ピクシブ百科事典

燃えるごみは月・水・金

もえるごみはげっすいきん

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』の敵キャラであるチョコラータとセッコが辿った末路。
目次[非表示]

概要

ジョジョの奇妙な冒険』第5部『黄金の風』における主人公ジョルノ・ジョバァーナと、悪の限界のない男チョコラータとの決戦シーンでの出来事。またはブローノ・ブチャラティと、チョコラータにペットの様に従っていたセッコとの決戦シーンでの出来事を指す。

チョコラータとセッコ、両名とも戦闘不能と同時に「燃えるごみは月・水・金」と記述された看板を張りつけるゴミ収集車に回収されていった。

詳細

ジョルノvsチョコラータ

自分の快楽のため無関係な一般市民を巻き添えにし続けたチョコラータに対し、ジョルノの怒りが爆発、チョコラータに向けてゴールド・エクスペリエンスによる単行本7ページ半(ジャンプ連載された際は5ページ、アニメ版は約30秒)に渡る122連発無駄無駄ラッシュを放つ。

怒涛の無駄無駄ラッシュを受けたチョコラータは「ヤッダーバァアァァァァアアアアア」と断末魔を叫びながら殴り飛ばされ、ちょうど下に停車していたゴミ収集車の投入口に叩き込まれて果てる末路を辿った。

その収集車に貼られていた看板に記されていたのが、本記事のタイトルである一文だった。

ジョルノとチョコラータの戦いに関しては「少年漫画史でも類を見ないチョコラータの凶悪さ」「優劣が間髪なく入れ替わり続けるギリギリの頭脳戦」「ボス戦でも及ばないジョジョ史上最長の無駄無駄122連発」とインパクトのある描写が連続しており、それらの締めくくりとして登場したのがこのパワーワードだったのである。

原作では静止した投入口へ叩き込まれただけのようにも見えるが、アニメ版では原作では描かれなかったオリジナル要素として、収集車が作動し(死にたての)チョコラータを丁寧に内部へ収納するという追い打ちを加えている。

こうして、少年漫画史に残る月水金ならぬ「ゲッスい菌」は『燃えるゴミ』として処理されたのである。

しかし、作中のローマはチョコラータのスタンド能力で人体を朽ちさせる殺人カビが猛威を振るう大パニックの最中だったはずであり(ジョルノが怒りを爆発させたのもこのため)、そんな状況下でどうやって一般市民であるゴミ収集車の作業員が働いてたのかは不明。

ブチャラティvsセッコ

セッコのスタンドの地面を泥状にする能力に苦戦していたブチャラティが機転を利かして、泥化した石畳に沈んだ自動車のタイヤをパンクさせセッコの聴力を奪った。

その後、地上に逃げたセッコは近くにいたドッピオ少年パッショーネのボスであるディアボロのもう一つの人格)を人質に取り彼を泥化すると脅したが、ブチャラティはジッパーでドッピオをすり抜ける形でセッコの手とノドを液状化させる形で接合した。

パニックになったセッコは能力を解除しようと藻掻いたが、バランスを崩し、すぐ側に停車した上記のゴミ収集車の投入口へと転落してしまい、チョコラータと仲良く『燃えるゴミ』として運ばれて行った。

アニメ版では、同じく収集車の内部に入れられた直後、チョコラータ(の死体)を発見すると同時に彼の名前を呼んでいる。
その声はどこか縋る様な喜ぶような声であり、何だかんだ言ってもチョコラータへの情を捨てきれていなかった心中を察する描写となっている(あるいはこんな状態になったら、切り捨てた者でも頼る図々しさとも)。

余談

アニメ版では文字がイタリア語に置き換えられているため、「Rifiuti generici Lun,Mer,Ven」とイタリア語で書かれた上でルビが振られて登場している。
これを思い出した人もいるかもしれない。

またボキャブラ天国では、燃えるゴミを指定された曜日(月・水・金)以外に出そうとしたところ菅井きんに怒られる「月・水・金⇒げっ、菅井きん」というネタがあった。

関連動画は月・水・金

漫画シーンにゲーム『アイズオブヘブン』の音声を合わせた動画



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
チョコラータ ジョルノ・ジョバァーナ
断末魔 ヤッダーバァアァァァァアアアアア
ゴミはゴミ箱へ

関連記事

親記事

チョコラータ ちょこらーた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「燃えるごみは月・水・金」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21243

コメント