ピクシブ百科事典

スキヤポデス

すきやぽです

スキヤポデスとはインドにいたという異形の人種。※メインイラスト右上
目次[非表示]

概要

1世紀のプリニウスの『博物誌』に、紀元前5世紀の冒険家でもあった医師「クテシアス」が言及したと記述される、インドに住むという一本足の民族。スキアポデスモノコリとも呼ばれる。
足は一本しかないが機敏に跳ね回ることができ、暑くなると背中から寝そべり、大きな足を日傘のように使い日差しから身を守るといわれる。名前の意味はギリシャ語でそのまんまの「影足」という意味である。

創作での扱い

魔導物語ぷよぷよシリーズ

疲れを癒す


「スキヤポデス」というと、この作品が特に有名である。
赤ちゃんのような服を着た小人で、デカい足にコンプレックスを抱いているので指摘されると怒る。「三十文キック」を得意とし「にばーい」と分裂して連続攻撃する技も持つ。
帽子に黄色い装飾があるので、MSX版の『魔導物語』ではアルル・ナジャひまわりだと勘違いされている。
PC-98版の全裸でリアルな姿は原典に近い。

この記事のメインイラストも含めて、pixivの投稿もほとんどがこのキャラクターである。

pixivに投稿された作品 pixivで「スキヤポデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 674

コメント