ピクシブ百科事典

島田洋七

しまだようしち

日本のお笑い芸人

1950年2月10日生まれ、広島県出身、佐賀県育ち
日本のテレビタレント漫才師作家

2歳の時原爆症で父を亡くす、8歳から15歳まで佐賀県に住む祖母もとで過ごし、それを綴った「佐賀のがばいばあちゃん」がベストセラーとなる(ちなみに、洋七の語るばあちゃんの話があまりにも面白いので、これを本にしろと言ったのはビートたけしである。)
その後、広島県の広陵高校に進学
島田洋八とともにB&Bを結成しもみじまんじゅうのネタで一世を風靡
現在は佐賀県在住である。

ビートたけしとは漫才ブームのときに知り合い、それ以降生涯にわたる友情を結んでいる。
たけし曰く「漫才では全盛期のB&Bに敵わない」「洋七から漫才を取ったら、変態、ウソツキ、詐欺師などしか残らない。でもギセー者はみんな笑って許してやる男です」と彼の芸人としての才能を評している。
また、ホラ吹きとして有名で、たけしがしょっちゅうネタにしている。代表的なものに、
母親を京都に連れていって、コイのエサ100円という看板を見た母親が、池に100円玉を投げ込んでいた
ホエールウォッチングに行って、(たけし「この時点でウソだろ」)ガイドがホエール!というたびにアオーン!と吠えてしまった
沖縄では、みんなトビウオを頭に突き刺して歩いている」などがある。
実際に彼の話を聞くさいは、まず疑おう。

『がばいばあちゃん』シリーズのヒットに対してたけしは、「ちきしょう、洋七はばあちゃんというすごい武器を持っていやがった」「次はがばいじいちゃん、がばいとうちゃん、がばいポチとかで売り出す気だ」など、彼なりの愛情表現をしている。
B&Bの漫才を見て、洋七の師匠に弟子入りを志願したのが島田紳助である。

pixivに投稿された作品 pixivで「島田洋七」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20171

コメント