2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

里見太助

さとみたすけ

里見 太助(さとみ たすけ)とは、ソーシャルゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

「私だけではどうにもならない
だから力を貸してくれ那由他
他でもない君をこの魔法少女という軛から
解き放つためなんだ」

概要

メインストーリー第1部では、里見灯花の叔父として存在が仄めかされていた。

メインストーリー第2部で名前が判明し、同時に里見那由他の父であることと、半年前に失踪して行方不明になっていることが明かされた。
また、一般人でかつ男性でありながらメッセージウィンドウの名前表記が下の名前のみになっているという主要キャラクターとして扱われている。
あわせてグラフィックもモブ相当の単色ではあるものの、専用のものが用意されている。
…だったのだが、8章で兄と同様専用のグラフィックに変更されその容姿が完全に判明した。
物語上重要な立ち位置にいるとはいえメインの魔法少女以外のキャラ(それも男性)で専用グラフィックが導入されたのはこれが初の事例である。

人物像

民俗学者であり、魔法少女キュゥべえの存在を知っていた。娘の那由他によると彼女と共に魔法少女に関する研究を続け、その存在を一般人に知らしめようとしていたという。しかし妻とは喧嘩が絶えず、那由他が願いで母を穏やかにしたところ、かえって不和が表面化して離婚してしまった。

調査の過程で七海やちよに接触している他、霧峰村時女一族の集落にも訪れたことがあるため、時女静香も彼の存在は知っていた。また血の惨劇が始まった頃の二木市にも訪れていた事があり、大庭樹里によると引き際を見失って大勢死ぬかもしれない状況の時に現れて調停したらしく、彼女らにとっては恩人のような存在となっている。

午前0時のフォークロアのメンバーにとっても太助は精神的なよりどころとなっており、中でもリーダー格の氷室ラビは強い影響を受けている。

上述の土地以外にも各地に調査に行っているようで、フランスに出向いてジャンヌ・ダルクの伝説(『魔法少女たると☆マギカ』にまつわる物語と思われる)についても調べたことが分かっている。

この他民話や寓話を集めた海外の書籍の翻訳にも携わっており、そのうちの一つに児童書「さよならの寓話」シリーズの一つ「オトラントのうみべで」がある。この本は入名クシュが好きな本であり、彼女が初登場した八雲みかげのバレンタインストーリーでも触れられる他、彼女が主人公のイベント「Only_Dreamers」でもストーリー上の重要な要素となっている。

姪の灯花が魔法少女やキュゥべえについての知識を得たのは太助の著書がきっかけである。もっとも、魔法少女の存在を知る以前の灯花とその父は太助の民俗学を無意味なものと馬鹿にしており、それが灯花と那由他の確執の原因になっている。

これまで『魔法少女まどか☆マギカ』の関連作品において魔法少女を目撃したり、魔女に襲われたり、戦いに巻き込まれたりした一般人は少なからず存在したが、魔法少女やキュゥべえについて具体的な知識を持っていたと考えられるのは彼が初めてとなる。

そして第4章にてとんでもない手紙を那由他に送ってきた。それは・・・

「那由他、パパはもう諦める事にした。魔法少女を救う手立てはどこにもない。」

7章では灯花は今まで訪れた地域で滅びを見たのではと推測しており、章の最後には神浜市長と兄の前で魔法少女の存在を全否定する。

その後の8章では市長の力を借りて魔法少女の存在を広めたかった兄の計画が頓挫しており、兄と口論に。兄が太助の話を信じたのは娘の灯花が太助の研究資料を集め、魔法少女について学習している姿を見たのと娘が魔法少女になり、病気を治した事を知ったから。そしてそんな娘を救いたいからである。
対する太助は一般人が魔法少女に出来る事は延命しかないと反論した。

後日灯花とねむと出会い、魔法少女の事を広める活動の中止を訴えるが二人もまたそれを止めるつもりは無いので、何か行動する前に必ず自分に連絡を入れろと言い残し、事前に那由他にした約束通り彼女の家で娘と対談する事に。

何故魔法少女は人類の進化と歴史を左右してきたのに歴史の陰に隠れてきたのか、何故どの文献でも夢や幻、神話や英雄譚のようにしか扱われないのか。
自分達の活動や願いを人々に語らず、当然のように正体を隠すのは何故なのか。魔女や魔法少女と戦っているのに平然と日常を生きているのか、それらが不自然な死の原因なのに何故一般人は関心を抱かず、真実を知ろうとしないのか、数年前に神浜市で魔法少女と出会い、その疑問を抱いた事を明かす。

