ピクシブ百科事典

魔進ジョーキー

ましんじょーきー

『魔進戦隊キラメイジャー』に登場するキラメイ魔進の一機。(イラスト上)
目次[非表示]

マブシーナ「あれは… クリスタリアの王室専用列車…!」
キラメイレッド「えっ? 知ってるの?」
魔進ファイヤ「あんな顔は付いてなかったが、確かに…。
しかし、姫。あれはオラディン王以外生み出せない筈では…」

スペック

全高:14.0m
全幅:11.2m
全長:131.7m
重量:2600t
スピード:450km/h
出力:1300万馬力

キラメイストーンモード
縦:35.7m
横:20.0m
奥行:22.7m

概要

ブラックキラメイストーンガルザの想像力で変化した、蒸気機関車型のキラメイ魔進

元々は、クリスタリアの王・オラディンのみが作り出す事ができた王族専用列車であったが、ガルザの邪悪な力(イメージ)によってこの姿に変化させられた。

他のキラメイ魔進と違い、現状はガルザとの意志疎通は愚か、自律的な言葉さえも一切発していない(そもそも発声機能が無いのか、極端に無口な性格なのかは不明)。
但し、後に登場した魔進エクスプレスの存在意義(=魔進ジョーキーが悪意ある者に奪われた際のセーフティ)により、魔進ジョーキーの意識は魔進エクスプレスの方にあると推測される。

ワームホールのトンネルを通り、ヨドンヘイムから地球間を自由に往来する事が可能。
先頭車両は恐竜の顔の様な意匠を持つ「ジョーキージョー」が備わっており、邪魔になる物を噛み砕き破壊してしまう。

また単独で魔進変形して、戦闘形態スモッグジョーキーに変形するが、場合によっては魔進エクスプレスと合体(させられて)、キングエクスプレスの両腕、両脚となる。
この仕様上、中間二車両が変形する部位はリバーシブル構造になっており、天板側が前に来ると両手足を展開してスモッグジョーキーの胴体に、車台側が前に来ると八ノ字開脚してキングエクスプレスの両足になる。


特別編『ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所』にて、ガルザはジョーキーに強い愛着を示し、奪われた際は強い憤りを露にしている。また、その時の言動から、『自分のもの』だと言う所有欲を満たし、所有権を主張でき、ガルザが「実は何も持っていない」と言うコンプレックスのようなものを垣間見せている。



関連タグ

キラメイ魔進
ヨドンヘイム ガルザ(キラメイジャー)

古代炎神/キョウレツオー炎神戦隊ゴーオンジャーに登場する恐竜列車型炎神(但し、先頭車両マンモス)。

俺、誕生!ガオウライナーと呼ばれる時の電車が登場し、カラーリングが異なる物の、恐竜めいたフロントカウルを備えた連結車両と、近似した外観をしている。

クライナー…同じく敵勢力が持つ列車型メカ。正確にはそのカスタム機であるシュバルツ専用クライナーが同じポジション。
ドリルレッシャー…上のメカの派生機で、味方側に使われた(元)敵勢力のメカ。こちらは所有者が前々から味方陣営鞍替えしていて、作中では最初からこの姿だったが、ストーリーの展開で再び敵陣営に使われることもあった。ジョーキーは味方勢力の王室専用列車がガルザの鞍替えに伴って変化したものが、一時的に味方に使われるという状態であるため、似ていながらも対照的な存在といえる。

魔進チェイサー…カラーリングが似ており、名前の最初に『魔進』がつく繋がり。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔進ジョーキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3042

コメント