ピクシブ百科事典

里見太助

さとみたすけ

里見 太助(さとみ たすけ)とは、ソーシャルゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の登場キャラクターである。

概要

メインストーリー第1部では、里見灯花の叔父として存在が仄めかされていた。

メインストーリー第2部で名前が判明し、同時に里見那由他の父であることと、半年前に失踪して行方不明になっていることが明かされた。

人物像

民俗学者であり、魔法少女キュゥべえの存在を知っていた。娘の那由他によると彼女と共に魔法少女に関する研究を続け、その存在を一般人に知らしめようとしていたという(しかしそれが原因で妻に愛想を尽かされ、離婚されてしまった)。その調査の過程で、佐鳥かごめ神浜市の魔法少女である七海やちよに接触している他、霧峰村時女一族の集落にも訪れたことがあるため時女静香も彼の存在は知っていた。また血の惨劇が始まった頃の二木市にも訪れていた事が後に判明しており、大庭樹里によると引き際を見失って大勢死ぬかもしれない状況の時に現れて調停してくれたらしく、彼女らにとっては恩人のような存在となっている。

姪の灯花が魔法少女やキュゥべえについての知識を得たのは太助の著書がきっかけである。もっとも、魔法少女の存在を知る以前の灯花とその父は太助の研究する民俗学を無意味なものと馬鹿にしており、それが灯花と那由他の確執になっている。

ちなみに灯花の分析によると那由他を読んだメールは宝崎市の家から送られてきたものらしく、どうやらわざと雲隠れしている模様である。

これまで『魔法少女まどか☆マギカ』の関連作品において魔法少女を目撃したり、魔女に襲われたり、戦いに巻き込まれたりした一般人は少なからず存在したが、魔法少女やキュゥべえについて具体的な知識を持っていたと考えられるのは彼が初めてとなる。










以下はネタバレ



















そして第4章にてとんでもない手紙を那由他に送ってきた。それは・・・




「那由他、パパはもう諦める事にした。魔法少女を救う手立てはどこにもない。」




何故彼が魔法少女を救う事を諦めたのかは不明である。

関連記事

親記事

マギアレコードに登場する一般人の一覧 まぎあれこーどにとうじょうするいっぱんじんのいちらん

pixivに投稿された作品 pixivで「里見太助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5425

コメント