ピクシブ百科事典

ほうじ茶

ほうじちゃ

緑茶の一種。漢字だと「焙じ茶」。

茶葉赤茶色になるまで強火であぶった(=焙じた)お茶
焙煎することによって独特の香ばしさが生まれるほか、お茶特有の苦みや渋み、それにカフェインも軽減されるため、基本的にあっさりとした口当たりが特徴。
また、胃や喉に与える刺激も少なく、前述の理由によりカフェインの含有量も比較的少ないため、緑茶の中では苦みや渋みが苦手な人や小さな子供、または強い刺激の飲料を好まない年配者などにとっても飲みやすい部類に入るお茶といえる。

ほうじ茶は日本の緑茶において、最高級の玉露煎茶などに比べると格下とされ、高級品とは見做されない傾向が強く(上質な茶葉を選りすぐった高級なほうじ茶ももちろん存在するが)いささか地味な存在であるが、前述の通り飲みやすく人を選ばないため愛飲者も少なくないほか、オフィスや飲食店に設置されている給茶機などでも、煎茶と並んでおなじみのお茶となっている。

現在の製法が確立したのは大正時代で、日本茶の中ではかなり新しい(京都で京番茶の製法が洗練されてできたのが現在のほうじ茶である)。

関連タグ

 緑茶 戸増宝児特捜戦隊デカレンジャーの登場キャラ。名前がほうじ茶に由来する。
アーチャー(フラグメンツ)…アーチャー(弓兵)クラスのサーヴァント。宝具(必殺技)の特性ゆえについたあだ名がほうじ茶ならぬ宝死茶である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ほうじ茶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29934

コメント