ピクシブ百科事典

ゲンナジー・ゴロフキン

げんなじーごろふきん

ゲンナジー・ゲンナジーヴィッチ・ゴロフキンはカザフスタンのプロボクサー。

概要

1982年4月8日生まれ、カザフスタン共和国カラガンダ州カラガンダ出身。リング内では圧倒的な強さを誇るが、一方で人格者として知られる。
通称・GGG(トリプルG)。

来歴

ロシア系の父と高麗人(ソビエト連邦崩壊後の独立国家共同体(CIS)諸国の国籍を持つ朝鮮民族)の母の間に4人兄弟の1人として生まれる。
14歳の時に兄にジムへ連れられていきボクシングをはじめる。

アマチュアではアテネオリンピックミドル級(75kg)に出場、銀メダルを獲得。
2006年5月6日、ドイツでプロデビュー。
2010年8月14日、パナマシティでWBA世界ミドル級13位のミルトン・ヌネスと、WBA世界ミドル級暫定王座決定戦を行い、初回開始58秒で右フック一撃でダウンを奪いKO勝ち。
19連勝で暫定王座を獲得し、同年10月に正規王者フェリックス・シュトルムのスーパー王座認定に伴い正規王座に昇格。
以後、

  • WBA世界ミドル級王座(防衛10=スーパー王座に認定)
  • WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛9)
  • WBC世界ミドル級暫定王座(防衛4=正規王座に認定)
  • WBC世界ミドル級王座(防衛4)
  • IBF世界ミドル級王座(防衛4)
を獲得。
2018年9月、サウル・アルバレス(メキシコ)に2-0の判定で敗れ、WBA王座は20度目、WBC王座は9度目の防衛に失敗。

日本人選手とは、淵上誠(八王子中屋)と石田順裕(グリーンツダ)が対戦し共にゴロフキンが勝利している。
また、村田諒太がスパーリングパートナーを務めたこともある。

ボクシングでは選手としてだけでなくプロモーターとしても活動している。

関連記事

親記事

プロボクサー ぷろぼくさー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲンナジー・ゴロフキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント