ピクシブ百科事典

karous

からす

karous (カラス)とは、マイルストーン社製の縦スクロールシューティングである。
目次[非表示]

概要

  • トゥーンシェーディングを多用したグラフィック
  • 近接武器の存在
  • 戦闘中のメール
  • 繰り返し使えるボムで無敵を維持しながら進む

といった、ラジルギの流れを汲む縦スクロールシューティング
自機の武装にレベルと経験値が設定されているのが特徴。
武器は使えば使うほど強くなり、3つの武器(ショット/ソード/シールド)のレベルの総和が
そのまま得点倍率となる為、『破壊→得点→成長→更なる破壊→更なる得点』のサイクルが形成される。

以上のシステムより、弾幕STGの基本である『いかに被弾しないか』よりは『いかに成長効率の高い敵の倒し方が出来るか』が重視されるゲームである。

発売時期

アーケード版2006年11月15日
ドリームキャスト2007年1月29日
Wii2008年4月10日

ドリームキャスト版は『ドリームキャスト最後の国産ソフト』とされている。
ちなみにその前に発売されたのはトリガーハートエグゼリカ
Wii版はカラス以前のマイルSTG、カオスフィールドラジルギも同時収録。

ストーリーと世界観

天界(浮遊大陸フロゥト)に住む人々フラァと地上人ヒトとの戦争で
戦災孤児となってしまったカラスは、両親を生き返らせる為に
父の遺した言葉『神の血』を求めて地上を目指す。
しかし、カラスは『神の血』が何かも、天界と地上での陰謀も、まだ何も知らないのだった。

『天界と地上での陰謀』については、随時受け取るメールやステージ間のアイキャッチで色々な人が殺され犯され人体実験され、のえげつない片鱗を窺うことが出来る。
また、登場人物の中でマトモだと言える人物も白眼とシギ(口調だけは変だが)くらいで、後の人物は精神障害者や薬物中毒やガチ犯罪者だったり(またはそれらの被害者)で夢も希望もヘッタクレも無いドス黒い世界観が見える。(ステージ3のボス戦時の背景にも『この世界には希望だけが無い』と皮肉気味に描かれている)
モノクロや暗い色を基調としたグラフィックや重低音の効いたドラムンベースがこれらの救いようの無い世界を演出している。

関連動画

Wii 版プレイ動画(真ボス撃破込み)

関連タグ

マイルストーン STG
カラス(karous) シギ フロン タリス

以下の作品は世界観に繋がり有り

カオスフィールド ラジルギ イルベロ ラジルギノア

以下の作品は続編

Karous-TheBeastofRe:Eden-
操作自機が『ディタレント』パイロットがフロン、タリス姉妹

pixivに投稿された作品 pixivで「karous」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102986

コメント