅶ組》のメンバーから「憧れるだけでいいのか?彼らが鳥篭に囚われている今、クロスベルの意地を示せるのは誰なんだ。」と伝言を聞かされて奮起し、《新Ⅶ組》のメンバーと共にリィンたちのピンチに駆けつけた。
リィンを初め、《新Ⅶ組》や《第Ⅱ分校》の教職員との触れ合いを通じて、帝国にも《特務支援課》と同じ“魂”を持つ人々がいると知り、いつかクロスベルと帝国の双方の人々が笑顔になれる未来を探すと決めたのである。

外部リンク

英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ 公式サイト内キャラ紹介

関連項目

リィン・シュバルツァー クルト・ヴァンダール アルティナ・オライオン
ロイド・バニングス ランディ・オルランド

pixivに投稿された作品 pixivで「ユウナ・クロフォード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52336

コメント