それでも魔法少女の存在を広めるべく上巻の執筆後に下巻に着手するべく湯国市を訪れ、市民が魔法少女の存在を知っている事を知るが、これを機に仮設が証明されるまで娘の前から姿を消すこととなる。娘が争いに巻き込まれず、魔女化しないのを願って…
だが命を捧げてまで魔女との戦いに身を投じ、酷い現実に直面してもなお魔女にならなかった那由他からは猛反発を喰らう。
太助がここに戻ってきたのも、魔法少女を救う為に出来る事を書いた下巻の内容を修正する為だった。

そして太助は魔法少女の存在を広める事で絶望が生まれるという仮設を証明するので理解するのなら午前0時のフォークロアの拠点である南凪の水族館に来いと誘う。そして一緒に湯国に戻り彼女達に何が起きたかと自分の考えを話すつもりである。
もし家に残るならただ事の成り行きを見守れと娘に手紙を残した。またここで話した事は更なる分裂が起こる危険な要因なので他言無用と書いてあった。

那由他は太助について行く事に。だが灯花からねむと一緒に魔法少女の存在を広める最高の作戦を練り上げられたと連絡が入り、湯国に行くのを中断した。

活躍

メインストーリー

第1部『幸福の魔女編
第10章『浅き夢の暁
里見灯花の叔父として言及されている。灯花が太助の著書「魔法少女 その希望と絶望(上)」の原稿を父に隠れて読んだことをきっかけにねむういと共に3人で魔法少女となり、自動浄化システムを作り上げていろはを魔女化の運命から救おうとするが、計画は失敗しその後の神浜の混乱を招くことになった。

第2部『集結の百禍編
序章『はじまりの記し
声のみの登場。魔法少女になろうとするかごめの前に現れ、考え直させたうえで魔法少女について記すように勧める。

第2章『微笑みと火花
娘の那由他と使用人のラビを神浜市に住まわせる。那由他への半年ぶりの連絡だった。
このころには魔法少女の救済を諦めていて、魔女化しない神浜で那由他を静かに生活させながら、ラビに神浜の魔法少女の動向と仮説(後述)を検証させるのが目的だった。

第3章『内なる常夜の夜明け
那由他を神浜に呼んだメールが宝崎の自宅から送られたことが判明する。那由他は太助がわざと姿をくらましているとの疑念を抱く。

第4章『彼方の群青
父の手掛かりに一歩近づいた那由他に、「魔法少女を救う手立てはどこにもない」との手紙を送る。

第5章『揺れて恋歌に霞む理想
湯国市に向かった那由他と民宿で会うことになったが、突然キャンセルしてしまう(後に嘘だったことが判明する)。


以下はネタバレ












太助が魔法少女の救済を諦めるに至った経緯が灰色革命で明らかになった。
彼が魔法少女を調査する過程でたどり着いたのは

宇宙を維持するエネルギーを生み出す魔法少女を絶やさないために、人々に魔法少女を認識させないのが宇宙の意思
そこから外れて行動しようとする者は宇宙の意思によって排除される

という仮説だった。
そしてそれを証明するような出来事が湯国市で起きてしまうが、最後にもう一度仮説を検証するために佐鳥かごめらが活動する神浜市へ午前0時のフォークロアを遣わす。

イベント

灰色革命
第2部1章の直前の出来事と思われる。
湯国市に訪れていた際にオールフェストでゲストとして参加、その後、魔法少女が一般の間で知られている事を知り、ラビと出会い、また黒田達撲滅派に袋叩きにされる三浦旭を庇う。
擁護派と共に魔法少女を守ろうと色々と活動をしたが結局擁護派は壊滅し、うららが魔法少女になるのを止めようとするも失敗、結局魔法少女は湯国市から完全に敵とみなされてしまった。

と言うか魔法少女に肩入れしている以上、彼も今ではくらら達撲滅派から敵視・攻撃されている可能性もある。

関連タグ

里見那由他:娘
里見灯花:姪
氷室ラビ:湯国市での一件の後、神浜市に向かった娘の使用人兼ボディガードを依頼する
午前0時のフォークロア
杏子父鹿目知久:魔法少女の父親繋がり

抑止力(TYPE-MOON):彼の仮説と似たような働きをもつ見えざる力。世界の維持をするという点で共通している。

関連記事

親記事

マギアレコードに登場する一般人の一覧 まぎあれこーどにとうじょうするいっぱんじんのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「里見太助」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「里見太助」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35897

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました