ピクシブ百科事典

笑い飯

わらいめし

笑い飯(わらいめし)とは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の漫才コンビである。
目次[非表示]

メンバー:西田幸治と哲夫の2名で、お互いがボケとツッコミを担当する。

概要

結成は2000年の7月。それまでは二人とも別のコンビのボケ担当として活動していた。
そのため、ボケ・ツッコミを明確に分けず、交互に入れ替える「Wボケ」のスタイルをとっている。
M-1グランプリでの大躍進で一気に世間の注目を浴びるようになった。

M-1グランプリでの笑い飯

第1回大会から参加している古豪。
第1回こそは2回戦敗退だったが、第2回(2002年)に始めて決勝進出。
無名に近かった彼らが並み居るベテラン芸人を押さえて最終決勝まで進出したことで一躍知名度が上昇。
第3回(2003年)の「奈良県立歴史民俗博物館」は今なお伝説のネタと評価されている。
2004年以降は毎年優勝候補として挙げられているが、あと一歩届かずに敗退することが多い。
その為、毎年敗退が決まるたびに
「何とか出してもらえないすかね。」
「お金だけでももらえませんか?」
「一歩も動かんぞ!」
「思てたんと違ーう!!!」
と、悔しがる姿が放送されるのが恒例と化していた。



第9回(2009年)では決勝1回戦で「鳥人」ネタを披露し、史上初の100点評価を獲得。
最終決勝まで進出するものの、最終決勝でチンポジという下ネタをやってしまい、
パンクブーブーに優勝を持ってかれてしまう。

そして…

2010年、最後の大会となったM-1グランプリ2010で、1回目には去年の鳥人を髣髴とさせるサンタウロスを披露。
鳥人とまでは行かなかったが、高得点を上げ、同点での1位通過を果たす。
最終決勝では今大会のダークホース、スリムクラブの後という出番ながらも、
チンポジと言った下ネタに走ることなく、最後は4対3対0でスリムクラブ・パンクブーブーを降し、
最後の最後でようやく悲願の優勝を果たした。

リンク

Wikipedia-笑い飯

関連イラスト

鳥人

笑い飯 ラストイヤー


サンタウロス

サンタウロス

pixivに投稿された作品 pixivで「笑い飯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 698191

コメント