ピクシブ百科事典

ボキャブラ天国

ちょうぶんかがくけいごがくえんたぁていめんと

フジテレビの90年代を代表するバラエティ番組、演芸番組
目次[非表示]

番組の沿革

レギュラー放送

  • 「タモリのボキャブラ天国」
  • 「タモリのSuperボキャブラ天国」
  • 「タモリの超ボキャブラ天国」
  • 「新ボキャブラ天国」
  • 「黄金ボキャブラ天国」
  • 「家族そろってボキャブラ天国」
  • 「続!ボキャブラ天国」
  • 「歌うボキャブラ天国」
スペシャル放送
  • 「ボキャTV 限りなくボキャブラに近い天国 お笑いサバイバル温泉ツアー大作戦!!」
  • 「祝タモリのボキャブラ天国 新春復活スペシャル」
  • 「タモリのボキャブラ天国大復活祭 伝説のキャブラー大同窓会&NEWキャブラーもボキャブる3時間SP」

概要

最初は視聴者から投稿された格言・物や人の名前・歌の歌詞などをダジャレ・替え歌をVTRにした!「ボキャブラ」ネタを、タモリやゲストの気分やスタジオのノリで品評していくものだった(当時は放送の規制が緩かったのか、ホモネタやエロネタなど過激な下ネタも少なくなく、再放送時にはいくつかの投稿ネタがカットされた)。
「タモリのSuperボキャブラ天国」になってからは、若手芸人参加の「ボキャブラ発表会・ザ・ヒットパレード」のコーナーが開始された。
開始当初は不評だったが徐々に人気が出て行き、「タモリの超ボキャブラ天国」では視聴者投稿をやらなくなり、若手芸人のみのコントの中でボキャブるネタの披露になった。
しかし、「新ボキャブラ天国」以降は司会を勤めていたタモリが降板した。
1999年にこの番組の終焉を迎えたが、2003年、2008年にはこの番組は2度復活している。なお、前者は視聴者からの投稿ネタが中心であり、後者は芸人によるヒットパレードが中心である。

ちなみに、司会者がタモリ、製作会社がハウフルスと空耳アワーと共通点が多い。

主なボキャブラ

元ネタ作品
クリフハンガーくりご飯が~
5、4、3、2、1、0キャンプ、魚、釣り、食う、晩、ゲロー
チンジャオロース死んじゃいそうです
アクロンなら毛糸洗いに自信が持てますアジャ転んだら関東あたりに地震が起きます
イトーヨーカドー伊藤!よっ、加藤!
どんなときもダンナとヒモ
中央フリーウェイ中央ブリーフ連盟
あなたの町の0123あなたの町のテロリスト集団

その他にもいろいろなボキャブラがあります。

キャブラー

ボキャブラ天国シリーズに登場したお笑い芸人のことである。
この番組でデビューし、この番組がきっかけで売れた芸人も多くいる。
主なキャブラー達

キャブラーキャッチフレーズ
爆笑問題不発の核弾頭
BOOMER遅れてきたルーキー
金谷ヒデユキ地獄のスナフキン
海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)邪悪なお兄さん
つぶやきシローロンリーウィスパー
X-GUNアジアの超特急
アリtoキリギリス昆虫大戦争
Take2魅惑のサラブレッド
ネプチューン電光石火の三重殺(トリプルプレイ)
デンジャラス危険列島地帯
パイレーツ 聖☆美乳エンジェル
TIM爆裂ボディ・ソニック

関連タグ

フジテレビ おっぱい星人
ポイ (面白くない、評価するに値しない、といった理由でボツになったボキャブラネタにつけられた評価名。名前は、頻繁にゲストで出演していた故・大島渚が、あまりに寒いネタに対して「面白くないからポイしていいよ」と言ったことにちなんでいる。)

外部リンク

ボキャブラ天国ネタ集

pixivに投稿された作品 pixivで「ボキャブラ天国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210967

コメント