ピクシブ百科事典

す~ぱ~ぷよぷよ

すーぱーぷよぷよ

ぷよぷよシリーズの一番最初の作品。なお、この呼び方はスーパーファミコン版の呼び方である。
目次[非表示]

なお、ぷよぷよ全体に関する記事はぷよぷよ参照。
この項目は初代もしくは無印ぷよぷよの記事である。

無印ぷよぷよ

旧世代ぷよぷよ(コンパイルの製作したぷよぷよ)シリーズの最初のシリーズ。
厳密にはこの作品より前に、さらに元祖としてプロトタイプとなるMSX版・ファミコンディスク版が存在している。この頃はぷよは6色、CPU戦無し、対人戦・とこぷよ・なぞぷよのみ。さらに対人戦はぷよがランダムとまだルールが練りこまれていなかった。

現在のような対戦メインの「初代ぷよぷよ」の原型となったアーケード版はコンパイル開発でセガから登場。
当時は珍しい対戦型メインのパズルゲームであり、『魔導物語』からのゆるいキャラと漫才のようなデモで人気となった。
なお、当時のアーケードは対戦モード(対CPU・対人)のみで、とことんぷよぷよは存在していなかった。
これの移植として、メガドライブ・ゲームギア・PC98にも移植。こちらはとこぷよが復活されている。

そして、本項のスーパーファミコン版『す~ぱ~ぷよぷよ』はその後にバンプレストから発売。
「す~ぱ~」と付いているのは当時のSFCソフトによく「スーパー」と付いていたのと同じような一種の枕詞で、実際には初代ぷよぷよそのままの移植である。
このSFC版は売上本数約170万本という初代全機種の中で最も大ヒットした作品となった。
ちなみに画面比率が他の機種と違い少し狭いため、敵のグラフィックは敵フィールド内に表示されるようになっていたりするが、それ以外はほぼ完全な移植である。

上記のようなヒットにより一大ブームを築き上げ、様々な機種へ移植を重ねたり、続編『ぷよぷよ通』が登場し再びヒットしたり、漫画など様々な派生作品が登場したり、本家であるはずの『魔導物語』よりぷよぷよが有名になってしまったり、それにより大きくなりすぎたコンパイルが……など色々な出来事があるのだが、それについては省略。


発売機種一覧

さまざまな機種で発売されている。初代当時はコンパイルの名前はあまり表に出ていなかったため、発売元は機種によって異なる事が多い。
現在はセガが版権を持っているため、再発売や配信は基本的にセガからのみ行われている。

  • アーケード版(2011年4月12日、Wiiのバーチャルコンソールアーケードで配信開始。新たにニンテンドーWi-Fiコネクションによるネット対戦も可能。)
  • メガドライブ版(2006年にWiiのバーチャルコンソールで配信開始)
  • ゲームギア版
  • PC-9801版
  • スーパーファミコン版
  • FM TOWNS版
  • PCエンジン版(ぷよぷよCD):本機種のみ豪華声優陣を起用している。
  • X68000版
  • ゲームボーイ版
  • Windows3.1版(ぷよぷよ for Windows)
  • Windows95版(ぷよぷよ for Windows95)
  • Macintosh PPC版(ぷよぷよ for Macintosh)
  • CX-100版
  • U1版
  • Windows CE版(ぷよぷよ for CE)
  • Windows CE版(ぷよぷよ for CE2)
  • S!アプリ 50K版
  • S!アプリ 256K版(ぷよぷよ豪華版)
  • ウィルコム版

なお、これ以外にも『ぷよぷよBOX』にメガドラ版の移植が『通』同様収録されている。

登場キャラクター

キャラクターに関する詳しい説明は各キャラクタータグにてご確認ください。
カップリングについてはぷよぷよカップリングタグ一覧参照。

主人公アルル・ナジャ
相棒?カーバンクル
難易度やさしい限定スケルトンTナスグレイブマミー
難易度ふつう限定ドラコケンタウロスすけとうだらスキヤポデス
難易度ふつう・むずい道中ハーピーさそりまんパノッティゾンビウィッチぞう大魔王シェゾ・ウィグィィミノタウロスルルー
難易度ふつう・むずいラスボスサタン

関連タグ

ぷよぷよ 魔導物語 コンパイル(企業)

pixivに投稿された作品 pixivで「す~ぱ~ぷよぷよ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7316

コメント