ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ラフィーナ

らふぃーな

ぷよぷよフィーバーシリーズの2人目の主人公。良家に住む勝ち気で高飛車のおじょうさま。  
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. ゲーム「ぷよぷよフィーバー」の登場人物。本項で解説。
  2. 小説「ティアムーン帝国物語」の登場人物→ラフィーナ・オルカ・ヴェールガ
  3. ゲーム「ブラウンダスト」の登場人物→ラフィーナ(ブラウンダスト)

プロフィール編集

「汗を流して、さらに筋力アップですわ!

しかも美容にもいいんですの♪」


「花のように…

いえ、花よりも美しく舞ってみせますわ!」


「相手になるのかしら?」


「覚悟はよろしくて?」


誕生日7月25日生まれ
星座しし座
血液型A型
好きなものエステ
苦手なもの無し(と、本人は言っているが、実はバルトアンデルスが苦手)
特技格闘
タイプとにかく大連鎖タイプ
CV並木のり子
舞台版役者木下彩
テーマ曲More beautifully!More strongly!(15th)、I'm Elegant, Graceful and Powerful !(20th)

概要編集

メインキャラクター3人の一人でシリーズお馴染のARSのRに当たるキャラクター。

成績優秀だが、美を求めるために日々格闘を鍛錬中。由緒正しい良家の三姉妹の末っ子で、先天的に自力で魔法を扱うことは出来ないが、その代わりに体術を得意とし、腰につけたポーチで体術の力を魔導力に変換している。このことをレムレスから指摘された際に動揺していたことから、ポーチで魔導力を補っていることはあまり公にしていないようである。

プリンプ魔導学校の生徒であり、おなじ生徒のアミティをライバル視しているが、トレーニング相手として付き合うなど、仲自体は悪くはない。一人称は「私(わたくし)」。


良家のお嬢様であるためか、それ相応にお嬢様口調(「ですわ」など)で話すが、怒ったり興奮すると口調が荒くなる(その際にも「ですわ」を付けている)。

※例 (ぷよぷよフィーバー2より)「そんなもん飲めるかぁー!・・・ですわ」


本来は努力家だが、プライドが高く、誰に対しても高飛車かつ高圧な態度をとる。また、ぞう大魔王を調教してペットにしようとするなど、大胆不敵な性格をしている。

クルークとは当初から犬猿の仲であり、会う度に喧嘩が絶えない。


名前のラフィーナ(raffine)の意味は「洗練された」。

連鎖ボイスは気象関係のフランス語。


英語表記は「Raffine」と「Raffina」の2通りが存在し、前者はフィーバー~ぷよぷよ!!、後者はぷよテト以降で使用されている。

英語版『ぷよぷよフィーバー』では高笑いは「Oh-la-ti-dah!」と訳されている。


シリーズでの活躍・衣裳編集

ぷよぷよフィーバー編集

フィーバーラフィーナ

ビタミンカラーと紫のリボンがポイント。

しましまニーハイと白いケープが特徴。

頭につけたプリンプ魔導学校の校章である羽、緑色のイヤリング、腰につけた丸いポーチは、後のシリーズでもほぼ共通して身につけている。


アミティよりも高い難易度で遊ぶ際のプレイヤーキャラクターとして登場。アコール先生の飛翔の杖を探すため気合を入れるが、アミティに負け、後れを取る。その後何とか杖のありかにたどり着くが、そこで秘密を知る事になる。

『ぷよぷよフィーバー ハバネロ』では、アミティに誘われてピクニックに行くことになるが、途中で迷子になり、探してるうちにオリジナルの方の『はらはらコース』とほぼ同一のシナリオになってしまう。アコール先生の飛翔の杖を探しに行く。


最終的に飛翔の杖を手に入れたラフィーナは、アコール先生にご褒美をねだるが、アコール先生はラフィーナに「では、後ろを向いて?」と言った後、ラフィーナの記憶を消すべくポポイハンマーでラフィーナの頭を殴った。その瞬間に発した言葉が「ハラホレヒレハレ~」と、以前の作品に登場したハーピーと同じセリフとなっている。


ぷよぷよフィーバー2編集

ラフィーナ!

オレンジ・イエロー・紫の配色はそのまま、白いセーラー襟に変更。しましまソックスはひざ下の長さに。

スカートもプリーツが入っている。


前作同様プレイヤーキャラクターとして登場するが今度は3人の難易度ごとのストーリーがあるのでラフィーナだからはらはらコース限定ということはない。わくわくコースではオトモから王子様を探す事を依頼され、お礼を貰う事を条件に引き受ける(この時にバルトアンデルスが苦手だという事が判明する)。はらはらコースではレムレスから月の石の捜索を依頼され、最後にあやしいクルークと対決する。月の石をあやしいクルークから奪い、レムレスに返すといくつか分けてくれた。また、あやしいクルークと戦う前、クルークの体を乗っ取ったことではなく自分のビューティフル計画の邪魔をしたことに対して怒りをぶちまけた。なお、ライバルであるアミティとの対決は、本作では彼女とアミティのるんるんコースでしか見られない。


ちなみに、この作品のみアミティとは別のクラスとなっている。


ぷよぷよ!編集

00014

他のキャラクター同様に優勝のメダルを目標に8人の相手と戦う専用のストーリーが存在し、彼女の強い美意識がよくわかる。彼女と風貌が似ているルルーは本作で初登場し、ラフィーナも新しい格闘の先生だと期待していたが、直接対面するシーンは見られなかった(但し同時期に登場したメダルエディションを除く)。「ドレスもバッグも持ち主の振る舞いによって美しく見える」「有言実行」などと主張した。優勝後は自分がより美しくなりたいという願いを言うが、メダルはラフィーナより美しい物がわからず不発に終わる。逆ギレするかと思えば、満足して去っていった…

しかし、ぞう大魔王をペットにしようとしたことがある。


ぷよぷよ7編集

【リク絵2回】その9

主人公あんどうりんごの通うすずらん中学校の制服を、ポーチを付けて彼女らしく着こなしている。


ぷよぷよ7ではアミティたちと同じくりんごの住む人間界に飛ばされ、りんごの通う中学校に迷い込む。登場は序盤で、高笑いがおかしくなっている。また、高笑いを通してフェーリと謎のやり取りが出来るというカオスな光景が見られる。


いくわよ!

他のキャラクター同様にちびでかの変身姿も存在する。

ちびぷよではノースリーブのワンピース、でかぷよでは髪型がお団子頭に変化し、服装もラフなものになる。


ぷよぷよ!!編集

相手になるのかしら

セーラーカラーのジャケットに、白いブラウスを着ている。

縞ニーソも復活している。

ちなみに後述の「クロニクル」「パズルポップ」の3Dモデルやキャラグミン等の立体物では、スカートの中に橙色のスパッツを着用している。


ぷよぷよ!と同じく8人の相手と戦うことになる。彼女のストーリーはいつものトレーニングというごく普通のエピソードである。このエピソードで、彼女とルルーがようやく本編での初対面を果たす。また、おにおんのストーリーでは「こんなタマネギでも、私のセクシーさにメロメロってところかしら♪」というナルシスト発言をする。


ぷよぷよ!!クエスト編集

ぷよクエ☆6ラフィーナ描いてみた。舞い上がれ努力家なお嬢様センシティブな作品

ラフィーナのカードを★5以上にまで育てるとスパッツ姿の新衣装を披露してくれる。また、イベント限定カードとして着物姿の「さくらラフィーナ」や書籍付属カードとしてメガネをかけている「勉強家のラフィーナ」、水着姿の「真夏のラフィーナ」も登場する。

仮面ライダーシリーズとのコラボではツクヨミをモデルとした『ver.ツクヨミ』が登場。おそらく高貴な身分つながりだと思われる。


ぷよぷよテトリス編集

世界融合事件の影響で、ルルーフェーリと共に操られた状態で突如すずらん中学校に現れ、アミティに勝負を挑んでくる。対戦後は魔導学校に逃亡し、止めようとするシグを追い払おうとするが、再びアミティと勝負したことによって目覚めた。

元に戻った途端に、自分のことを心配していたアミティに毒舌を吐くも(おかしくなっていた頃の記憶が無かったため)、「いつもくらいのひどさのラフィーナだぁーーー!」と喜ばれた。アミティ曰く「ラフィーナは裏切ったりしない」らしい(「宝石とか高級品を貰える時以外は」だが)。VSルールでのデフォルトはテトリスサイドに属している。

声違いは眠そうな声に変化する。「ほらぁ…」「こっちよぉ…」「ご覧なさぁい…」


ぷよぷよクロニクル編集

ホカホ火山で登場。かれいなヒロインを探しているところをアルルたちと出会い、その後仲間になる。

声違いは、今度はこれまでと趣向を変えて、可愛い声のラフィーナに変わる。「ほら~♪」「こっちよ~♪」「ご覧なさ~い♪」


ぷよぷよテトリス2編集

元凶の影響を受け、リデルに勝負を挑み続けていたがアミティとの勝負で正気を取り戻す。以降、時空のバグを追う一行に加わる。

本作のボイスチェンジは赤ちゃんっぽい感じになってる。「かくごはよろちくて?」


ぷよぷよパズルポップ編集

クロニクル以来となる3Dモデルでの登場となる。

アミティたち共々メェーナのユメの世界に迷い込む。

犯人を捜すアミティと一度戦うも、味方になる。

りすくませんぱいのサブストーリーでは、彼の機械によって自分が魔法を使えない理由や姉の存在を暴露されてしまい、激怒して襲い掛かる。

本作のボイスチェンジはクールビューティーな大人っぽい感じとなっている。

声違い「軽く遊んで差し上げますわ」(ショップのサンプルボイスより)


他のキャラクターとの関係編集

男性キャラクターは呼び捨て、女性キャラクターは【さん】を付けていることが多い。

アミティ冒頭通りライバル視している。しかし、ぷよぷよフィーバー2以降からライバルの印象はあまりなく、トレーニング相手になる等なんだかんだ言って仲が良い様である。ぷよぷよフィーバーのはらはらモード冒頭と終盤に限り「アミティ」と呼んでいる。
シグ別クラスだった『フィーバー2』時点から交流はあるらしい。「ラヘーナ」などの若干違う呼び方をされている時が時々あり、最初は怒っていたが時がたつにつれ呆れてどうでもよくなっている様子。
クルークぷよぷよフィーバーの頃から犬猿の仲で、出会うと喧嘩になることが多い。だいたいクルークがラフィーナに負けている。
リデル初期はリデルの事を良く思ってなかったが(『ぷよぷよフィーバーハバネロ びりびりコース』『ぷよぷよフィーバー2 ラフィーナのわくわくコース』等)、『ぷよぷよ!』以降は普通に友人らしく接している。また、中の人(声優さん)が同じ
タルタル劇中を見る限り、タルタルはラフィーナの事が大好きな様である。しかし、彼が思い込みが激しい(タルタル越しに黒板を見ようとするラフィーナを自分が好きだと勘違いする)上に留守番や号令の練習の同伴を強要する等あまりにしつこいためか、当のラフィーナからは鬱陶しがられている。
フェーリ『15th』ではフェーリの態度に怖気付かずに挑発し、『7』ではお互い笑い声と奇声で意思疎通をする離れ業を見せた。
ルルー格闘を極める者同士で通じ合うものがある模様。ただし、『ぷよぷよ!』メダルエディションでは自分の方が格闘女王にふさわしいとルルーに挑戦状を叩き付けている。
ドラコケンタウロス可愛い最強の美少女と自称するドラコケンタウロスに、どちらが最強の美少女(ラフィーナは美しさと強さの2点を交えている)にふさわしいか挑戦状を叩き付けている
おにおん『フィーバー』では、はらはらコースの最初の対戦相手として登場して以来、たびたび対面している。『20th』では、おにおんが自身に惚れていると勘違いしているラフィーナが見られる、また、リデルと同様、中の人(声優さん)が同じ

関連作品編集

らくがきらへーなさんクエスト!ラフィーナラフィーナちゃん!センシティブな作品「当然の結果ですわ♪」ラフィーナラフィーナ誕生日おめでとう!!


関連タグ編集

ぷよぷよ! ぷよぷよ7 ぷよぷよ!! ぷよぷよテトリス

ぷよぷよフィーバー ぷよぷよフィーバー2

カップリング関連タグ編集

クルラフィ レムラフィ タルラフィ オトラフィ シグラフィ あやラフィ アミラフィ サアラフィ

関連記事

親記事

プリンプ組 ぷりんぷぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3963643

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました