ピクシブ百科事典

研究のアバウタ

けんきゅうのあばうた

研究のアバウタとは、『天装戦隊ゴセイジャー』に登場する敵怪人であり、最初の敵組織『宇宙虐滅軍団ウォースター』に属する悪しき魂である。
目次[非表示]

「来たな、不確定要素!我が名は研究のアバウタ。私の研究によってこの星は近い将来滅ぼされることになるだろう」

CV:野島昭生

データ

出身星:ズテラメドロプ星
特技:研究によって相手の弱点や効果的な作戦を発見する
任務:地球人の殲滅(研究の結果、植物消滅作戦を選択)
趣味:研究

概要

モンス・ドレイク率いる宇宙虐滅軍団ウォースターの一員のズテラメドロプ星人。8つの目を持ったヘビトンボに似た姿をしており、さながら研究者が身に纏う白衣を思わせる意匠が目立つ。

二つ名に恥じぬ頭脳派で、研究対象を多角的に観察するのに適した6つの主眼と2つの研究眼を持ち、8つの眼で採取したデータを持ち帰り、これまでに集めた膨大なデータと照らし合わせて研究し尽くす事で最適な作戦を立案。更に戦闘において相手の弱点を研究して突く戦法を得意としている。
それにより本編では地球上の植物を全て消し去り、酸素の供給を止めれば生命を自動で滅ぼせると結論付け、植物の撲滅作戦を実行した。

ただ、何事も綿密な研究を重ねた上で対処するという慎重な性格の持ち主でもある為、この手の頭脳派タイプにありがちな想定外の事象には対処出来ないと言う致命的な弱点を抱えており、劇中でも自身の計画と戦略と研究の穴を突かれてまんまと敗北すると言う顛末を辿ってしまう。

劇中での活躍

epic7 「大地を護れ! 」に登場。

地球侵略を目論むドレイクは、その役目をアバウタに一任。彼は既にその為の作業に入っており、自室でデータを解析しながら「全てを研究し尽くすのも時間の問題だ」と不敵な笑みを浮かべていた。

作戦の一環として街で人々を襲っていると、計算通りにゴセイジャーの5人が出現。交戦となるがアバウタは反撃らしい反撃をせず、ただ5人の攻撃を続け様に受けるだけであった。
だが、これもアバウタの狙いであり、そうする事でゴセイジャーのデータを採集していたのである。「次に会う時が貴様らの最期だ!」と言い残し、アバウタは飛び去って行く。

その後、本拠地であるインデベーダ―に戻ると、6つの主眼でゴセイジャー5人のデータの分析作業に入っていた。そこへドレイクが現れて「研究は終わったか?」と尋ねると、自信有りげに「「はい、私の研究の成果にご期待下さい」と二つ返事で答え再度出陣。

「研究のアバウタ、どれくらいやれるか見せて貰おう」

その様子を物陰からデレプタが遠目から眺めながらそう呟いていた――――。

一方その頃、地球でエリアグリの2人が農家の畑仕事に勤しんでいると、羽音を立ててアバウタが再び地球に飛来。
赤い霧を散布して一瞬で森を砂漠に変えてしまう。

「ハハハハッ!実験成功!」

自身の行った実験が上手く行った事を喜んでいると、そこへエリとアグリ、そして遅れて残りの3人が現れる。エリが森を壊して何をする心算だと尋ねると……

「私の研究によればこの星の植物は消滅させるだけで任務は完了する」
そう淡々と答えた。「酸素?」と口を開くハイドの問いに対しても続け様に説明する。

「そうだ。酸素の供給源が無くなれば地球上の生物は勝手に滅んでくれる。効率的だろ?」
確かに地球の生物の殆どは呼吸で酸素を取り入れて生活している為、その供給源である植物が地上から無くなれば地球は生物の存在を許さない死の星となる。地球侵略の見地から見て、アバウタの研究は一見的を射ている様に見える。

