ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「なんでだろう~なんでだろう~ななななんでだろう~♪」

概要

ニチエンプロダクション所属のお笑いコンビ。2003年 新語・流行語大賞を受賞。流行語大賞となった頃は『テツ&トモ』の表記もあったが、現在は『テツandトモ』と表記するのが普通である。


「なんでだろう~」と連呼しながら、日常の何気ない疑問について繰り広げる漫談で有名になった。


ブーム終焉後はテレビでの露出が減った半面、地方巡業で人気を博して現在も各地を飛び回って笑いを生んでいる。

主な持ちネタ

  • なんでだろう
    • 十八番の御家芸にして鉄板のネタ。フラメンコ調のテンポの速いギター演奏を軸に、日常風景の疑問を次々と投げかける。テツのキレッキレの振り付け&アクションと変顔のコンボで畳みかける。
    • アレンジし易い為、地方巡業ではご当地ネタをふんだんに盛り込んだバージョンも披露する。
    • 疑問に対する答えを歌っていたのもあったが、ウケなかったので疑問を呈するだけで終わるようになった。テベ・コンヒーロでは「疑問の答えを調べて、その答えを2人に歌わせる」ボケ潰し企画が行われた事態がある。NHKの「チコちゃんに叱られる!」では、定番ネタの一つ「昆布が海の中でダシが出ないのなんでだろう」の解説が行われたことも。
  • せつないね
    • 打って変わってバラード調の静かなネタ。ゆったりとしたギター演奏を背景に、日常生活のふとした切なさを感じる瞬間を紹介していく。こちらでもテツの寸劇のコミカルさが、曲調と合体事故を起こして笑いに変わる。
  • 全部嘘なのよ
    • なかなか出てこないレアなネタ。歌っている中身が全部でたらめ――というのではなく、よくある社交辞令お世辞に対する皮肉のオンパレードというかなり切れ味鋭い一曲。曲調は至極明るくポップなだが、中にはテツandトモの二人の体験談を交えたブラックジョークさえ混じる。
  • 必ずいるんだよね
    • 普段テレビなどでは見かけないマイナーなネタ。『全部嘘なのよ』同様明るい曲調から、「店で指輪を試して抜けなくなるヤツ」「赤ちゃん連れにやたら話しかけるおばちゃん」など、ストレートにあるあるネタを歌いながらテツがそれをいつものように再現する。……とここまで聞くと毎度のパターンでしかないのだが、続きとして2番の歌詞が存在し、1番で歌ったネタとは逆にねーよwwwツッコミどころ満載な歌詞となり、さらにテツも歌に冷静にツッコミを入れるようになる。


メンバー

共に日本大学藝術学部演劇学科出身で、結婚式の余興でコンビを組んで『サライ』の替え歌を披露したところをスカウトされた。尚、テツはもともと歌手・俳優志望、トモも俳優志望であり、スカウトも「歌手として」だと思ったら「お笑い芸人として」であったので驚いたと語っている。

テツ

本名、中本 哲也(なかもと てつや)。赤ジャージの方。主にダンス、振り付け担当。

面長。色々なものを顎に乗せられる。

日大生を中心に結成された「劇団BQ MAP」の旗揚げメンバーである(お笑い芸人になる為1997年に脱退)。

幼少期、「ちびっ子ものまね紅白歌合戦」に出場した過去がある。この時に水森かおりと出会い、後に芸能界で再開してからはコンビで親交を深めている。

トモ

本名、石澤 智幸(いしざわ ともゆき)。青ジャージの方。主にギター、歌担当。

詩吟」が趣味と、妙に渋い面がある。詩吟仕込みの声量と小節を利かせた歌唱スタイルが特徴。デビュー前の1996年には、『NHKのど自慢』の東京都中野区大会に出場してチャンピオンになっている。

2009年ごろから視力低下により眼鏡を着けている。当初はプライベートのみであったが、後にテレビ出演時にもジャージと同じ青い縁の眼鏡を着けるようになった。


M-1グランプリについてのエピソード

第2回M-1グランプリ(2002年度)にて決勝進出。漫才の既成概念を破壊した「弾き語りパフォーマンス」を披露し、鞄などの大道具も使用した。539点を記録し最終順位は6位。

松本人志は「これは難しいですね。赤いジャージの子は友達としては100点なんですけど、これを漫才ととるか、っていうところですよね。あとこれを4、50分やられたらものすごく面白くなると思う。時間的なものもありますかね」と評した。立川談志は「お前らはここに出てくる奴じゃないよ。もういいよ。」との芸そのものを否定しているようにも受け取れる発言をしたため、司会の西川きよしからフォローされたが、「俺褒めてんだぜ。分かってるよな?」と続けた。談志はその後、2008年に行われたテツandトモ結成10年記念ライブに参加した。ノリノリでなんでだろうの踊りを披露している。


余談

2003年1月から『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とタイアップしたエンディングテーマ「テツandトモのなんでだろう~両さんバージョン~」でお茶の間の視聴者層に広く知られるようになり、翌月発売のシングルCD「なんでだろう ~こち亀バージョン~」がヒットした。


知る人ぞ知る(滑った)ネタにどどんまいが存在する。また「哲智」名義で歌手活動も行なっているが、あまり売れていない事態を度々イジられている。


スマートフォンアプリ「にゃんこ大戦争」9周年記念のCMでは彼らのなんでだろうと同じフレーズで「にゃんでだろう」が歌われたが、テツトモとの関わりがあるかは不明。


関連動画


関連タグ

テツトモ


嘉門達夫:なんでだろうでネタになった疑問に答えるアンサーソング「ジ・アンサーソング〜テツ&トモに捧ぐ〜」を発表している。


エレファント・デッドマンandシャーク・デッドマン:登場エピソードのゲストが空気階段である事実から、明らかに両者をイメージした配色になっている。


関連リンク

公式プロフィール

関連記事

親記事

芸人 げいにん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117921

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました