ピクシブ百科事典

アッシュ・カーバイド

あっしゅかーばいど

ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』の登場人物
目次[非表示]

CV:前野智昭

概要

一見陽気だがどこか影のある猛々しい不良青年。《Ⅷ組・戦術科》在籍。
内戦中は愚連隊めいたチームを結成し、歓楽都市を襲った野盗団を半殺しにしつつ撃退──正規軍や遊撃士協会からも一目置かれるようになる。
しかしそれらの勧誘を全て断り、幼い日に失われた“彼の過去”を知る何者かの推薦で《第Ⅱ分校》に入学することに。
武器はヴァリアブルアクスで斧と仕込み武器で伸ばす事が出来る鎌を使い戦う。



入学当初からリィンやその生徒であるⅦ組に何かと突っかかったり学院外でトラブルを起こしがちな問題児であるが文武共に優秀であり面倒見が良く仲間が困った際のフォローによくまわっており同じ戦術科の面々からは良く慕われている。

意外にも部活は文芸部に入っておりそしてこれまた意外にも活動は真面目にこなしている、実は元々読書家でありジャンル問わず目に付いた本は片っ端から読む程である。
同じ部に所属しているタチアナには最初の頃は恐れられていたが、話が進むにつれ段々と心を許すようになりアッシュがある事件に巻き込まれた際にはアッシュの無実を絶対的に信じきる程であった。

特別実習においては主計科のミュゼと共にⅦ組と協力して猟兵や結社を出し抜きリィン達のサポートにうまく立ち回ることが出来たが、二度に渡る実習での過度の独断専行による処分として6月にⅦ組に移籍される。(元々少数であったⅦ組の補充要因という事も兼ねてある)


出身地は不明、3~4歳の頃から帝国西部の歓楽都市ラクウェルで育ち、6年前までは水商売をしていた養母と2人暮らしであった(アッシュ曰くメシマズだが面倒見が良くお人好しで強い女であったらしい、学がなかったためアッシュに色々本をすすめておりアッシュの読書家は母の教育によるものである。)


外部リンク

英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ 公式サイト内キャラ紹介



関連項目

リィン・シュバルツァー クルト・ヴァンダール アルティナ・オライオン
ユウナ・クロフォード ミュゼ・イーグレット





























※閃の軌跡Ⅲ終盤以降のネタバレあり























「・・・・・・なあ・・・・・・教えてくれよ・・・・・・
 この疼きを消すのに・・・・・・オレは"誰"を殺りゃいいんだ・・・・・・?」









実は14年前に「百日戦役」が起こるきっかけとなった「ハーメルの悲劇」で生き残った
"目の遺児"である。

その時の事件以来、事件の光景が未だに目に焼き付き、頭の中では「一番悪いヤツを殺せ」と言う声が聞こえるようになっていた。

しかし、村を襲った猟兵、首謀者(真の黒幕も含む)とことごとく処刑され行き場のない恨みが「呪い」によって増幅し、ハーメルの件を黙認した責を自ら受け入れたユーゲント皇帝に凶弾を向けたのであった。

pixivに投稿された作品 pixivで「アッシュ・カーバイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23768

コメント