「残念だがその研究には致命的なミスがある様だな。」

「何?」

「そんな事すれば俺たちが黙っちゃいないって事だ!」
だが、それはゴセイジャーと言う存在を無視した場合の事だ。彼等が障害として立ち塞がるとなれば話は違う。ゴセイチェンジした5人は再びアバウタに立ち向かっていく。然し、その事態を想定していない程アバウタも馬鹿ではない。先程の戦闘で得たデータを元に的確に5人を圧倒すると、再び新たな植物を枯らすべくエリとアグリが厄介になっていたキャベツの農家の方面へと飛んで行こうとする。
これを阻止すべくブラックはスネークバレットで飛んで行くアバウタを拘束、地面に叩き落として妨害する。

「言ったはずだ。黙っちゃいねぇってな!」
そしてランディックアックスで光弾を弾き飛ばしながら突進、そのままアックスを上空へ放り投げてアバウタに掴み掛かると、そのまま大根を抜く時の要領でアバウタを転がし、マウントポジションを取るとさらに大根を洗う時の様に弄ぶ。
くすぐったくてのた打ち回るアバウタ目掛けて落ちて来たランディックアックスをキャッチしてそれを思いっ切り振り下ろし、渾身の一撃を叩き込んだ。

「どうして……?私の研究は完璧の筈だ!」
アバウタの誤算は、アグリが農作業を通して更なる強さを手にしていた事だった。

自身の研究の穴を認められないアバウタは激昂し、ビービ虫に自らを噛み付かせてそのまま巨大化。対するゴセイジャーはゴセイグレートで応戦すべくゴセイマシンを召喚するも、この事態を想定していたアバウタは足の部分を担うスネークを狙ってエネルギー弾をぶち込み、踏み付ける事で合体を阻止する。だが、この状況を受けたアグリは即座にランディックブラザーを召喚。

「何っ!?こ、これは研究してなかった!」
想定外の援軍の攻撃に怯んだ隙にスネークを解放してしまい、そのままランディックゴセイグレートへの合体を許してしまう。
負けじと応戦するアバウタだったが、剣を頭部のクワガヘッダーで防がれ、両足のサイヘッダー、ティラノヘッダーによるキックをお見舞いされてよろめいた隙を突かれた所へ、止めのランディックストライクを受けて爆散するのだった。

余談

名前の由来はヘビトンボの学名の『プロトヘルメス』と映画『アバター』。他にも研究の英語名「about」との語呂合わせにもなっている。
緑を消滅させると言う作戦行動も、名前の由来となった映画の中に地球側が別の惑星の自然を破壊して侵略を行う展開が有った事が元ネタと考えられる。

全体的に人体模型と骸骨模型の意匠が入っており、ヘビトンボの羽根を白衣に見立てているが、彼は「研究者」という訳ではなく、単なる研究熱心な宇宙人に過ぎない。

デザイナー・酉澤安施氏によれば、「科学を連想させる為に理科室の人体模型を取り入れ、身体を筋肉と骨の半々で構成し、『相手の動きをサーチする』という事で頭部に6つの単眼を付けた」らしい(『百化繚乱[下之巻]』より)。

声を演じる野島氏は『秘密戦隊ゴレンジャー』のダイヤモンド仮面鳥牙仮面以来、実に34年振りにスーパー戦隊シリーズの怪人の声を演じる事となった。
彼の息子の長男と次男もまた声優であり、長男の野島裕史氏は翌年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』のワルズ・ギル役、次男の野島健児氏も2年前の『炎神戦隊ゴーオンジャー』の害水王子ニゴール・ゾ・アレルンブラ役でそれぞれスーパー戦隊シリーズに出演している。

関連タグ

天装戦隊ゴセイジャー ウォースター 悪しき魂 アバター

関連記事

親記事

ウォースター うぉーすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「研究のアバウタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント