ピクシブ百科事典

ユメミルサクラ

まぎれこさいばんかいてい

「ユメミルサクラ」とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の期間限定イベントの一つ。
目次[非表示]

本記事には『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』メインストーリー第1部最終章までの重大なネタバレがあります。
ネタバレOKまたはプレイ後の閲覧を推奨します。


























































概要

2019年3月25日4月8日に開催された期間限定イベント。ストーリーはチームみかづき荘やアリナを除いたマギウスや翼の面々、万年桜のウワサ(同年3月25日実装)が登場し、時系列は第一部完結直後となっている。前半パート(第1話〜第10話)が3月25日、後半パートが3月29日に配信された。

期間中は高難易度のチャレンジクエストや、万年桜のウワサの限定ガチャが登場した。

あらすじ

マギウスの企てが失敗し、組織は壊滅した。しかし、マギウスと、マギウスが呼んだワルプルギスの夜によって、魔法少女、一般人を問わず大きな被害を受けた。直接の死者は出なかったとは言え、神浜市中央区の中心地が瓦礫と化し、その他の地域も大なり小なり被害を被る大惨事だった(一般人には自然災害としか認識されなかったが、市長は初動対応の遅延を追及され、辞任に追い込まれた)。

マギウスの首謀者である、灯花とねむへの他の魔法少女たちから視線は、当然厳しかった。
いろはたちななみけは、アリナはともかく、ういの大親友である灯花とねむに厳しい処分を下したくはなかったが、他の魔法少女たちがそれで納得するとは思えなかった。

そこで、ねむと灯花からの申し出で、万年桜のウワサを裁判官に立てて模擬裁判を行い、マギウス・マギウスの翼の幹部及び重要協力者から、行方不明のアリナ・グレイを除いた6人への責任を取らせることになった。
「ウワサは内容通りに動く」ので、万年桜を裁判官のウワサに仕立てれば、私情に囚われずに「判決」を出せるというのがねむと灯花の言い分だった。
そこで、ななみけと話し合った結果、以下の進行で「裁判」を行うことになった。

  1. 一審 万年桜のウワサに法律などの概念を入力し、罪状と情状酌量可能な事情から、そのまま「判決」を出す。一審とあるが、実質的な審理は行わず、求刑と「判決」を同時に出す。(つまり、万年桜のウワサは検事と判事を兼ねている)
  2. 二審 神浜の魔法少女たちに、一審判決に対する意見書を提出させる。意見書の内容次第で、再度「判決」を出す。ただし、「回収率が著しく低い場合は事件性の認識が薄い」として一審「判決」で確定する。
  3. 三審 二審「判決」の賛否を問い、総員の過半数の反対がある場合に限り行われる。この時のみ、代表者3名(誰を指すのかは不明)による合議で「判決」を確定させる。
  4. 「判決」が確定した時点で、万年桜のウワサが刑を執行する。

「被告人」となった6人への一審判決は、以下の通りだった。

  • 里見灯花:極刑ソウルジェムの破壊)
  • 柊ねむ:極刑
  • 梓みふゆ:無力化刑(魔法少女変身すると即死)
  • 天音月夜:制限刑(魔法少女変身すると痛みを伴う)
  • 天音月咲:制限刑
  • 八雲みたま:条件付無力化刑(調整屋施設内での変身のみ許可)

模擬とはいえ遊びでは無く、「極刑」は文字通り「死刑」である。
とはいえ、実際の法律を参考にする以上、ななみけも、ういも、『小学生が極刑になるはずが無い』(日本で14歳未満に可能な処分は少年院送致のみ)と安心しきっていた。ところが、あっさり「極刑」を言い渡されたので狼狽したが、灯花もねむも平然としていた。
やちよ曰く「今回の一件、間違いなく年齢の概念がない」「判決は、小学生に出すものじゃないわよ」。灯花曰く「実はそんなに影響はないと思って入れてなかっただけだよ

そして二審が始まるが、意見書は一通も届かず、やちよ達は急遽手分けして意見書の回収に走るが、万年桜のウワサは判決に従って6人を処刑しようとした。


























以上は全て、灯花とねむが仕組んだ茶番だった。年齢の概念を入れなかったのは、極刑「判決」を受けるため。そして意見書を他の魔法少女に送付するに当たって、受付期間を絶対に二審に間に合わないように改竄し、確実に極刑が執行されるようにしていた。「わたくしたちと一緒にいると、ういの迷惑になっちゃう!」と判断した二人は、自ら死を望んだのだった。

すんでの所で、意見書の回収が進んでいるというやちよ達の連絡が来たため、いろはは日付改竄の形跡が無いか調べるように万年桜に要求した。万年桜は、改竄の立証を条件に、「ウワサに反しない」と判断して執行を思い止まることができた。

届けられた意見書は、「死んでって言ってしまいそう。けど大丈夫、顔さえ見なければ平気」といった内容を含めて、極刑は重すぎるという意見が大勢を占めた。その結果、二審ではそれぞれ減刑された。

  • 里見灯花:無力化刑
  • 柊ねむ:無力化刑
  • 梓みふゆ:監察(執行猶予)
  • 天音月夜:無罪
  • 天音月咲:無罪
  • 八雲みたま:監察

二審「判決」への反対意見は過半数に満たず、そのまま確定した。また、他に素性の判明した羽根への処分を要求する意見もあったが、人手不足を理由に天音姉妹の例にならって無罪(不起訴処分)となった。

その他の、一般人には自然災害として現れた被害は、魔法少女に裁ける内容ではないとして審理は行われずに終わった。

問題点

裁判としてみると、そもそもまともな審理が行われていない。弁護士役も存在しない。また、他の魔法少女が裁判に介入できるのは意見書だけで、証人尋問が予定された跡もない。いろは達のお手盛りに見えても仕方のない内容だった。

また、灯花とねむの態度は一見潔いようで、「他の魔法少女を騙して、意見書を無かったことにして刑を執行させる」「最初から他の魔法少女の意見を聞くつもりはない」という、非常にまずいものだった。早い話が、「意見書を出させるといったのに勝手に処刑した」ことへの反感や不信が、ななみけや、ういに来かねないやり方だった。さらに言えば、少年犯罪への減刑は18歳まで対象になるので、19歳のみふゆ以外の他の「被告人」も巻き込んで、より重罰を受けさせようとしていたことになる。



そして、一番マズかったのは意見を聞いた魔法少女は神浜市の魔法少女だけで、神浜市外の魔法少女は、一切蚊帳の外だったことである。後のイベントから察するに、遠方の魔法少女は何も分からない状態のまま放置され、市外近隣の魔法少女も全てが終わってから結果だけ知らされたようである。
マギウスは神浜市外から魔女を誘引していたし、マギウスの翼に参加した羽根たちも、神浜市外の魔法少女が大勢いた。しかしこれで、マギウスがどこまで広範囲に影響を与えたかは、審理されることなく終わってしまった。

件のイベントはマギレコ世界的・メタ的の両面で、この万年桜法廷のマズさが起因して生まれたものであり、もしも法廷が広く魔法少女たちから証人や意見書を募っていたら、第2部の展開は違うものになっていたかも知れない。

遊び方

通常のクエスト(メインストーリー、アナザーストーリー、魔法少女ストーリー、強化結界、覚醒結界)をプレイしてアイテム「メモリーピン」を入手し、これを消費して本イベントのクエストをプレイ。本イベントのクエストで「ヘルプアンケート」を入手し、ショップで限定アイテムと交換する、という流れとなっている。

登場人物






関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
万年桜のウワサ

BackNext
Last Magiaユメミルサクラミラーズランキング

関連記事

親記事

マギアレコードのイベント一覧 まぎあれこーどのいべんといちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユメミルサクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3592

コメント