ピクシブ百科事典

生業のドッペル

なりわいのどっぺる

生業のドッペルとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(ドッペル)の一体である。
目次[非表示]

見ない…………ワタシは何も!

概要

生業のドッペル
その姿は、鳥捕り。
この感情の主は現実を生きるため、この一体型ドッペルも含めたあらゆるちからを利用する。
地面に落ちた自らの影から「白糖雁」と呼ばれる無数の鳥型手下を呼び出し相手を攻撃する。
白糖雁はぶつかるだけで対象に甘味を認識させ、一度その味を知ってしまった者は中毒症状を引き起こす。
その特性から少量を相手にぶつければ多少の嘘偽りなら許して貰える。
舌と両腕がドッペルに変化するため、ドッペルを出している間は喋ることができない。
(『マギアレコード』内アーカイブ「ドッペル一覧」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
分類生業のドッペル
真名hevelius
姿鳥捕り
元の魔法少女梓みふゆ
キャラクターデザイン原案・監修:劇団イヌカレー泥犬


外見

みふゆの舌と両腕が変化し、上半身が複数のカーテンや布で覆われる。

重厚なシルエットや色合い、一見角のようにも見える腕から、実装時期もあって某ロシア皇帝を連想した者もいるという。

特徴

上部にある紐で出来た手のようなものを振らすと、鳥のようなものが次々と落ちてくる。最後は巨大なチャクラムが落ちてきてフイニッシュ。説明文によればこの鳥は「白糖雁」という甘い鳥である。
また一体型のドッペルらしい。恐らく年齢が(魔法少女にしては)高めだからであろう。

ゲーム上の性能

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[Ⅸ]必ず幻惑(敵全・2T)バフ解除(敵全)


★5に覚醒した後、固有技「ドッペル」として使用可能となる。

その他

名前の由来は、ドイツの天文学者・ヨハネス・ヘヴェリウス(外部リンク)
からかもしれない。ファンの考察によれば、星の観測者であるのは、七海やちよ=数多くの星座・銀河を旅して渡り姿を消してしまったカンパネルラをヨハネスはそんな姿を見守る(ことしか出来ない)という意味が含まれているのかもしれない。
また、説明文から、宮沢賢治銀河鉄道の夜に登場する鳥捕りの人がモデルの可能性がある。(鳥捕りの人は作中で、雁の形をしたお菓子をジョバンニカンパネルラにあげている
攻撃に白砂糖の雁を使っていることと、幼馴染みのやちよのドッペル名が、銀河鉄道の夜の主人公の一人Campanellaであることから、可能性は高いと思える。
ジョバンニの女性名のドッペルを持つ環いろはとカンパネルラがドッペルの真名のやちよを親切心から施しを行う(手助けをする)立ち位置が鳥捕りの人と酷似している

関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ 梓みふゆ
ドッペル(マギアレコード)

銀河鉄道の夜

pixivに投稿された作品 pixivで「生業のドッペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443

コメント