ピクシブ百科事典

スケルトンT

すけるとんてぃー

魔導物語・ぷよぷよに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「お茶~っ!!」

CV一覧

その他、声優が不明な作品は当時のコンパイル社員などが声を担当。

概要

骸骨男で、お茶(中でも日本茶が大好物)が大好き。
作品によっては骨の隙間からお茶が出たりする。
『ぷよぷよ』シリーズでは一貫して対初心者用キャラとして設定されており、ぷよぷよを回転させることすらできないという半ば勝負の可否以前の問題を抱えた弱キャラである。
(ただ、『す~ぱ~ぷよぷよ』ではごく稀にバカみたいな大連鎖で引き当てることもある)

ぷよぷよSUN』では対戦モードでプレイヤーキャラとしても選択でき、その際の連鎖の掛け声がすべてお茶の種類と、徹底してお茶に重点を置いている。
ぷよぷよ~ん』では回転できないことを逆に活かし、回転しないで積んでいくほど攻撃力が上昇する(最大4倍)特技「スーパーダイナミックお茶ボンバー」を身につけた。
また、GB版『ぽけっとぷよぷよ~ん』では逆にこちらを回転できなくさせる「ほねののろい」を使ってくる。

しかしながら『魔導物語』では結構イベント戦やボスキャラを務めている。
序盤に出てくることが多いが、熱冷どちらも普通で明確な弱点も無く意外と強い。
たまに自身の骨を投げて攻撃してくる。当たり前だがそんなことしたら当然体が崩れる。
ちなみに絵がリアルなPC98版『魔導物語1-2-3』ではお茶要素が一切なく、剣と盾を持ったスタンダードな骸骨剣士の姿だった。こちらのTはTrooper(兵士)の略なのではという噂も。
はなまる大幼稚園児』では園児アルルのライバルすけとうだらJr.の子分。軍団員であるJr.・ナスグレイブミニゾンビらと同年代らしい。
また彼の他に別個体として、お茶の代わりにドリンク剤を持った派生キャラ「スケルトンD」も登場する。
その手に持つのはリポビt・・・おっとここまでにしておこうか。

アンソロジーコミカライズなどでは、「ぷよぷよが回せない」「お茶好き」という設定から、気さくな老人キャラとして扱われることが多い。
結構初期の頃から一貫して大体話は聞いてるようであんまりまともに聞いてない事が多い。
モンスターでありながらもすけとうだら同様に人気がそこそこ高く、コンパイル時代は多くの『ぷよぷよ』『魔導物語』シリーズでレギュラー的に登場していた。

スケルトンT


セガぷよでは『フィーバー』以降、同じ骨のおしゃれコウベにその役を譲っていたが、
ぷよぷよ7』では久しぶりに復活し、3人に増えて登場する。ちなみに声優はサタン様と同じ。
さすがに絵柄的にまずかったのか骨のみの姿ではなくなり、黒い全身タイツに近い姿になっている。
だいへんしんでも姿は変わらず、メインキャラが入れ替わるのみ。
ストーリーモードでは序盤でしつこいほど何度も戦うことになる。
しかし『ぷよぷよ!!』からは再びリストラされてしまい、ぷよ本編で骨キャラがついに居なくなってしまった。
(「回転できない」という役目は『ぷよぷよ!!』ではドラコケンタウロスおにおんに引き継がれ、『ぷよぷよテトリス』ではNPC化されたおにおんに代わってオーが引き継いでいる)

後に『ぷよぷよ!!クエスト』の限定カード「ほっこりスケルトンT」として登場。
こちらは一人になっており、上記の『ぷよぷよ7』の3人とも少し違うようだ。

関連タグ

ぷよぷよ ぷよぷよ通 ぷよぷよSUN ぷよぷよ~ん ぷよぷよ7 魔導物語
骸骨 スケルトン お茶

pixivに投稿された作品 pixivで「スケルトンT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46710

コメント