ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:小西克幸

概要


立華不動産の社員で、社長 立華鉄の忠実な側近的存在。
戦闘ではトンファーと投げナイフを駆使して戦う。

人物像


一見して軽い印象を与えるが、立華に対しては忠実であり、極道に対してさえ一歩も引かない態度で仕事をこなす。
また、左腕に蝙蝠刺青を入れていいたり、拳銃を常備しているなどの不可解な点もある。

劇中での活躍


立華と共に桐生と出会い、桐生の実力を測るために戦うも敗北した後は正式に協力関係を結ぶ事となった立華と共に「カラの一坪」を巡る騒動の中で桐生と協力し合う。

だが、中盤になって、裏で渋澤啓司と繋がって立華の情報を漏らしていた内通者であると同時に、中国からの密入国者で、2年前にマキムラマコトを騙して韓国系組織に売り飛ばした張本人である事が発覚する。

マコトを売り飛ばした直後に蒼天堀で出会った立華に敗北して以来、年下である彼を兄と崇めて心酔するようになり、仲間の証として蝙蝠の刺青を立華にも入れさせ、更には立華に協力して立華不動産の設立に関わるようにもなる。
しかし、「カラの一坪」に纏わる騒動に関わる中で、マコトが立華の実の妹である事と彼女が「カラの一坪」の所有者であると判明した事で、彼女を売り飛ばした過去が立華に発覚することを恐れ、マコトの殺害を目論んで所在を渋澤に伝えていた。

渋澤組の追われる桐生とマコトの逃亡を手助けするのを装い、2人を誘導した廃ビルにおいて、自らの手でマコトを殺害しようとするが、桐生に阻まれ、交戦するも敗北。

桐生に全てを打ち明けた後は、自分の正体を知りながらも自分を気遣おうとするマコトに心動かされるものがあったのか、廃ビルに渋澤組の追手が迫ってきた事を知ると、自ら敵の足止めを引き受け、桐生にマコトを託して、2人を逃がすと、単身渋澤組の構成員達に戦いを挑んだが、多勢に無勢で、渋澤が到着した時には致命傷を負わされて虫の息であった。
渋澤から尋問も兼ねて銃を突き付けられるも、最後までマコトの居場所を自白しようとはせず、逆に渋澤に対して皮肉を吐き捨てながら射殺された。

桐生も彼の最後に示した“ケジメ”に思う所があったのか、彼が裏切り者であった事は、立華には伝えず、立華も信頼を置いた側近の素性を最後まで知る事はなかった。

評価


劇中の所業から龍が如くシリーズの悪役の中でもアンチの多い人物ではあるものの、最後は彼なりに、自分の犯した悪行に対するケジメをつけようとしたから、に比べたら大分マシであると評するユーザーも少なくない。

関連タグ

龍が如く 龍が如く0 桐生一馬 マキムラマコト 立華鉄

佐川司…龍が如く0で尾田同様にを車に仕掛けた爆弾で殺害する等と言った劇中の所業からアンチの多い人物ではあるものの、真島にとってはその後の生き様を確立する上で重要な影響を与える存在になり、また、最後には潔さを見せるなどした事から、上述したシリーズの外道共に比べたら大分マシであると評するユーザーも少なくない悪役。

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「尾田純」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180447

コメント