ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カササギ

かささぎ

カササギとは、スズメ目カラス科カササギ属の鳥である。漢字表記は「鵲」。
目次 [非表示]

姿形

体長はカラスより一回り小さめの45~48cm程度。尾羽が長い。


羽毛の色は白と黒に分かれる。

お腹と、背中に近い(肩羽)と、翼を広げたとき見える羽先が白い。

あとは大体、から腿まで烏羽色。羽や尾羽の先には光沢があり、というよりに見えることが多い。色づいた部分の広さや色合いは個体差がある。

っぽいが羽毛の黒よりは薄い色。


鳴き声は「カッカッカッ」とやかましげ。

高い木の樹上電柱などに、丸いを作る。

敵が近寄ると、自分や巣がすぐさま襲われる状況ではなくとも鳥群になって威嚇するそぶりを見せる。この集団行動はモビングや擬攻と呼ばれる習性。

最近、に映った像が他の個体ではなく、自分自身であると認識できることがわかった。


生息地域は北半球のあちらこちら。

朝鮮半島ではごく身近な鳥であり、吉兆の鳥とされてきた。韓国の国鳥とされることもある。

日本にいるカササギの先祖は、海外からやって来た帰化鳥。400年程前、豊臣秀吉朝鮮出兵の頃に半島から持ち込まれたと考えられている。

北九州(佐賀平野の辺り)にしかいなかったため、日本では生息地ごと天然記念物に指定されている。ちなみに佐賀県の県鳥に指定されており、佐賀大学のシンボルマークやJ1リーグサガン鳥栖のマスコットキャラウィントスくんのモデルにもなっている。

なお近年は北海道の一部でもちらほら目撃例がある。


七夕伝説には、7日にが降って天の川が増水すると、対岸へ渡れない彦星織姫が出会えるように、何羽ものカササギが連なりの代わりを努めるという話がある(鵲の橋)。


別名・表記ゆれ

かささぎカチガラス、朝鮮烏、高麗烏、烏鵲(うじゃく)

ピカピカ(pica pica) … 学名


よく似た鳥

スズメ目フエガラス科にオーストラリアに原産の「カササギフエガラス」がいるが、カササギ同様に英名は「Magpie」(マグパイ)。

本来は森林で生育する彼らだが、市街地にも順応して巣を作る。カラス同様に子育ての時期に巣に近づいた者を執拗に攻撃する習性があり、頭を突かれて怪我をするならまだ可愛い方で、自転車事故を誘発するという恐ろしい鳥である。この行動は「マグパイ・アタック」といって非常に恐れられている。

しかも、厄介なことに駆除の対象ではないので現地の人々はヘルメットに結束バンドをヤマアラシのトゲのように配置して頭部を保護している。


関連タグ

鳥類 自然画 七夕 ウィントス カササギコンビ 七夕の国

カラス科 까치

アオサギ … 昔はカササギと呼ばれていたかもしれないらしい

関連記事

親記事

カラス科 からすか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 382745

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました