ピクシブ百科事典

グレムリンのワライコ僧

ぐれむりんのわらいこぞう

グレムリンのワライコ僧とは『天装戦隊ゴセイジャー』の悪しき魂であり、グレムリンの正体とされる幽魔獣である。
目次[非表示]

「僕ちん悪戯大好き。地球の機械や計器を全部、クルクルのバラバラにしちゃうんだもんね~!」
CV:鈴木千尋、スーツアクター:おぐらとしひろ

データ

生息地:計器の音が聞こえるところ
特技:超すばしっこいダッシュ、超すばしっこい連続ジャンプ
作戦:機械や計器をいじくって、ヒトを混乱させる
趣味:悪戯

概要

機械に悪戯をする妖精で有名な未確認生物「グレムリン」の正体とされる幽魔獣。グレムリンらしい笑った小悪魔の様な顔をしているが、丸みを帯びた体全体のフォルムや四肢に生えた毛からノミの意匠が見受けられる。そんな不気味な外見に反して性格は無邪気で幼い子供その物である。笑い方も「イヒヒ」と笑う。

手足の筋肉とバネが非常に発達している為に非常にすばしっこく、トリッキーな動きで相手を翻弄する戦法が得意で、その速さはデータスでも処理が追い付かない程。また、原典のグレムリンらしく機械を壊すのが主な能力であり、専用の工具を器用に操る事で機械や計器を玩具の様に弄くり、片っ端から狂わせて故障させてしまう。
だが、上述した通り当人は幼い子供の様な性格をしている手前、自分がやっている事が悪であると言う自覚が一切無く、遊び半分でやっている為に相当質が悪い。

劇中では持ち前の能力で機械や計器を狂わせては人間社会に混乱を齎したが、これだけ見ると他の幽魔獣が行って来た本来の目的である地球の汚染には余り関係無い作戦行動である。無邪気で幼い性格の彼が遊びの心算でやっただけの短絡的な迷惑行為なのか、それとも膜インによる策の一環なのかは不明。

また、彼のこうした機械や計器を狂わせる能力は機械文明が発達した現代ならではの物であり、持ち前の身体能力は兎も角、1万年前に封印されるまではその工具で何をしていたのかも不明である。

劇中での活躍

街へと繰り出すと、「イーヒヒヒ…!これだな?イヒヒ…よいしょ!イヒヒヒヒ…」と笑いながら配電盤を弄る等、人間社会の機械類を狂わせる悪戯を開始。その所為でエレベーターやトラックが暴走し、街中は混乱に陥ってしまう。

街へゴセイナイト、そして彼に遅れてデータスの力で幽魔獣の気配を探知したゴセイジャーが駆け付けると、彼らは分かれてワライコ僧を捜索。するとワライコ僧が「フフッ!ここまでおいで!ペンペ~ン!へへへへへ~ッ♪」と言って現れ幼稚な挑発をかます。当然見逃すまいと追い掛けるエリハイドだったが、ワライコ僧の動きはかなり素早く、あっさりと追跡を振り切ってしまう。逃げる途中でワライコ僧がケーキ屋の女性店主であるパティシエの文枝に怪我を負わせた為、彼女は注文を受けていたバースデーケーキを作れなくなってしまう。
肩を落とした彼女の姿を見て、責任を感じたエリが彼女の代わりにケーキを作ると言い、彼女だけに任せられないとしてハイドもそれに付き添う事となった。

一方、ワライコ僧は幽魔獣の幹部達と何やら話をしていた。「ハッ!グレムリンのワライコ僧、やりたい放題だな」筋グゴンが皮肉るが、ワライコ僧は意にも介さず「キャハハハ♪僕ちん、悪戯大好き!」と前置いた上で上記の台詞を述べてはしゃぐ始末。これに対して膜インは笑って「ブハハハッ!上手い、上手い!んじゃ、後は宜しくね」と言って何処かへと出掛けて行くのだった……

その後、再び街に現れたワライコ僧は街中の機械類を狂わせて周囲を大混乱に陥れていた。
「駄目駄目!そんなんじゃ僕は捕まらないよ!」と言って追って来るエリ以外の4人とゴセイジャーを持ち前のトリッキーな動きで翻弄するも、レッドから飛んでいる間の隙を突かれてツイストルネードで追い詰められてしまう。
そこへケーキ作りに取り組んでいた所をゴセイナイトに叱責されながらも、何とか完成させたピンクが登場。「人をからかって悪ふざけで怒らせるのも良い加減にしなさい!笑顔の大切さを知らない悪い子にはお仕置きよ!」と言って参戦したピンクのケーキ作りで習った動きに翻弄されたワライコ僧は、そのまま5人のスカイックバレットを受けて「ギャアァァッ!痛いッ!痛いよぉ~ッ!」と泣き叫びながら敗北。

だが、直後にビービ虫に噛み付かれて巨大化すると、「う~痛いよ~!みんな大っ嫌いだ!もうヤダーッ! あぁ~ッ!!あぁ~ッ!!」とスカイックバレットを喰らった痛みからか、まるで駄々ッ子の様に泣き叫びんで暴れ回る。そこへ現れたゴセイフェニックスが放つフェニックスビームを受けてワライコ僧は怯み、続くくすぐり攻撃で笑わされると、そのままゴセイグレートとゴセイグランドに対して何の抵抗も出来ないまま、止めのグレートストライクとグランドラスティックを連続で受けて爆散した。

一方、膜インは……

「覚えていますかな?あなたが嘗て最強のゴセイヘッダーを退けた事を。フッフッフッフ…日の下に混迷、再び来たれリ。もう一度やる気になってくれて本当に嬉しい事ですな。」と、嘗てゴセイナイトを退けた強豪の幽魔獣相手に密会していたのだった……。


そして敗北したワライコ僧は、後にアバレヘッダーを入手したチュパカブラの武レドランの力を受けてパワーアップしたブロッケン妖怪のセマッタ霊の手により、実体を持った幻影として召喚される形で再登場するのだが、スーパーゴセイジャーのスーパースカイランドシーダイナミックを他の幻影幽魔獣と共に受けて消滅の末路を辿る事となる。

余談

モチーフはグレムリンノミ。名前は『トワイライトゾーン』と小の掛け合わせ。顔も然る事ながら劇中でも常に笑っている為、「笑い小僧」との語呂合わせにもなっている。

特に映画の方には原典通り飛行機の機器を壊す「グレムリン」と呼ばれる怪物が登場する為、それが機械を狂わせる能力の元ネタになったと思われる。

声を演じた鈴木氏は昨年の『侍戦隊シンケンジャー』にてヒャクヤッパ、更に2年前の『炎神戦隊ゴーオンジャー』でもドリルバンキの声を演じており、3年連続でスーパー戦隊シリーズへ怪人役でゲスト出演する事となった。

関連タグ

天装戦隊ゴセイジャー 悪しき魂 幽魔獣
グレムリン ノミ トワイライトゾーン

冥獣人グレムリンのガリム5年前に登場した、同じくグレムリン繋がりの先輩怪人。
リグロー:『星獣戦隊ギンガマン』におけるノミがモチーフの怪人。同じモチーフのワライコ僧が登場するまで実に12年のスパンを要した。

グレムリン(ファントム):2年後の平成ライダー作品に登場するグレムリン繋がりの幹部怪人だが、ワライコ僧の方がより原典に近い。

MMシューリスキー:こちらも工具の扱いに長けた戦隊怪人だが、ワライコ僧と違って修理や改造が主な用途。

関連記事

親記事

幽魔獣 ゆうまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グレムリンのワライコ僧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント